サイソウフレンズ【20話ネタバレ】未来が大きく変わっていた!?

サイソウフレンズ

江唯みじ子先生が描くミステリーサスペンス漫画「サイソウフレンズ」第20話。

黒井雪の命を狙うのが自分自身ではない事を知った薊。同時に未来へ意識が戻る事へ。

未来は大きく変わっており、衝撃を受けていく事へ。自由太が生き延びており、変わりに○○が死ぬ世界線だった!?

薊は黒井を救って、別の未来に変える事が出来るのか…。注目の内容に仕上がっています!

サイソウフレンズ

サイソウフレンズ🔶19話ネタバレ🔶犯人は誰?

サイソウフレンズ【20話】ネタバレ

サイソウフレンズ

※未来の薊は薊(体は黒井雪)。高校時代の薊は武藤で称しています。

冒頭、ガラスが割れた場所に辿り着いた薊。そこには武藤が立っていた。

『あんたがやったの?』

未来の自分は過去の自分に尋ねていく。今まで黒井雪の命を狙ったのは全て武藤自身の仕業なのか問う形になる薊。

薊に近づいて突然、首根っこを掴んでくる武藤。

『私ならあんたの目を見て首を絞める…苦痛で歪む顔を拝みながら』

武藤はそんな真似をしてあんたを襲うくらいなら死んだ方がマシだと本心を薊に伝えていく。自分自身の言葉を信じるのはそれだけで十分だった。

薊は確実に黒井雪の命を狙っているのは武藤ではない。絶対に別人であると確信を得ていく。そのタイミングで意識が未来へ戻る予兆。

『私は犯人じゃない』

自分の意識が戻る前に黒井へ犯人が自分ではない事を伝えようとして窓ガラスに文字を書いていく。これが黒井の見た書きかけの文字の真相であった。

生きていた自由太…!?

場面は未来の自分の体に意識が戻った薊。
戻った場面は前々回と同じであった。周囲の反応も以前と同じ。全て聞き覚えのある内容だった。

過去で怪我をしたノリコだが、未来では変わりなく無事であった。彼女に異変がなかった事で安堵する薊であったが、以前と同じシチュエーションであるが少しだけ違和感が残っていく。

そして薊は歩道橋へ。
そこには本来なら突き落とされて死んだ自由太が階段に座っていた。自由太が生存しているといった未来に変わっていたのだ。

『…最低だな』

対面した二人。
薊は自由太に伝えていく。高校時代。黒井雪は何者かに殺されたんだと。当時の事情を話して自分がタイムスリップしている事を伝える薊。しかし、自由太の記憶がアップデートされていない事に気づく。

彼の記憶は突き落とされる以前のまま。
自分がタイムスリップしているとわかる事実を自由太に伝えていく薊。しかし、非現実的過ぎて信じる事が出来ない自由太。

『私を信じる事ができないとしても希望は信じるべきじゃない?』

薊は記憶が以前のままの自由太を連れて一度、皆がいる居酒屋に戻ってみる事へ。

『面白い発見があるかもよ』

衝撃的な変化が訪れていた!?

一度場面は過去へ。
登校前に自由太と合流した黒井。突然舞い込んできたニュースを聞いて愕然とする。

場面は未来へ。
自由太は驚く。ノリコが妊娠している事に。自由太の記憶のノリコは彼氏に逃げられて傷心していたノリコであった。それが目の前にいるのは外見も変わっている妊婦のノリコ。

一方、隠れて自由太の様子を見ていた薊。彼の記憶がタイムスリップ以前のままには何か理由があるのではないかと考えていく。

『命日ちゃんと予定空けといてね~』

自由太にとって初耳であった。
命日と聞いたので黒井の命日に集まるものばかり思っていた。しかし、瑠衣が伝えていく。

『そっちじゃなくて、キミちゃんの命日』

これには隠れて会話を聞いていた薊も驚愕。黒井に犯人の名前を教えた公佳が死んでいたのだ。そして薊は違和感の正体に気づく。以前の光景にはノリコの隣に公佳がいた。それが別の人物だったからである。

一旦、皆の前から立ち去る二人。
自由太は事情を尋ねていく。しかし、薊も混乱していた公佳が死ぬ世界線になっている事を。

一方で自由太は薊がタイムスリップする話を信じると伝えていく。同時に再び薊の体が消えかかっていく。再び過去に意識が飛ぼうとしていたのだ。

彼女の消える前に聞きたい事が沢山あった自由太。最も聞き出したい答えを問う。

『黒井を救えるの?』

薊は自由太に伝える。その為に私は過去へ行っていると。消えかかる薊に過去の自分に伝えて欲しい言葉を放つ自由太。

『オレに伝えて…絶対必ず死んでも黒井を守れって…』

消えかかる意識の中で薊は考えていく。公佳の死の対価が自由太の生だとしたら、黒井を助けることで自由太はまた消えてしまうのではないかと。

最後に過去の教室が映し出されていく。公佳の席には花が添えられていた。

サイソウフレンズ【20話】感想

サイソウフレンズ

まさかの犯人を知っており、黒井に教えた公佳が死ぬといったまったく別の未来が出来上がった内容。公佳の死。やはり黒井の命を狙う人物の仕業なのか。

犯人として残されたのはあと二人。茉莉、瑠衣のどちらかである。

闇深そうな真犯人。一体どちらなのか。ちなみに未来だと茉莉の姿は目立って出て来ていない。そもそも過去でさえ影の薄い存在である茉莉。犯人は瑠衣だと思うんだけど…。

もう少しで犯人も判明しそうな展開。これからも楽しみな漫画です!


サイソウフレンズ

サイソウフレンズ

原作・著者江唯みじ子
価格100円(税別)

自らのパワハラが原因で会社を辞めることになった薊は、久しぶりに高校の同窓会に出席することになる。周囲から慕われ女王として君臨していた薊は、過去を思い起こしもう一度戻りたいと願う。しかしその過去には取り返しのつかない暗い出来事もあった。自分の罪は自分で償う? 過去と現在を行き来するタイムリープサスペンス!

今すぐ試し読みする


※ストア内の検索窓に漫画タイトル「サイソウフレンズ」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

\\ NEXT //
サイソウフレンズ【21話ネタバレ】真犯人への揺さぶり…そして事件発生!?

↓↓以下でサイソウフレンズのネタバレをまとめています↓↓
サイソウフレンズ【ネタバレまとめ】最新話から結末まで公開中!