タコピーの原罪【上ネタバレ】少女と異星人が織りなす衝撃の小学生ドラマ!

タコピーの原罪(上)

人気沸騰話題騒然、『タコピーの原罪』上巻である。4月に下巻の刊行が予定されており、それで完結とみられる。

タコピーの原罪【上】あらすじ

タコピーの原罪(上)

最終的に全何話になるのかは今の時点では不明だが、上巻には1話から7話までが収録されている。

さて、この物語の主要登場人物は、主に地球人が三人と、主人公(?)の「タコピー」である。ハッピー星人という異星人の子供で、本当はタコピーという名前ではないのだが、地球ではそう呼ばれている。

三人の地球人についてだが、まず「しずか」という少女。第一話でタコピーと出会う。そして、そのしずかを虐めている「まりな」という少女。三人目が、「東」くん。東は上の名前。

この漫画の試し読み
タコピーの原罪(上)

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で配信中の作品です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「タコピーの原罪」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

タコピーの原罪【上】ネタバレ

タコピーの原罪(上)

タコピーは異星人で、いろいろな不思議アイテム(役に立つものもあるが、立たないものの方が多い)を所持しているのだが、基本的に馬鹿で、無能である。

なんだか知らないが地球でひとり迷子になっていたところを、しずかという小学生の女の子に出会い、給食のパンを恵んでもらったりして、なんか仲良くなる。お礼に「ハッピー道具」と称する異星アイテムを使って何かしようとするのだが、しずかはあまり関心を示さない。

しずかは学校で割とハードないじめを受けている。いろいろあるが物理的暴力を含むやつである。だが、チャッピーという愛犬(大型犬)がいて、それだけが生きるよすが。

ところがある日、チャッピーの姿が見えず、ぼろぼろになったしずかがタコピーの前に姿を現す。で、タコピーは愚かなので「友達と喧嘩をしたのだ」と思い、「仲直りのリボン」という道具をしずかに渡すのだが。しずかはそのリボンを使って、自宅で首を吊りました。ここまでが一話である。

タコピーのハッピー道具の中には、時を巻き戻す能力を持ったアイテムもある。カメラの形をしており、それで写真を撮ると、撮影時点に戻ることができるようになる。たまたましずかの写真を撮っていたので、そこまで戻って、タコピーはしずかを救済しようとする。

だが、繰り返すがタコピーは馬鹿なので、その努力は明後日の方向にばかり向かう。何回やっても何回やっても、チャッピーが殺され、しずかが首を吊る、という結末が変えられないのである。

繰り返される循環の果てで、タコピーはまりなを『殴り殺した』。例のカメラでもって殴ったのだが、カメラはそこで壊れたので、そこから時は巻き戻せなくなった。

なぜかその現場に、東が現れる。宇宙人がやったのだ、と言うしずかに対して、「早く自首すべきだ」とひどく現実的なことを言う東少年。

しかし、しずかは少年院に行かされるのは嫌だからという理由で、東くんを誘惑し、彼に罪を着せようとする。タコピーの持ってる道具の中に、他者に変身できるというものがあるので、まりなの死体は山中に埋め、タコピーがまりなに化けて、日常を送ることになった。

しかし、そんな浅知恵がうまくいくはずもなく、死体はまもなく発見され、そして、まりなに化けたタコピーの前で、まりなの母親は号泣した。この母親も実はまりなを虐待していたのだが、それでも号泣したのである。「娘を返してください」と言って。

1巻はおおむねこんなところ。

タコピーの原罪【上】感想

タコピーの原罪(上)

いじめとか虐待とか生臭い設定がばんばん続くし、それで話題になっているという側面の大きい作品であるが、そういうものの「リアリティ」で売っている作品ではない、と個人的には思っている。基本的に、人間の本性がどうたらとか、そういう作品じゃない。非常に巧妙に作り上げられた、技巧的な漫画であるというのが筆者の読解である。

何にせよ、下巻もなるべく早く紹介するので、またそのときに。


タコピーの原罪(上)

タコピーの原罪

原作・著者タイザン5
価格658円(税込)

地球にハッピーを広めるため降り立ったハッピー星人・タコピー。助けてくれた少女・しずかの笑顔を取り戻すため奔走するが、少女を取り巻く環境は壮絶。無垢なタコピーには想像がつかないものだった。ただ笑って欲しかったタコピーが犯す罪とは…!?

今すぐ試し読みする


※コミックシーモアで先行配信されています。ストア内の検索窓にて「タコピーの原罪」と入力して検索すれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。