わたしの幸せな結婚【12話ネタバレ】ヒロインに纏わりつく不穏な影が出現!?

わたしの幸せな結婚【分冊版】

わたしの幸せな結婚・分冊版の第12話

今回は清霞の部下である五道を招いたお食事会が描かれていきます。少しずつ明るさを取り戻して、美しさを醸し出していく美世に自然と笑みや褒め言葉が溢れていく清霞。2人の初々しいやり取りは必見!

そして12話はラストで美世に纏わりつく異能が出現。

清霞は異能の正体が美世の母の実家である薄刃家のモノであると断定。美世を巡る「何か」が動き出そうとしている予感が演出されていきます!

この漫画の試し読み
わたしの幸せな結婚【分冊版】

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」にて無料試し読み可能!

今すぐ試し読みする

わたしの幸せな結婚

わたしの幸せな結婚【11話ネタバレ】胸キュン&幸せ描写満載の注目話!

2020年4月22日

わたしの幸せな結婚【12話ネタバレ】

冒頭、デートの時に清霞がこしらえた着物が届く。そして美世にプレゼント。高価な品物を貰えないと謙遜する美世。

『紙紐の礼だ…いいから受け取っておけ』

着物屋の女店主も背中を押していき、プレゼントを受け入れる美世。着物を見てどこか『母の形見』に似ていると思っていく。さらに自室で着替えてみて、より母親に似てきた事が嬉しくなったのか微笑む美世。 

一方、清霞は五道を連れて自宅に帰る途中であった。

訳は美世からのお願いであった。送り迎えの礼を五道にしたいと美世が清霞に頼んでいたのだ。彼女が自身の口から他人に会いたがる事など考えられなかったので内心で清霞は彼女の変化を喜んでいく。

そして、自宅に向かう途中、車内で異能者の質について2人で話を交える清霞と五道。

特殊能力を扱える異能者であるが昔に比べると異能を持つ人間もだいぶ減っており、異能者の実力自体も大昔と比べると非常に弱まっている事が明かされていく。その分、科学技術の発達が目覚ましくもあった。

異能者の質について明かされた後、自宅に到着。

2人を出迎える美世。
血色が良くなり、きちんと梳かされた髪、不摂生を感じさせない袖から覗く手首を見て思わず口に出てしまう清霞。

『綺麗だな…よく似合っている』

自然と出た言葉にハッとして照れる清霞。頬を赤く染める美世。初々しいやり取りに呆れる五道(笑)

そして美世は五道に手料理を振る舞っていく。

家庭料理の素朴な味に感動して『美味い』と美世の料理を褒めていく五道。冗談で隊長(清霞のこと)と別れて自身と結婚しましょう…などと発言していく。

しかし、冗談の通じない清霞と美世。
清霞は殺気立ち…美世は真剣に『旦那さまがいいので申し訳ありません』と丁寧に断っていく(笑)

その後も五道の楽しいお喋りで盛り上がりを見せながら、お礼を兼ねた食事会はお開き。好き勝手言って帰っていく五道。

久堂家も落ち着きを見せる中、美世の気配があまりにも静か過ぎる事に違和感を感じた清霞は美世の部屋へ。

彼女の部屋に向かうと…うなされている美世…そして微かに異能が使われた気配を感じ取っていく清霞。うなされる彼女を起こすとポロポロと涙を流していく。そんな彼女を抱きしめて『自分の感情を曝け出して甘えてもいい』と伝えていく清霞。

美世は久堂家に来てから毎晩、同じ夢を見る事を明かしていく。それは母の形見が燃やされてしまう夢であった。そして今一度、清霞に本当に久堂家に居てもいいのか…清霞の側にいてもいいのか問いかけていく美世。

清霞の答えはもちろん『YES』である。

『わたしもっと頑張ります。できるだけ長く旦那さまのお役に立てるように』

今まで虐げられてきた美世にとって精一杯の前向きな言葉であると捉えて優しい表情を見せていく清霞。同時に漂っていた異能の気配について考えていく清霞。

悪夢の原因が異能である捉える清霞。異能の気配から美世の母の実家である『薄刃家の者以外に考えられない』と判断していく。

わたしの幸せな結婚【12話の感想】

わたしの幸せな結婚【分冊版】

いつもの通り、初々し過ぎる2人のやり取りが描写。見ているこっちまでほっこりとした気分に浸ることができます。そして突然、美世に纏わりつき出す薄刃家の異能。

謎多き薄刃家が美世をどこかで監視しているのか…。それとも美世の異能が覚醒する予兆なのか…。

胸キュン&ほっこりラブストーリーの中にファンタジーサスペンスが取り入れられた漫画が「わたしの幸せな結婚」です。清霞と美世の初々しさは必見!

温もり満載の作品なので是非、チェックして欲しいイチ推し漫画です!


わたしの幸せな結婚【分冊版】

わたしの幸せな結婚【分冊版】

原作・著者顎木あくみ / 高坂りと / 月岡月穂
価格100円

異能の家系に生まれながら、その能力を受け継がなかった娘、斎森美世。能力を開花させた異母妹に使用人のように扱われていた。親にも愛されず、誰にも必要とされない娘。唯一の味方だった幼馴染も異母妹と結婚し家を継ぐことに。邪魔者になった美世は冷酷無慈悲と噂される久堂家に嫁ぐことに…。

今すぐ試し読みする