サイソウフレンズ【13話ネタバレ】過去の自分と対決の決意…新たな頼もしい仲間が加わる!?

サイソウフレンズ

江唯みじ子先生が描くタイムリープサスペンス漫画「サイソウフレンズ第13話をご紹介。

今回、未来の薊が黒井の中にいる事を知る自由太。そして薊は階段から黒井雪を突き落とした人物が春名だと思っていましたが誤解している事に気づき、新たな真犯人を探す為、振り出しへ。

未来の薊に新たな仲間も加わって打倒・高校時代の自分を目指しつつ、今回は青春パート多めといった具合に描かれていきます。

この漫画の試し読み
サイソウフレンズ

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で取扱い&試し読み可能!過去と現在を行き来するタイムリープサスペンス!

今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓に漫画タイトル「サイソウフレンズ」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

サイソウフレンズ

サイソウフレンズ【12話ネタバレ】過去の自分の狂気っぷりに心底恐怖を抱く薊…!?

2020年7月25日

サイソウフレンズ【13話ネタバレ】

サイソウフレンズ

『あんなの私じゃない』

高校時代の薊が異常に凶暴になっていく様を見て恐怖を覚える未来の薊。

『薊…』

自由太が声をかけてきます。彼は黒井から事情を聞いており、黒井雪の体に未来の薊が入っている事に最初は半信半疑でしたが、一連の行動や言動で確信を得ていました。

『黒井から聞いたよ…』

自由太は最終確認のつもりで「黒井が知らなそうな質問」をしていきますが、既に忘れている薊。彼女は何も答えられない状態でした。中にいるのが「薊」じゃない?とどこかホッとする自由太。

ただ、黒井の中に自分(薊)が入っている事を証明したかったのか…。薊は8年後の未来を明かしていきます。

『あんたが死ぬほど嫌い』

未来の同窓会で自由太、当時のクラスメイト達から嫌われている事を知ったと語る薊。そんな未来、過去も変えたいと願って過去にタイムリープしている事を明かしていきます。

自由太と離れて複雑な心境になる薊。
涙を流しながら、より凶暴になっていく過去の自分が8年後にどうなるのか…自分の未来がさらに悲惨で醜いものになるではないかいと恐怖が溢れていきます。

一方、教室では春名の事を勘違いしていた薊が謝罪。

『ねぇ春名…恨むなら私じゃなく黒井を恨んでね』

薊の言葉に怒りを覚える春名。横を見遣ると心配そうに見つめていた瑠衣。春名は瑠衣との出会いを思い返していきます。体の事情で野球部を辞める事になる春名。

廊下で泣いていた春名を発見して彼を勇気づけていくのが瑠衣でした。そこから彼は瑠衣の惚れて今に至っていました。

場面転換。
黒井宅の近くでノリコと共にダベる未来の薊。ノリコが問います。何故、春名を嵌めようとしたのかと…。

『オレにもその答え聞かせろよ』

黒井を尾行していた春名。ノリコと黒井が裏で仲良くしている事にも驚きつつ、近づいていきます。黒井雪の身に危険を感じたのか、前に出て庇おうとする自由太。答えを聞きたいだけだと伝える春名。

『私に嵌められて怒ってる?春名…怒ってるのは私のほうなんだよ』

いきなり逆ギレしだす黒井雪に一同は仰天。
そして春名に問いかけていきます。何故、階段から突き落とすような真似をしたのか。

否定する春名。
自分はそんな事を一切やっていないと…。ここでノリコが確認。自由太と黒井は想い合っているのに何故、自由太は瑠衣にキスをしたのか…。背景をまったく理解していなかったノリコ。

春名と黒井が背景を説明。
まんまと自由太に乗せられた春名は未だに自由太への怒りが残っていました。『やめなさい』と春名のおでこにビンタする黒井。姉御肌的な黒井にびっくりする春名。

同時に薊に傷付けられた手を心配。

『こんなん余裕だし、それより別件で結構折れた』

春名は誰にも庇ってもらえないシチュエーションに失望を感じていました。クラスは薊の独壇場。誰も反論できないし、援護を求めても誰も呼応できないと語るノリコ。

ここで黒井の中に入っている薊が怒り出していきます。自分自身だからこそ、わかる過去の自分。誰も薊のねじ曲がった考えを正す機会がないからつけあがると強く強調。もっとアイツに怒りなさいと喝を入れていきます。

『私は誰も呼応してくれなくたって薊を止める』

『オレは呼応するよ』

自由太は黒井の中に入っている薊に協力する事を伝えていきます。そして春名も黒井雪側につく事を表明。ただし、まだ春名が階段から突き落とした犯人だと思っている薊。

本当に裏切らないのか…やり直せるのか…問いかけていきます。

『だからーオレはマジでんな事やってねーっての!』

何度もそれについては否定する春名。
ここで本当に春名ではないのかと思い出す薊。春名も仲間に加わって喜ぶノリコ。

そして幽体化した黒井雪にも謝罪していく薊。

『今日はごめん…黒井の事、何も考えず勝手な行動して状況悪化させた』

初めて謝られた事に驚く幽体化した黒井。そして自由太、ノリコ、春名達が仲良くしている光景を見て今のこの光景を忘れないと心に誓っていく薊。14話へ続いていく。

サイソウフレンズ【13話の感想】

サイソウフレンズ

春名も黒井雪側(未来の薊)の仲間になってくれました。これでまた未来は変わるのか…。そして今までより狂気っぷりが増していく高校時代の薊。このタイムリープと何か因果関係があるのか…。

過去の薊はより凶暴へ。
未来の薊はようやく人の気持ちを理解できるように…。相反していく二人の同一人物。

本当に面白い漫画。同時に未来がどう変化をしていくのか…黒井は死なずに助かるのか…未来の薊の運命はどうなるのか…。目が離せない漫画です!


サイソウフレンズ

サイソウフレンズ

原作・著者江唯みじ子
価格100円(税別)

自らのパワハラが原因で会社を辞めることになった薊は、久しぶりに高校の同窓会に出席することになる。周囲から慕われ女王として君臨していた薊は、過去を思い起こしもう一度戻りたいと願う。しかしその過去には取り返しのつかない暗い出来事もあった。自分の罪は自分で償う? 過去と現在を行き来するタイムリープサスペンス!

今すぐ試し読みする


※ストア内の検索窓に漫画タイトル「サイソウフレンズ」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

サイソウフレンズ【ネタバレ関連記事】