わたしの幸せな結婚【13話ネタバレ】美世に迫る黒い影…!?

わたしの幸せな結婚【分冊版】

わたしの幸せな結婚・13話。

今回の見所は義妹である香耶が暗躍していく。姉である美世から清霞を奪おうと…。そして終盤では何者かの差し金によって美世が拉致されてシーンが描かれる。彼女に迫る黒い影。

清霞は無事に美世を守り抜く事が出来るのか…。清霞から貰ったお守りを保持していなかった美世。状況は芳しくない状態へ。

この漫画の試し読み
わたしの幸せな結婚【分冊版】

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」にて無料試し読み可能!

今すぐ試し読みする

わたしの幸せな結婚【分冊版】

わたしの幸せな結婚【12話ネタバレ】ヒロインに纏わりつく不穏な影が出現!?

わたしの幸せな結婚【13話】ネタバレ

わたしの幸せな結婚【分冊版】

辰石家の当主は香耶を呼び出す。彼は姉である美世の現状を伝えていく。

辰石の伯父の話を聞いて急いで式神で美世の監視を行う香耶。過去を思い出していく。母親に「アレ(美世のこと)」のようになると厳しく指導された香耶。

アレは無能。あなたは失敗してはいけない。アレのようになってはいけない。そう言い聞かされて育ってきた香耶。

自分は何もかもが美世より上でなければいかなかった。

しかし、現状の美世を見て驚愕する。綺麗な着物に綺麗に結った髪。そして香耶は知る。屋敷ですれ違い一目惚れした男性。彼が美世の嫁ぎ先の当主である久堂清霞であったと。

二人の様子を見る香耶。二人がまるで仲睦まじい恋人のように見えていく。

姉に負ける訳にはいかない香耶。劣等感が生まれていき、母親の言葉を思い出す。そして父のもとへ向かって直談判。自分こそが久堂家の嫁にふさわしい。美世と取り替えて欲しいと。

『突然何を言い出すんだ、だめだ』

父はもう姉のことを忘れろと伝えていく。いつも言うこと必ず聞いてくれた父が否定するのは初めてであった。父の部屋を後にすると幸次と遭遇。彼を見て悪巧みを思いつく香耶。

『幸次さんはおねえさまと婚約したくない?』

今の姉と立場を取り替えたい事を伝える香耶。幸次に協力をして欲しいと要請。呆れる幸次。父親の許可を得れたのか問う。家長の許しがなければ無理だと伝えていく。

父、幸次から邪険に扱われたと感じる香耶。辰石の伯父なら協力してくれると踏んで足を向けていく。

場面転換。
美世は清霞が泊まり込みの仕事だったので体を心配して差し入れを届けに行く。護衛に身分を伝えて清霞への差し入れを渡したいと伝えていく。すぐに確認を取りに行く護衛。

その後、清霞が現れる。
差し入れをもらいつつ、美世がお守りをしっかり持っているか確認する清霞。持っている事を伝えてお暇していく美世。別れ際に頭を撫でられて幸を感じる美世。

同行していたゆり江に伝える。
実は家にお守りを忘れてしまっていたのだ。早く帰ろうと美世に伝えるゆり江。お守りの効力はわからないが持っていないと不安になっていく美世。

そんな時である。
一台の車両が美世達の側に停まる。中から出てきた男達は美世を拉致していく。突然の出来事に恐怖を感じる美世。

『何!?怖い…旦那さま…』

ここで第13話は終了。

わたしの幸せな結婚【13話】感想

わたしの幸せな結婚【分冊版】

美世の知らないところで、彼女に迫る黒い影。裏では辰石の当主が糸を引いているのか…。どうにかして美世を手に入れたがっている。一方で清霞と美世のやり取りは本当に幸せそうである。

この幸せを脅かす存在から美世を守り切る事が出来るのか。13話の終盤では美世が拉致されて、一気にサスペンス色が濃くなりました。

彼女は何やら秘められた力を持っていそうですし…。これからどんな波乱が巻き起こるのか…。目の離せない展開です!


わたしの幸せな結婚【分冊版】

わたしの幸せな結婚【分冊版】

原作・著者顎木あくみ / 高坂りと / 月岡月穂
価格100円

異能の家系に生まれながら、その能力を受け継がなかった娘、斎森美世。能力を開花させた異母妹に使用人のように扱われていた。親にも愛されず、誰にも必要とされない娘。唯一の味方だった幼馴染も異母妹と結婚し家を継ぐことに。邪魔者になった美世は冷酷無慈悲と噂される久堂家に嫁ぐことに…。

今すぐ試し読みする


わたしの幸せな結婚【14話ネタバレ】カッコ良すぎる清霞さま!

↓↓以下でわたしの幸せな結婚のネタバレをまとめています↓↓
>>わたしの幸せな結婚【ネタバレまとめ】最新話から結末まで公開中!