彼はこれは復讐ではないと言った【あらすじ・ネタバレ】夢と人生を壊した6人へ…痛快で爽快な復讐制裁!

彼はこれは復讐ではないと言った

青年漫画「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」見所や感想、ざっくりとした内容をご紹介!

この作品を一言で表すならば「復讐サスペンス」漫画である。
学生時代に6人の同級生から壮絶ないじめを受けていた小嶋龍吉。6人の同級生のせいで龍吉の夢、人生が潰される。

社会人になって過去の出来事をあざ笑い、のうのうと生きる同級生達。そんな彼らを遠くから睨む謎の覆面を被った人物。龍吉の人生を潰した6人へ強い復讐心を露わにしていきます!

この漫画の試し読み
彼はこれは復讐ではないと言った

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で先行配信中の作品です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「彼はこれは復讐ではないと言った」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

彼はこれは復讐ではないと言った【登場人物】

彼はこれは復讐ではないと言った
登場人物
  • 小嶋 龍吉
  • 渡辺 和馬
  • 和田 数子
  • 北井 新一郎
  • 大久保 利則
  • 田佐中 優子
  • 渋根 周
  • 山さん(刑事)

彼はこれは復讐ではないと言った【あらすじ】

彼はこれは復讐ではないと言った

「アイツら6人だけは許さない」戦慄の復讐サスペンス!「全て無茶苦茶にされた」「夢も未来も…何もかも」小嶋龍吉は将来有望なプロ棋士の卵。しかし、高校で6人の同級生から壮絶ないじめを受け、すべてを失ってしまった。時は経ち、社会人になったいじめ加害者たちは、過去に1人の人生を壊したにも関わらず、のうのうと幸せな社会生活を送っていた。その様子を陰からひそかに観察していた黒い影…。奇怪な覆面をかぶった謎の人物が動き出す。その手には小嶋龍吉の名の入ったノートが握られていた。

彼はこれは復讐ではないと言った【ネタバレ】

彼はこれは復讐ではないと言った

1巻ネタバレ

冒頭、バーで和馬と数子が再会。二人は高校時代の思い出に花を咲かせ、小嶋龍吉という同級生をイジメていた事について語り合う。当時を思い出して会話を楽しげに弾ませる。

現在、和馬は社会人となり、大手商社で働いている。彼の評判は上々。
しかし、彼を遠くから見つめる一人の人物がいた。黒い影に覆われた人物は龍吉の名前が入った「重要ノート」を手に握っていた。

場面は暗転して龍吉の学生時代の回想シーンへ切り替わる。
将棋でプロ目前だった龍吉に6人の同級生が近寄ってくる。リーダー格である周は龍吉が将棋で不正をしていると疑う。後日…龍吉のもとへ将棋連盟から不正の噂が流れているから潔白を証明する為の調査を受けて欲しいと連絡が入る。

龍吉は自身の潔白を証明するために将棋連盟へ向かうが、その途中で6人のいじめグループと遭遇。彼らは龍吉を将棋連盟へ向かわせない為、龍吉を学校の倉庫に閉じ込めてしまう。

回想シーンが終わり…龍吉の重要ノートを手にする奇妙な覆面を被った人物が描き出される。覆面の人物は6人を絶対に許さないと誓い、禍々しいオーラを放っていく。

2巻ネタバレ

2巻では早速、和馬への復讐ストーリーが展開されます。
和馬は会社で気になっていた女性とデートの待ち合わせ中。しかし、相手から今日は会えないと連絡を受ける。さらに和馬が様々な女性と楽しむ様子が写された写真が添付されて軽蔑の言葉を浴びせられる。

会社では部長に呼び出され…会社の金を横領していた事実を問い詰められる。警察に通報される可能性を示唆され、会社の決定があるまで自宅謹慎を命じられる。

不運続きの和馬。
数子が経営するバーに顔を出し、自棄酒をあおりながら愚痴を連発。その後、泥酔状態で自宅へ向かう途中…和馬の様子を心配した通行人がペットボトルの水を渡していきます。

和馬は水を一気に飲み干すと…視界が歪み…気がつくと四肢を椅子に拘束され、拷問部屋のような場所にいた。

奥の扉から奇妙な覆面、左手には重要ノートを手に握った人物が現れる。その人物は和馬に対して「久しぶり」と挨拶をして右手に持ったナイフを見せつけていきます。

3巻ネタバレ

3巻では和馬への復讐を完了し、新たなターゲットへの復讐が示唆されていきます。

冒頭は、龍吉が学生時代にイジメを受けていたシーンから開始。彼の日常は命の危険すら感じる程の恐怖に満ちていた。

場面は現在へ移り変わる。
四肢を拘束された和馬。覆面を被った人物と対峙。覆面男は重要ノートに記されている文章を読み上げる。

それは龍吉が和馬から受けたイジメの鮮烈な詳細であった。覆面男の正体が龍吉ではないかと疑う和馬。同時に覆面男は龍吉が受けたイジメを模倣して和馬を拷問。

しかし、反省の色を見せない和馬。覆面男は右手に持ったナイフを突きつけます。その後…和馬の遺体が発見され、ニュースで取り上げられます。遺体には暴行を受けた痕跡が有り、警察は殺人事件として調査する方針が明らかになります。

覆面男は最後に次のターゲットを選定。現在、教師として活躍している新一郎を次の復讐対象として示唆。ここで3巻を終わり。

4巻ネタバレ

和馬が殺され葬儀が開かれる。集まった同級生達。周は犯人が龍吉の可能性を示唆。和馬の殺され方が学生時代に龍吉へした事と酷似している事を明かす。

龍吉が過去の恨みで自分達へ復讐を推敲している…次は自分が狙われると恐怖を抱く一同。犯人が割れているなら警察に話そうと語る新一郎であったが…今や芸能人になった優子はそれを拒絶。

周もまだ警察に話すのは早いと語っていく。
一方、刑事の山さん。彼は今回、和馬が殺された事件の担当。状況を見て事件の背景を推測していく。

場面は新一郎へ。
次は自分が狙われる不安に駆られながら久しく出会った優子の可愛さを思い出して鼻の下を伸ばしていた。そんな時、教え子の宮山が教室へ訪れる。

新一郎のおかげでイジメがなくなってきた事を報告。彼を信頼する宮山。一方、新一郎はもう少しで宮山を落として彼女と男女関係になれると気持ちが高揚。教室で気分よく踊る。そんな彼を校舎の外から眺める人物が一人。仮面を被った復讐者であった。

5巻ネタバレ

教え子である宮山が自分を信用して惚れていると思う新一郎。このまま彼女を落として身体を堪能しようと頭の中はセ○クスの事で一杯になっていく。

休日の約束を彼女と取ろうと話していると宮山が悲鳴を上げる。彼女は窓の外に復讐者の姿を見ていた。その日以降、復讐者がトラウマになって学校を休む事になる宮山。

現役JKと遊べる機会を損なって欲求不満が溜まりに溜まっていく新一郎であった。一方、学校を休んでいた宮山には一通のメールが届く。

翌日、宮山の見た仮面の人物が自分を狙っている可能性があると過る新一郎。和馬の件もあったので恐怖が押し寄せる事へ。そして教室の扉に人影が見える。新一郎はそれを「龍吉」だと勘違い。過去の件について暴言を吐いてしまう事へ。

しかし、廊下にいたのは宮山であった。新一郎から出た言葉が信じられず…一気に信用はガタ落ち。また宮山のメールは過去の新一郎のいじめを決定づける証拠の数々であった。

新一郎を軽蔑する宮山。教室から立ち去ろうとする彼女を引き止め。無理やり宮山の身体を堪能しようと暴走モードへ突入する新一郎。最後は場面が変わって刑事の山さんへ。龍吉に辿り着いており、山さんは龍吉が過去の復讐を晴らすために犯行を行っているのではないかと推測。龍吉が今何をやっているのか調査する事を決意する。

彼はこれは復讐ではないと言った【感想】

彼はこれは復讐ではないと言った

執筆時点で配信されているのは3巻まで。覆面男の正体が龍吉なのか、それとも他の人物が龍吉に成りすまして復讐を遂行しているのか、確証がないところが物語の不気味さを煽ります。

復讐漫画においては、制裁方法が読者に爽快感を提供できるかが焦点となります。覆面男の復讐は甘えを一切許さない厳しい制裁で、これが最高の快感と清々しさを与えてくれます!

このジャンルの漫画でよく見かけるいじめグループも、彼らが皆無慈悲(クズ)な人物であるため、覆面男がどのような制裁を施すのか、非常に期待が膨らみます。

さらに、今後明らかにされることであろう覆面男の正体が果たして龍吉なのか、それとも別人なのかという疑問も読み進める上での大きな魅力の一つです!


彼はこれは復讐ではないと言った

彼は『これ』は復讐ではない、と言った

原作・著者高井唯人
価格165円(税込)

「アイツら6人だけは許さない」戦慄の復讐サスペンス!「全て無茶苦茶にされた」「夢も未来も…何もかも」小嶋龍吉は将来有望なプロ棋士の卵。しかし、高校で6人の同級生から壮絶ないじめを受け、すべてを失ってしまった。時は経ち、社会人になったいじめ加害者たちは、過去に1人の人生を壊したにも関わらず、のうのうと幸せな社会生活を送っていた。

今すぐ試し読みする


※コミックシーモアで先行配信されています。ストア内の検索窓にて「彼はこれは復讐ではないと言った」と入力して検索すれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。