サイソウフレンズ【12話ネタバレ】過去の自分の狂気っぷりに心底恐怖を抱く薊…!?

サイソウフレンズ

タイムリープ入れ替わりサスペンス漫画「サイソウフレンズ第12話。今回は薊の狂気がクラスメイトを襲っていきます。その狂気っぷりは未来から来て黒井に転生している薊が恐怖を抱くほどに…。

未来の薊は高校時代の薊…自分自身を止める事ができるのか…。また初期の頃の薊も描かれていって彼女が豹変していく様も感じ取れていきますよ!

この漫画の試し読み
サイソウフレンズ

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で取扱い&試し読み可能!過去と現在を行き来するタイムリープサスペンス!

今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓に漫画タイトル「サイソウフレンズ」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

サイソウフレンズ

サイソウフレンズ【11話ネタバレ】未来でも薊を襲う人物現る!?

2020年6月25日

サイソウフレンズ【12話ネタバレ】

サイソウフレンズ

自由太が薊に初めて会った時の事を思い出していく。意外と陰キャ体質の自由太。クラスメイトに苦手なタイプが揃っていた気鬱になっていた。そんな中で声を発するのが薊であった。

『静かにしてくれない?』

最初は孤立していた薊。ノリコが絡んでいく。背が高くキリッとした顔立ちで物怖じしない態度にはっきりした口調。存在感を一気に示していく薊。

実は彼女、2年生まで別校舎の特進クラスにいた。特進クラスは学校の事情で3年生から無くなっており、その日、初めて薊は自分の存在を一般校舎の方で轟かせていく。

周りを見てはイキっている人間を尽く論破していった薊。彼女がクラスの中心になるのは必然であった。当初は良い意味でクラスを引っ張っていた薊。

黒井の中の別の存在に感づき始める自由太…!?

自由太の回顧も終わると場面転換。
教室に停学の解けた春名が訪れてくる。淡々と春名に嫌味を纏った言葉を投げかけていく薊。彼のせいで薊達は先生達に事情聴取、現在も監視の目が厳しくなった状態であった。

『今もよく見張られてるようでほんと最悪だけど元気そうでなにより』

薊の心無い言葉に血の気が引いていく春名。

一方、黒井に転生している未来の薊。黒井を階段から突き落とそうとした人物は春名だと思っている。その為、この機に乗じてさらに春名にお灸を据えようと企んでいく。ただ黒井自身、春名の恨みを買うようなことは身に覚えがなかった。

春名にお灸を据える計画を進行していく未来の薊。彼女を尾行していく自由太。

そんな中、ノリコと校舎裏で接触を図っていく。その様子を見ていた自由太。黒井雪のノリコが一緒に普通に会話している事が事態がありえないと判断。

『やっぱりアレは…アレは…』

自由太の中で現在の黒井雪に対してある考えが浮かび上がっていく。確信を得たい自由太。その後も黒井雪を追いかようとしていくが瑠衣にロックオンされていく自由太。

黒井雪を助ける件で瑠衣に誤解を与えてしまった自由太。一応、黒井を助ける為であって本心ではない事は伝えているようだが瑠衣は自由太に笑顔を見せていく。

『大丈夫、イヤじゃなかったから』

もっと慎重に考えて行動すべきであったと思う自由太。

高校時代の薊の狂気っぷりが増していく!?

教室に戻ると薊と春名が対峙していた。
春名の鞄から第2弾と称した中学校時代の薊の写真が出てきていた。以前のばら撒き事件も犯人は黒井から春名へと犯人説が移行していく。

高校時代の薊は完全に春名をロックオン。そして黒井雪を見遣る自由太。

彼女の口元がニヤついていた。完全に確信を得た自由太。

『薊なんだ…本当に黒井の中に未来から来た薊が入ってるんだ』

春名の鞄にプリント写真を入れたのも黒井の中の薊の仕業だと確信を得ていく自由太。

一方で高校時代の薊は春名に制裁を加えていく。教室の床に手をつけさせていく薊。そのまま鉛筆を春名の手の甲に刺していく。

『うっそ』

高校時代の自分の狂気っぷりに驚く黒井の中にいる薊。同時に自由太も今の薊に恐怖を感じていく。彼女は自ら手を下す事はしないはずなのに…今回は自ら春名に傷をつけていく。

『薊はなぜこんなに変わってしまったのだろう』

そんな中『私がやった』と自首していく黒井の中にいる薊。自分が写真をコピーして春名の鞄に入れたと暴露していく。

『紅葉郎の誕生日』

この一言で犯人が黒井だと確信を得る高校時代の薊。それは薊のパソコンのログインパスを示す言葉であったのだ。

客観視していく自由太。
黒井の中にいる人物が黒井でない事は明白であった。同時に彼は中の人物が「薊」でもないと考えていく。その理由はそう思える程に彼女が自分に心底、恐怖を抱いているように見えたからであった。

黒井の中の薊。
彼女は恐怖を気取られないように必死で震えを抑えていた。ここで第12話は終了。

サイソウフレンズ【12話の感想】

サイソウフレンズ

高校時代の薊がさらに悪い方に進化していっているように見えますね。そして自由太も感じていましたが、薊がこんなにも禍々しくなってしまった理由は何があるんでしょうか。

そして黒井雪の体に入っているのが別の人間であると確信を得ていく自由太。未来の薊に協力してくれるのか…。

増々、目の離せない展開!
サイソウフレンズは高校時代に「世紀の嫌われ者」と陰口を叩かれていた薊がイジメていた黒井雪に転生。過去で未来を変えようと奮闘する物語になっています。

面白いので興味が出た人は是非、読んで欲しいお勧めの漫画!


サイソウフレンズ

サイソウフレンズ

原作・著者江唯みじ子
価格100円(税別)

自らのパワハラが原因で会社を辞めることになった薊は、久しぶりに高校の同窓会に出席することになる。周囲から慕われ女王として君臨していた薊は、過去を思い起こしもう一度戻りたいと願う。しかしその過去には取り返しのつかない暗い出来事もあった。自分の罪は自分で償う? 過去と現在を行き来するタイムリープサスペンス!

今すぐ試し読みする


※ストア内の検索窓に漫画タイトル「サイソウフレンズ」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

サイソウフレンズ【ネタバレ関連記事】