復讐の同窓会(ネタバレ)7人のクズ同級生達に復讐制裁!真実を知った男が命を賭ける!

復讐の同窓会

新作の青年漫画「復讐の同窓会」見所や感想、ざっくりとした内容をご紹介!この作品は原作:大城密先生、作画:さいがりゅう先生のタッグで描かれます。

主人公はカケル。
彼は同級生7人から酷いイジメを受けていた。同時に転校生であるエマもカケルと同じく7人の同級生からイジメを受けていた。

彼らの狂気がエマを蝕み、耐えられなくなったエマは自殺。彼女の死の真相を知ったカケルは7人の同級生へ復讐を誓っていきます。

物語は高校時代から18年後へ。
復讐の準備を整えたカケルがエマの命を奪った同級生達に制裁を与えていきます!クズな人間達へ痛快で爽快な復讐を果たす漫画が好きならおすすめできる一作です!

今なら最初の巻が無料!
2024年6月9日まで第1巻がまるまる無料試し読み可能です!
※情報が古くなっている可能性があるので確認は公式サイトでお願いします。

この漫画を試し読みする

復讐の同窓会

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で先行配信中の作品です!

※電子書籍ストア内の検索窓にて「復讐の同窓会」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

復讐の同窓会【あらすじ】

復讐の同窓会

「僕の人生を君に捧げる。そして、全員地獄に堕とすーー」大切な人・エマが自殺した。彼女は日常的に過酷ないじめを受けていたカケルの唯一の救いだった。絶望するカケルの元に「いじめ被害日記」が届く、そこにはある「真実」が記されていた。全てを知ったカケルは人生を捧げていじめ加害者たちに復讐することを決意する。18年後、地位・財産・容姿端麗な外見と強靭な肉体、全てを兼ね備えて帰郷したカケル。さぁ、同窓会を始めようーーー

復讐の同窓会

復讐の同窓会【登場人物】

復讐の同窓会
登場人物
  • 鎌田カケル(主人公)
  • 月野エマ
  • 志村コウタ
  • 阿久津ソウイチ
  • 力石ジン
  • 不破ケイスケ
  • 葉月ミソラ
  • 姫宮アンナ
  • 結城キリヤ
  • 北原キョウコ(担任)
  • マリコ(エマの母)
  • トワコ(カケルの母)
  • ヨウイチ(カケルの父)

復讐の同窓会【ネタバレ】

復讐の同窓会

各巻のストーリーをご紹介!(※ネタバレを含みますので注意)

1巻ネタバレ

冒頭、カケルの目の前で大切な人が死ぬ。彼女を守れなかったのは自分の責任だと自分を責めるカケル。同時に7人の人物達にも強い復讐心を露わにする。

時間は半年前に遡る。
カケルは7人の同級生達にいじめられていた。担任の北原先生に相談するが真面目に取り合ってくれない状況。

さらに7人の同級生は転校生である「月野エマ」に対しても酷いイジメをしていた。彼女はカケルと違って抵抗を見せていた。彼女を助けたくても身体が動かないカケル。

その後、エマと接触して自身も同級生達にイジメを受けている事を打ち明けるカケル。その日を境にしてカケルとエマは仲良くなって二人の間には絆が生まれる。次第に二人の間に恋心も芽生えて雰囲気も良い感じになるが…7人の同級生が二人の恋路を邪魔に入っていく。

エマを守ろうとするカケルであったが…力で彼らに叶うはずはなかった。そしてエマもカケルの前で凌辱されそうな状況に陥っていく。

2巻ネタバレ

カケルの前でエマが凌辱されてしまう。自分の力の無さを痛感すると共にエマを守れなかった事を謝罪するカケル。それからエマは学校へ来なくなり、同級生達のイジメも何故かなくなっていく。

そして、ある日。
エマは学校の屋上から飛び降りて自殺。その姿を目の前で見てしまったカケル。これが1巻の冒頭へ繋がっていく。

彼女の葬式。カケルは両親と参列。そしてカケルから事情を聞いていた両親はエマの母親に学校であった出来事を伝える。カケルもエマの母へ彼女を守れなかった事を謝罪。そしてカケルの両親は泣き寝入りせずに戦おうとエマの母親を鼓舞する。

カケルやエマの両親は学校へ掛け合うが…担任の北原は知らぬ存ぜぬ。話にならない両親達は教育委員会への報告を決めるが…カケルやエマの親には酷い現実が突きつけられていく。小さい街で権力に逆らった罰が親達にも突き刺さっていく。

そんなある日、カケルのもとへ郵便物。それはエマの被害日記であった。そこにはカケルに対する愛情、そしてキリヤからの文字が記されていた。それを見てエマがずっと自分の身代わりになっていた事を知るカケル。真実を知ってカケルは7人の同級生を地獄に堕とす決意をする。

そして舞台は18年後へ。
カケルは現在33歳。名前も鎌田カケルから夏目カケルに変わっていた。容姿もインテリ系イケメンに変貌。彼には妻子もあり幸せで裕福な暮らしをしていた。

同時にカケルは7人の同級生達へ復讐を開始する狼煙をあげていく。

3巻ネタバレ

カケルの第一ターゲットは「阿久津ソウイチ」になる。体たらくな生活をしていたソウイチ。彼の自宅近くに引っ越してきたカケル。まずはご近所挨拶でジャブ。

頭の中はセ●クスの事しか考えていない阿久津。カケルの奥さんを見るなり、邪な気持ちを芽生えさせていく。そして阿久津と親睦を深める体で自宅へ飲みに誘うカケル。

飲み明かして皆が寝た所でカケルの奥さんを寝取ろうと考える阿久津であった。それを実行に移そうとした時、待ってましたと言わんばかりにカケルが動き出す。アームロックで彼を落とし、獅子を拘束して拷問部屋へ。

意識が目覚めて理解が追いつかない阿久津であったが…カケルは自分の素性を彼の前で明かしていく。

4巻ネタバレ

阿久津に素性をバラし、エマの為の復讐を遂行する事を語るカケル。そしてエマが書いていた被害日記に過去、阿久津がエマにした酷い行為が詳細に記されていた。

そして釘バットを取り出し、カケルの制裁がスタート。内容は拷問である。釘バットをお尻の穴に突き刺しては抜く行為(笑)そんな拷問に耐えられず阿久津は復讐を遂行される。

その後、カケルは次のターゲットに「志村コウタ」を選ぶ。現在の志村は結婚もして焼き鳥屋を営んでいた。ただ偽装肉を使って客を騙して儲けていた。志村の経営する店に肉の営業に来た体で彼と接触を図るカケル。

今、契約をしてくれるなら最高級の肉をプレゼントしていると唆して志村の反応を伺っていきます。

5巻ネタバレ

精肉の営業マンと称して志村に接触するカケル。ひとまず無料の肉を試してもらう事で交渉成立。その時、志村の店に不破、葉月、力石の三人が訪れる。

この三名もカケルにとって復讐のターゲット。
怒りを抑えつつ…その場を凌ぐカケル。一方、力石達の用件は阿久津の件であった。彼らは阿久津に金を貸していた。

しかし、借金を残したまま音信不通状態。志村へ阿久津の事を知らないか尋ねに来ていた。同時に志村と力石達の力関係もここで明確になっていく。

志村は力石達に何も口答えが出来ない関係。その後、力石達の要望通り、阿久津に関する情報を調べていく志村。その中で妻であるアイとの出会いが明かされる。

アイを溺愛している志村。
そんな中、志村がいない時に店に訪れるカケル。彼はアイに好意がある事を匂わせ、巧みにアイの恋心をコントロール。カケルはアイの溜まっている愚痴を聞くと伝え、二人きりで奥の座敷席へ。

数日後、いつにも増して調子の良かったアイ。一方、店に訪れていた一人の客が志村の店に悪評の投稿がある事を教える。

そこには偽造肉を使っている事実が投稿。動揺する志村であった。

6巻ネタバレ

志村の焼き鳥屋の悪評がネットに出回る。数日経過すると悪評の数はさらに増え、志村の店は客が遠のく状況。

志村の奥さんであるアイがこの状況を打破する為、肉の営業マンに扮していたカケルに頼って見てはどうかと低難。背に腹は変えられない状況。カケル扮する夏目に連絡して肉を卸してもらう事へ。

試食と称した肉に睡眠薬を仕込んでいたカケル。志村を眠らせた後、所定の場所で彼に復讐を遂行しようとしていきます。

目覚めた志村は拘束された状態。そこでカケルはゲームを仕掛けます。自身が語る事に嘘が混じっていたら志村は「ダウト」を告げるように指示。

最初に語った問題の内容で夏目=カケルである事にようやく気付く志村。新たな問題では解答を間違えてしまう志村。

カケルが産地偽装の内情を知っていたのは同業者から集めた情報だと思っていた志村だが…実際は志村の妻であるアイから仕入れた情報である事を暴露するカケルであった…。

7巻ネタバレ

志村の嘘を暴いていくカケル。そして志村の妻・アイに関する問題を出す。アイは本当に志村の事を愛しているのか…その問題に対して「YES」を突きつける志村。

カケルは目の前にあったモニターへ彼女を抱いている映像を垂れ流す。愛する妻に裏切られて狂乱する志村。同時にカケルは彼をミンチ機の中へ…。

こうして阿久津、志村への制裁を終えたカケル。
一方、ニュースで阿久津、志村の事件が取り上げられる。それを見ていた不破、葉月、力石の三人。誰かが自分達の命を狙っている事に確信を得る。

不破はリーダー格であるキリヤへ連絡。彼は地元の問題は地元組で解決するように指示。同時に自分達を狙う存在は同級生の誰かだと断定。

姫宮アンと一緒にいたキリヤは近い内に地元へ帰る事を示唆。自分達を狙う人物を見つけ出す同窓会を開始しようと企む。

8巻ネタバレ

カケルは次のターゲットに「葉月ミソラ」を選ぶ。ミソラは家庭を持ちながら人気配信者「みそみそ」として活動中であった。

一方でミソラは姫宮アンに対して強い劣等感を持っていた。自分より優れた美貌を持つ彼女をいつか蹴落とそうと強い信念を持っている。

また自分の家族に対しても夫、娘に対して見下した目線で接していたミソラ。そんな彼女に動きが出てくるのが父母参観会の日。

カケルも家族で同じ学校へ娘を通わせてミソラと接触。カケルの夫婦は絵に描いたような美男美女。カケル達に嫉妬するミソラ。

同時にカケルはミソラと接近しようと計画を実行。ミソラの家族を誘った食事会を開き、着実にミソラの懐へ入っていきます。

皆がお手洗いに出て…テーブルにはカケルとミソラの二人きり。ここで仕掛けに出るカケル。ミソラが配信者の「みそみそ」である事を暴き、自分は「みそみそ」の大ファンである事を伝えるカケル。

それを聞いて内心で舞い上がるミソラ。

9巻ネタバレ

カケルは名刺を差し出します。その肩書を見て驚愕するミソラ。カケルは国内最大級のインフルエンサー事務所の社長だと偽り、ミソラを有名インフルエンサーのアシスタントに抜擢する話を持ちかけていきます。

当然、インフルエンサーとして飛躍したいミソラ。カケルの出した好条件に乗って仕事を引き受ける事へ。同時にカケルに対する好意もさらに増していきます。

そしてカケルの話が本当だった事で自分がインフルエンサーとして成功する事に確信を持つミソラ。

ライバル視していたアンも超えられると内心では有頂天気味になっていきます。家族に対してもさらに見下す態度を取っていく中…。

ミソラのスマホに通知が鳴り止まない事態が発生…!?

10巻ネタバレ

ミソラが出演した動画は無加工でミソラ=おばさんだった事がネットに拡散されて炎上していきます。

ミソラは動画を削除してもらおうとカケルへ連絡。しかし、電話に出ず炎上していく様子を見守っていきます。怒りがこみ上げるミソラの怒りは家族にも矛先が向けられていき…。

家族に対しても酷い言葉を投げかけて暴言の連発。

その後、カケルはミソラへ連絡。最初からミソラを罠に嵌める事が目的であった事を明かします。騙されたミソラの怒りは沸点を超え…カケルの娘であるキラリを誘拐して身代金と慰謝料を請求する計画を立てます。

娘のミウからキラリの番号を聞いて彼女と合流。しかし、キラリはミソラが手に負えるような子供ではなく…スタンガンを使われてミソラは気絶。

意識が目覚めると…そこにはカケル達の家族が全員揃っていました。

11巻ネタバレ

ミソラを監禁して拘束したカケル。
カケルは自分の素性を明かすと共に、自分の行いはエマの為の復讐である事を伝えます。

ミソラはカケルにキラリ、ユウカの妻と娘も巻き込んで復讐している事に狂気を感じていきますが…ユウカがカケルとの関係を語り始めます。

カケルの現妻であるユウカは元旦那に売春をさせられており、地獄のような日々を送っていました。その状況を打破してくれたのがカケル。

カケルはユウカの元旦那であるカツトシを殺し、ユウカとキラリの生活を救う代わりに自分の復讐を手伝って欲しいと提案。それから疑似家族として今に至っていました。

カケルの家族の真実が明らかになった後、ミソラに対する復讐として「青い鯨」ゲームを開始しようとします。

復讐の同窓会【今後の考察】

着々とカケルの復讐は進んでいます。
志村、阿久津と復讐制裁を完了させ、現状は葉月ミソラへの復讐が開始。ミソラも難なく制裁を受けると思うので、結城、姫宮、力石、不破の4人が残る形。

今後はどこかで復讐に手こずる場面はありそうですが、カケルは復讐を完遂してエマを偲ぶ事が出来ると推測しています。

ただ、カケル自身の人生がハッピーになるのか、バッドエンド寄りになるのかは難しい部分。

最後にカケルがどんな結末を迎えるのか追っていきたいと思います。

復讐の同窓会【感想】

復讐の同窓会

いじめっ子である同級生7人が最高にクズばかりなのでカケルが今後、どのような気持ちの良い制裁を与えてくれるのか期待が高まる作品です!

独特な絵柄と感情を揺さぶるストーリーが大きな魅力の作品。

復讐系の漫画が好きならかなり期待値の高い作品になること間違いありません。

最初の巻が全編無料試し読み可能 /
(期間限定・6月9日まで)


復讐の同窓会

復讐の同窓会

原作・著者大城密 / さいがりゅう
価格165円(税込)

「僕の人生を君に捧げる。そして、全員地獄に堕とすーー」大切な人・エマが自殺した。彼女は日常的に過酷ないじめを受けていたカケルの唯一の救いだった。絶望するカケルの元に「いじめ被害日記」が届く、そこにはある「真実」が記されていた。全てを知ったカケルは人生を捧げていじめ加害者たちに復讐することを決意する。18年後、地位・財産・容姿端麗な外見と強靭な肉体、全てを兼ね備えて帰郷したカケル。さぁ、同窓会を始めようーーー

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「復讐の同窓会」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

『復讐の同窓会』よくある質問

原作が大城密先生。作画がさいがりゅう先生となります。お二方とも本作以外に複数の作品を過去にリリースしています。

本作品は現在、単話版がコミックシーモアで先行配信されています。

第1巻が2023年12月25日に配信されています。電子単行本1巻の価格は792円(税込)です。