生者の行進リベンジ【7話ネタバレ】黒いモヤの霊とヒロインが合体!?

生者の行進Revenge

生者の行進リベンジ・第7話。
今回はお守りの持ち主であった惺流と遂に対面を果たしていく省吾達。さらに以前、リカが公園で見た黒いモヤの正体や背景が大きく明かされていきます。

またリカと黒いモヤがタッグを組まされる事へ(笑)

さらに7話は終盤で前作主人公である泪が次回登場する事が示唆されていきます。特に悪霊に関する部分の物語はあまり進捗見られませんが日常パートも非常に面白い漫画。

生者の行進続編となる「生者の行進リベンジ」を先行して読みたい場合は電子書籍ストア「まんが王国」のみで先行配信中。是非、チェックしてみてくださいね☆彡

この漫画の試し読み
生者の行進Revenge

この漫画は電子書籍ストア「まんが王国」のみの独占配信作品! まんが王国内で無料試し読みも可能です。

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「生者の行進」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

生者の行進Revenge

生者の行進リベンジ【6話ネタバレ】黒いモヤの正体判明と主人公の恋バナが重い!

2020年3月11日

生者の行進リベンジ【7話ネタバレ】

笹塚から悪霊による未成年の死者二人が出た事を伝えられていく省吾。その事を聞いた省吾はお守りに入っていた手紙を確認。「あと4人」と記されていた部分が「あと2人」に変化をしていました。

リカが手紙に書いてある人数が死ぬと何が起こるのか省吾に尋ねていくと『知らん』と一言伝えていく省吾(笑)

しかし、彼はこの手紙の文脈に違和感を覚えていました。

「あと2人」と「みなごろし」この2つを分けて書いた理由。また何故、段階を踏むような形式になっているのか…また省吾は手紙から複数の思念が混じっている事を指摘します。

省吾の見立てとして手紙に記されている「お父さん」なる人物の他にも呪いに一役買っている人物がいる可能性がある。また復讐のはずなのに殺される人間は赤の他人なので謎が多すぎると明かしていく事へ。

自宅に帰った省吾は笹塚から追加情報を得ていきます。死んだ高校生二名・町田と莉緒の死亡状況。そして二人が同級生であった白石惺流をいじめていた事を知る省吾。

ここで酔っ払いの霊が言っていた「女の子のような男の子」と惺流が合致。彼と対面を果たす事へ。

幽霊とタッグ結成!?

ファミレスにて惺流と合流する省吾、リカ。
惺流をいじめていた生徒二名が死んだこと。そこにはお守りと悪霊が絡んでいる事など事情を説明していく省吾。

『どんな形であれ二人が死んで良かった。罪悪感なんて無いですよ』

そう語る惺流。
そして呪いのお守りはいつ間にか手元から消えていたことを明かしていきます。振り出しに戻ったお守り探し。同時にリカは複雑な心境を省吾に明かしていきます。

自分も惺流と同じでいじめっ子が死んだ時に罪悪感はしなかった。彼の話を聞いてホッとしている自分がいる…など胸の内を省吾へ明かしていく事へ。

また省吾には一点、気になるポイントがありました。
それは世間の関心度の低さでした。マスコミでも取り上げられず、何かしらの情報規制を疑っていく省吾。

そんな中、リカは「黒いモヤ」が再び目の前に現れた事を省吾に伝えていきます。最初に見た公園にいた女性に再び取り憑いていた黒モヤ。

省吾は女性に近づき、黒モヤを引き剥がしてリカのもとへ持ってきます。省吾に捕獲されて観念したのか喋りだす黒モヤ。彼女は成仏できなかった「庄司千里」といった女性の霊でした。

庄司はいじめに苦しむ人間の心の声が聞こえており、そんな人は放っておけなくて取り憑いてしまう事を明かしていきます。つまり庄司が取り憑く対象はいじめを受けている人間…である事を知った省吾。

庄司の能力が使えると判断した省吾はリカに取り憑いてセットで行動して欲しいと伝えていきます。どんな意図があるのか現時点では不明。

そして立ち上がり、リカと庄司を連れてある場所に向かおうとする省吾。

『昔のちょっとした顔なじみ…戦友みたいな奴のとこやな』

戦友と過去に殺人鬼を追っかけた武勇伝をリカに伝えていく省吾。最後に描写される戦友と称される人物の表札…そこには「吉川」と記されていました。

ここで第7話は終了。

生者の行進リベンジ【7話の感想】

生者の行進Revenge

次巻で遂に前作の主人公・泪が登場する模様。
前作主人公の名前は吉川泪です。これは前作から読んでいる人なら胸熱な展開!成長した泪はもちろん、まどかも登場する可能性が微レ存ですね!

再び前作と同じタッグで悪霊問題に挑んでいくのか…。

また作画のクオリティに関しては前作より今作の方がはるかに上。綺麗に描かれる泪がどんな青年になっているのか非常に気になります。ジワ恐怖を読者に与えてくれる復讐ホラーサスペンス「生者の行進リベンジ」面白い漫画なので是非、チェックしてみてください☆彡


生者の行進Revenge

生者の行進 Revenge

原作・著者みつちよ丸 / 佐藤祐紀
価格100円

あなたには“復讐”したい相手がいますか? いじめが横行するクラスに神原という教師が赴任してきて…!? 生者と死者、そしてその狭間で生きる者たちが織りなす復讐ホラーサスペンス!!

今すぐ試し読みする


※移動先の電子書籍ストアにて「生者の行進」と絞り込み検索をすれば直ぐに作品を表示してくれます。