サイソウフレンズ【10話ネタバレ】愛する女性を守る為に体を張る自由太がイケメン!

サイソウフレンズ

江唯みじ子先生が描くタイムリープサスペンス漫画「サイソウフレンズ第10話

今回、黒井雪に最も酷い仕打ちが訪れるか否かの瀬戸際が描かれていきます。何より黒井雪を思う男である自由太の行動がかなりイケメン!

高校時代の薊から黒井を守る為に予想外の行動を起こしていく自由太。注目の内容に仕上がっています!

この漫画の試し読み
サイソウフレンズ

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で取扱い&試し読み可能!過去と現在を行き来するタイムリープサスペンス!

今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓に漫画タイトル「サイソウフレンズ」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

サイソウフレンズ

サイソウフレンズ【9話ネタバレ】転生した少女の背景にあった悲しい物語が明かされる!?

サイソウフレンズ【10話ネタバレ】

高校時代、自ら追い詰めた黒井雪を自らの手で救う覚悟を決意していく黒井に転生している薊。

そして薊は「あの日」を思い出してく。
黒井へのいじめが始まって約3ヶ月。高校時代の薊達は体育館の倉庫に黒井を呼び出して閉じ込めていく。

最初は2~3時間程度、閉じ込める予定だったが時間が経過しても顔色一つ変えない黒井に薊は怒りを露わにしていく。彼女の中でどうしても黒井を泣かせてみたいといった欲求が強くなっていく。

その後、体育館倉庫では黒井の陵辱が始まっていく。当時の空気を思い出していく薊。

『あの時、あの密室は異常な空気に覆われて誰もその波に逆らえず暴走していた…』

そして黒井雪が死んだのは、その数日後であった事が明かされていく。

黒井の身体に転生している薊は考える。
死の真相については不明だが「あの日」の自分自身の企みを阻止する事は黒井の死を阻止する事にも繋がると…。

計画の予定変更で窮地に…!?

『しばらく学校休めない?』

自由太が問いかけていく。
彼は薊の写真をばら撒いた犯人を探して誤解を解くからそれまで待っていて欲しいと告げる。しかし、探そうにも写真をばら撒いたのは黒井に転生した薊自身である。

自由太の意見を拒否。

一方、自由太は何故、回りくどいやり方で黒井を救おうとうするのか疑問に感じていく転生中の薊。そんな中、幽体化している黒井があるお願いをしてくる。

『武藤さん、明日真(自由太のこと)くんに学校に行くよう言ってくれる?私に関わらせないで』

必死でお願いしてくる黒井。
彼女の気持ちを汲んで自由太を遠ざけていく事へ。

場面転換。
学校では黒井が登校していなかったのでご機嫌ななめ状態の薊。一方で自由太に好意があるような態度を見せていく女子生徒が一人。

薊の友人でもある「瑠衣」であった。
また自由太と親しげに話す瑠衣を見て自由太に嫉妬する男もいた。春名といった男子生徒である。

瑠衣の厚意を軽く受け流す自由太。
その一部始終を見ていた春名が近寄ってきて自由太に一言。

『瑠衣に手ぇ出したら踏み潰してペシャンコにしちゃうぜ!?』

一方、遅刻して学校へ登校してきていた黒井に転生中の薊。教室に入る前にノリコと遭遇。何故、学校に来たのか忠告を受けていく。

そして教室に入るとクラスメイトの冷たい視線を浴びていく。タイムリミットは放課後…。ここで「あの出来事」を回避する為の方法を思いついた薊。

それは高校時代の薊達より先に体育館倉庫の鍵を奪ってしまえば良い…。そういった計画であった。しかし、高校時代の薊は計画を変更していた。

教室に突如、ノリコが現れて口パクにて『に、げ、ろ!』と伝えてくるノリコ。

自由太のおかげで企みは回避される!?

高校時代の薊の計画は放課後に黒井雪を呼び出すはずであったが突如、予定が変更。昼休みに実行される事になっていた。

『さっさと体育館連れてこ』

非常なる高校時代の薊。黒井に転生中の薊もここでは為す術もない状態。このまま黒井として果てる運命なのかと脳裏に過ぎった時…。

自由太が思いも寄らない行動に出ていく。

突然、瑠衣の唇をクラスメイトの前で奪っていく自由太。それを見て一瞬で怒り爆発するのが瑠衣に好意を寄せる男子生徒・春名であった。

自由太に暴力していく春名。
ボコボコである。高校時代の薊も春名の暴力を止めるように指示を出していく。騒ぎを駆けつけた先生も登場。

自由太のおかげでひとまず、この日の薊の計画は失敗に終わっていく。ここで自由太が何故、回りくどいやり方で黒井雪を助けるのか理解していく薊。

『ヒーローの如く黒井を助けたりしたら魔女は黒井にさらに酷い呪いをかけようとするだろう…だって嫉妬せずにいられない…今の私のように…』

10話最後。
この日の薊の計画は自由太のおかげで阻止されたが…形を変えて「あの日」が再来してくる事が示唆されて終わりを告げていく。

サイソウフレンズ【10話の感想】

サイソウフレンズ

自由太の黒井を本気で守りたい気持ちがヒシヒシと伝わってくる内容。今回で薊の友人である瑠衣が自由太に好意を抱いている事も判明して意外でした。

とにかく10話は自由太のイケメン具合が光っており、何とか最悪の状況を免れる事に成功。しかし、別の形で「あの日」が訪れることが示唆されているので余談を許さない状況です。

未来の薊は過去の自分に打ち勝つ事ができるのか…そして黒井雪の命を狙う、もう一人の黒幕を見つけて『死』を免れる事は出来るのか…見逃せない作品。

興味が出た人は是非、チェックしてみてください☆彡


サイソウフレンズ

サイソウフレンズ

原作・著者江唯みじ子
価格100円(税別)

自らのパワハラが原因で会社を辞めることになった薊は、久しぶりに高校の同窓会に出席することになる。周囲から慕われ女王として君臨していた薊は、過去を思い起こしもう一度戻りたいと願う。しかしその過去には取り返しのつかない暗い出来事もあった。自分の罪は自分で償う? 過去と現在を行き来するタイムリープサスペンス!

今すぐ試し読みする


※ストア内の検索窓に漫画タイトル「サイソウフレンズ」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

サイソウフレンズ【11話ネタバレ】未来でも薊を襲う人物現る!?

↓↓以下でサイソウフレンズのネタバレをまとめています↓↓
>>サイソウフレンズ【ネタバレまとめ】最新話から結末まで公開中!