サイソウフレンズ【4話ネタバレ】親友男子が懐いていた本当の意図を知る!?

サイソウフレンズ

江唯みじ子先生が描くタイムリープサスペンス漫画「サイソウフレンズ」第4話。今回で薊は高校時代、親友男子であった自由太が何故、あんなに自分に懐いていたのか…本当の意図を知る事になっていきます。

懐かれていたので自分に好意を持っていると勘違いしていた薊。赤面と言うよりも惨め…。

そして4話では重要人物である黒井雪本人の意思が薊の前に姿を現していきます。脳内で囁いていた声の主。一体彼女は過去のいじめっ子に何を語るのか…。注目の内容です!

この漫画の試し読み
サイソウフレンズ

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で取扱い&試し読み可能!過去と現在を行き来するタイムリープサスペンス!

今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓に漫画タイトル「サイソウフレンズ」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

サイソウフレンズ

サイソウフレンズ【3話ネタバレ】影で行われていた同級生からの屈辱行為に衝撃!

2020年1月25日

サイソウフレンズ【4話ネタバレ】

高校時代、友人だと思っていた仲間達から裏で酷い扱いをされていた事を知る薊。高校時代へタイムリープして黒井の体に転生した薊は第三者目線でその実態を目の当たりにしていく。

同時に現世の自分の体に戻ってきた薊。
急いで同窓会を行っている居酒屋に向かい、ノリコに襲いかかっていく。髪を引っ張り、手を出していく薊。

『唾を私の飲み物に入れて飲ませてただろ、高校の時に!』

薊は気づいていないものだと思っていた過去の仲間達。口を滑らせて誰かが『なんで知ってんの?』とつい言葉に出してしまう。

その発言でノリコだけでなく、周りの皆が知っていた事を察知する薊。拳を握りしめてさらに怒りが込み上げていく。また薊に乱暴されたノリコは鼻血を流しており、警察へ連絡するよう周りに助けを求めていく。

ふと我に返った薊の脳裏には階段から落ちて死んでしまった自由太の姿。

再び舞い戻る高校時代…

警察を呼ばれて、自由太の件もバレたら人生が滅茶苦茶…。その場から走って立ち去っていく薊。心の中で『誰でもいい…私を助けて…』そんな感情が芽生えると水に飲み込まれていく薊。

暗転して意識が戻ると再び高校時代、黒井雪の体に転生していた。

黒板に記載されていた日付を見て、ふと思い出す。黒井が自殺したのは高校3年の冬。今日は10月28日。もし元に戻れなかったら自分は黒井雪として過去で死ぬのだろうか…。そんな不安が頭を過っていく。

そして黒井が自殺した当日を思い出す薊。
黒井は学校の屋上から飛び降りて、薊の前に落ちて死んでいたのだ。

教室では高校時代の自分自身が鋭い眼光でこちらを睨んでいた。

高校時代・男親友の本当の意図を知る…

授業以外はなるべく、教室から離れる決意をしていく。すると脳裏で『ダメだよ、戻った方がいい』といった囁きが聞こえてくる。同時に黒井雪を探すクラスメイト達。

見つかりそうになった瞬間、黒井を隠すように自由太が現れて、黒井を探すクラスメイトに見当違いの方を指して『向こうへ走っていった』と伝えていく自由太。

そして、黒井雪に対して忠告をしていく自由太。

『何やってんだよ、教室にいろって言っただろ!』

黒井雪に対して感情的な自由太を見て驚く中に入っている薊。すると自由太を探していた薊と対面してしまう事へ。上手い事を言って黒井と薊を離そうと誘導していく自由太。

『自由太、私、昨日この人に酷い事言われちゃったんだよね〜』

自由太は体を反転させて、黒井のもとへ向かっていく。そして黒井のカバンを無理やり取り上げて、窓を開け、カバンを投げ捨てていく。その際、黒井に「ごめん」と小さく呟く自由太。

カバンは植木の上に落ちており、植木がクッションになって中身は全部無事。ここで気づく黒井に転生した薊。

自由太が高校時代、自分自身の側にいたのは黒井を守る為であったことを…。

自由太に好意を持たれていると勘違いしていた薊は自分自身を哀れに思っていく。

本当に周りの事を知らず、女王様を気取っていた高校時代。自身が惨めになっていき、自暴自棄へ。未来を変えられる訳がない…。そう思ってカバンを乱暴に扱っていく。

すると目の前によく知る人物が現れる。

『…ひどい、私のカバンに何故こんな事するの…』

恐らく薊にしか見えていないであろう、黒井が目の前に現れてくる。

サイソウフレンズ【4話の感想】

サイソウフレンズ

薊にとってはツラいだろうが、自業自得なのでしょうがない…。世紀の嫌われ者であるのだから。

黒井雪を守ろうとしていた人物は自由太だけのように、見えるが、何故彼は黒井を守ろうとしていたのか…彼の気持ちも気になる部分。そして読んでいた読者なら薄々気づいていただろうが、遂に姿を現す黒井雪本人。

何を大人になった薊に語っていくのか…。今後も要注目のタイムリープサスペンス漫画である!


サイソウフレンズ

サイソウフレンズ

原作・著者江唯みじ子
価格100円(税別)

自らのパワハラが原因で会社を辞めることになった薊は、久しぶりに高校の同窓会に出席することになる。周囲から慕われ女王として君臨していた薊は、過去を思い起こしもう一度戻りたいと願う。しかしその過去には取り返しのつかない暗い出来事もあった。自分の罪は自分で償う? 過去と現在を行き来するタイムリープサスペンス!

今すぐ試し読みする


※ストア内の検索窓に漫画タイトル「サイソウフレンズ」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。