サイソウフレンズ【7話ネタバレ】過去の変化は未来にも影響を及ぼす!?

サイソウフレンズ

江唯みじ子先生が描く「サイソウフレンズ」第7話。
今回、過去に変化を起こした事で未来が変わる事が判明していきます。そして薊は黒井の命を狙う犯人を突き止めて、黒井殺しのレッテルを剥がす事を決意。

一方、過去では自由太と黒井雪の複雑は想いが判明していく展開へ。

世紀の嫌われ者である薊は過去を変え、明るい未来を手に入れる事が出来るのか…。第7話では未来に起こる不穏な出来事も示唆されていきます。本当に面白い注目の作品!

この漫画の試し読み
サイソウフレンズ

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で取扱い&試し読み可能!過去と現在を行き来するタイムリープサスペンス!

今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓に漫画タイトル「サイソウフレンズ」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

サイソウフレンズ

サイソウフレンズ【6話ネタバレ】自殺だと思っていた同級生の死に他殺説が浮上!?

2020年2月26日

サイソウフレンズ【7話ネタバレ】

何者かに階段から突き落とされて意識を失う薊。目覚めると元の時代(現代)の自分自身の体に意識が戻っていた。

先程の事を思い出していく薊。

『突き飛ばされた…思い切り…一体誰が…』

高校時代の薊は黒井を階段から突き落とすような指示は誰にもしていないし、身に覚えもなかった。誰が黒井を狙っているのか見当がつかない薊は混乱。

同時に階段から落としてしまって倒れている自由太を見て、冷静になっていく薊。意識を落ち着けて状況整理、また過去に戻る事を前提として行動することを決意していく。

過去を変えた事で未来は変わる!?

今できる必要な事をすべく、薊は再び同窓会が開かれている居酒屋に向かう。そして驚愕する出来事が起こっていく。

ノリコが妊娠状態であったのだ。
さらに会話の様子から3人目の子供であることが判明していく。

隠れてノリコの様子を見ていた薊だがバレてしまう。どうやら怒って帰ったところまでは前回と同じであったが、酒をかけてきた相手が変わっていた。

タイムリープ前は酒をかけてきたのはノリコであった。妊娠すらしていない。しかし、過去でノリコに干渉したことで現代で様々な変化が起こっている事を察知していく薊。

ただ、薊が嫌われ者であった事実はまったく変わっていない。

同級生を前にして薊は過去で見た出来事で気になった事を明かしていく。

『黒井に陶器投げたり、階段から突き飛ばした犯人は挙手して!』

同級生達からしたら意外な言葉であった。困惑の表情を浮かべていく同級生達。しかし、情報源のソースが薊自身だった為、同級生はまったく話を信じようとしない。逆に薊が黒井を殺したとバッシングを受けていく。

まったく相手にされない薊であったが、ノリコに起きた変化は過去世界での出来事が影響している事に確信を持っていく薊。同級生たちを前にある所信を告げていく。

『私は必ず真相を突き止めてまたここに戻ってくるから』

憑依先の人間の複雑な想いが分かり始めていく…!?

自分の意思を告げると薊は再び意識が遠のいて目覚めると黒井の体に心が入っていた。心配そうに見つめていた幽霊化した黒井に気を失っていた時間を尋ねるとたったの1分〜2分程度であった。

そこへ自由太が偶然にも訪れてくる。
幽霊化した黒井雪は薊に伝える言葉の指示を出していく。

『お願い、こう言って。ほっといてって』

黒井雪の指示通りに自由太を突き放すような言葉を放っていく薊。

薊は黒井に自由太の関係に探りを入れていくが、本音を語らず誤魔化していく黒井雪。同時に雪から階段で転ばないように気をつけて釘を刺されていく。この言葉に薊は真実を伝えていく。

『転んだんじゃない…誰かに突き落とされたの』

驚く表情を見せていく雪。
同時に背後から人の気配を感じた薊。振り向くと自由太が立っていた。

『…ほっといてなんて言うな…ほっとけるわけないじゃん』

心配する感情を見せていく自由太の表情。そして絆創膏を渡して去っていく。黒井雪から見た自由太は薊が見ていた自由太とまるで別人。もし未来が変わって黒井が生きる世界線があるなら、自由太の隣には黒井雪がいるのかな…と儚い乙女心を覗かせていく薊。

一方、高校時代の薊はチビデブ時代の写真をバラ撒かれて怒りが最高潮に達していた。『犯人は薊に恨みを持っている人間ではないか…』誰かが薊に言う。

薊の脳裏に浮かんだ顔…。
それは黒井雪であった。犯人は黒井雪だと確信した薊。煮えたぎる怒りを見せていく。

『許さない…絶対許さない…黒井…!』

最後に今後の展開が示唆されていく。運命は変えることができる。しかし、必ずしも明るい未来になるわけではないと…。

サイソウフレンズ【7話の感想】

サイソウフレンズ

ひとまず、今回で過去に変化をもたらすと現代でも変化が起こる事が判明。つまり過去の出来事で未来が変わっていきます。この事に気づいた薊は俄然、やる気を見せていく事へ。

高校時代の自分自身の暴走を止める事は出来るのか…。そして水面下で黒井の命を狙う犯人の正体を突き止める事は出来るのか…。全てが今の薊の思い通りに事が運んだとして未来はどう変化するのか…。

7話ではバッドエンドを予感させる文脈もあるので今後の展開に期待したいですね!

江唯みじ子先生が描くタイムリープサスペンス「サイソウフレンズ」個人的に一押しの作品。面白いのでチェックしてみてください☆彡


サイソウフレンズ

サイソウフレンズ

原作・著者江唯みじ子
価格100円(税別)

自らのパワハラが原因で会社を辞めることになった薊は、久しぶりに高校の同窓会に出席することになる。周囲から慕われ女王として君臨していた薊は、過去を思い起こしもう一度戻りたいと願う。しかしその過去には取り返しのつかない暗い出来事もあった。自分の罪は自分で償う? 過去と現在を行き来するタイムリープサスペンス!

今すぐ試し読みする


※ストア内の検索窓に漫画タイトル「サイソウフレンズ」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

サイソウフレンズ【ネタバレ関連記事】