サイソウフレンズ【5話ネタバレ】過去の自分に反撃の狼煙を上げる!?

サイソウフレンズ

江唯みじ子先生が描くタイムリープサスペンス「サイソウフレンズ」第5話。

幽霊化した黒井雪と対面を果たす事になる薊。今回は黒井雪といった女性の人間性が明かされると共に、雪の身体に転生した薊が運命を変えようと遂に動き出していきます。

まずは陰湿な薊苛めをしていたノリコを自分の味方にしようと企んでいく黒井雪(中身は薊)…これから運命を変えて、性格も変える事が出来るのか…。注目の内容ですよ!

この漫画の試し読み
サイソウフレンズ

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で取扱い&試し読み可能!過去と現在を行き来するタイムリープサスペンス!

今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓に漫画タイトル「サイソウフレンズ」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

サイソウフレンズ

サイソウフレンズ【4話ネタバレ】親友男子が懐いていた本当の意図を知る!?

2020年1月29日

サイソウフレンズ【5話ネタバレ】

自暴自棄になっていた薊の前に現れた半透明で幽霊のような黒井。その姿を見た薊はタイムリープして黒井の身体に転生する訳は黒井の仕業だと思いこんでいきます。

『あんたの仕業だったのか…怨霊になって私をこんな目にあわせてたってわけか…』

一方的に喋る薊。
一呼吸つくとようやく黒井が口を開いていきます。

薊がタイムリープして黒井の体に転生するのは、黒井雪が自らの意志で行っている事ではないと説明。彼女自身も身体を乗っ取られて困惑をしていました。

目の前にいるのは死んだ黒井雪の怨霊ではなく、まだ生きている状態の黒井である事を知った薊。この時代の件もあって黒井雪との対面に気まずさを感じていきます。

憎かった相手は超ドライな性格!?

状況を整理していく薊。
彼女は魂だけが高校時代の8年前にタイムリープ。魂は黒井雪の身体に入り込み、黒井の魂は外に追い出される形へ。

なんとなく状況を理解してきた薊。
同時に落ち着きすぎている黒井に苛立ちを感じていく事へ。また高校時代、黒井に腹が立っていたもう一つの部分を思い出していきます。

『どんな目にあっても無表情でこのくらいどうって事ないって態度…』

この冷静沈着過ぎる黒井の態度も薊が彼女を気に食わなかった理由の一つでした。とにかく今の不可思議な現象が起きている理由を解明しようと前のめりになっていく薊。

そんな彼女に口を開く黒井雪。

『理由を知っても対処できかも知れない、それなら知らない方がいい』

『私が苛められてた理由が名前を間違えただけなんて知らない方が良かった』

高校時代の薊と対面した時に伝えた言葉を幽霊化した黒井に聞かれていた薊。困惑する中、冷静な黒井は図書室に行くと残して去ろうとしていきます。

去ろうとする黒井を引き止める薊。彼女は今の状況であっても『本さえ読めればこのままで構わない』といった自分の信念のようなものを薊に伝えて去っていきます。

過去の自分自身に反撃開始!?

黒井として死ぬ運命は嫌…怯えて過ごすのもまっぴら…。黒井雪に転生した薊はこの状況を打破しようと考えていきます。できるだけ自由太に頼る事なく…。

場面は教室へ。
高校時代の薊は友人だろうが誰だろうが無神経に傷つく言葉を息を吐くように伝えていきます。この時、ターゲットになっていたのはノリコ。

薊からの嫌味、皮肉めいた言葉に内心では怒りがこみ上げていくノリコ。彼女は憂さ晴らしも兼ねて薊が席を立つと彼女の弁当に「鼻くそ」を投下していきます(笑)

そのノリコの一部始終をスマホで撮影していた黒井に転生した薊。

昼食後、ノリコに接触。
彼女が薊の弁当に鼻くそを入れている証拠映像を見せつつ、脅していきます。今までとまったく雰囲気の違う黒井雪にビビっていくノリコ。

『なんでもするから盗撮動画を薊に見せないで…お願い』

今まで苛めていた黒井雪に泣きべそをかいて謝るノリコ。

『味方になって私の!』

黒井雪に転生した現代の薊は運命を変えるため、まずはノリコから手管にしていく事へ。自分自身と運命を変える闘いがスタートしていきます。ここで第5話は幕引き。次巻へ続きます。

サイソウフレンズ【5話の感想】

サイソウフレンズ

覚悟を決めて自分自身に反撃開始の狼煙を上げる内容。

薊vs薊にどんな結末が待っているのか…。また5話の配信と同時に6話も配信されました。6話の方では黒井雪の自殺に関する、違った解釈が薊の中に現れてきます。

6話からサスペンス色も一気に濃くなっていきます。ミステリーやサスペンス。そしてタイムリープと聞くと反応してしまう人は絶対にお勧めできる漫画。分冊版は1冊100円(税別)とお求めやすいのも魅力です!


サイソウフレンズ

サイソウフレンズ

原作・著者江唯みじ子
価格100円(税別)

自らのパワハラが原因で会社を辞めることになった薊は、久しぶりに高校の同窓会に出席することになる。周囲から慕われ女王として君臨していた薊は、過去を思い起こしもう一度戻りたいと願う。しかしその過去には取り返しのつかない暗い出来事もあった。自分の罪は自分で償う? 過去と現在を行き来するタイムリープサスペンス!

今すぐ試し読みする


※ストア内の検索窓に漫画タイトル「サイソウフレンズ」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。