漫画「永遠に殺されつづける夏」ネタバレ!ループする世界から脱出する術はあるのか!?

永遠に殺されつづける夏

もう季節も肌寒くなってきましたが今回は漫画「永遠に殺されつづける夏」をご紹介。この作品は原作:絵島聖先生、作画:森野眠子先生のタッグで描かれている漫画。

メインキャストは高校生である宏樹(ひろき)と真紅(しんく)の男女二人。

夕方5時になると周りがふと暗くなり、現れる謎の顔なしサラリーマン…。二人に刃物を持って近づいてきて…襲いかかってくるのだ。顔なしサラリーマンは問答無用で二人を切り刻んでいく…。

ふと気がつくと目が覚めたような感じに陥る二人。夢だったのか…そう思う宏樹と真紅の二人であったが二人共同じ夢を見ていたのだ。

突如、現れる謎の男の正体は…戦慄が走る恐怖のホラー漫画となっていますよ☆彡

この漫画の試し読み
永遠に殺されつづける夏

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」にて無料試し読み可能!

今すぐ試し読みする

漫画「永遠に殺され続ける夏」ネタバレ

幾度となく現れる謎のサラリーマン男…

謎のサラリーマン男に殺された二人。夢でも見ていたかのように目が覚める。そしていつもの日常。しかし、再び夕方5時になると周りが暗転。宏樹と真紅だけ人の気配がない空間へと飛ばされてしまう…。

そして二人の前に謎の顔なしサラリーマン男が登場。

サラリーマン男の目的は自分たちを殺すことだと知っている二人。宏樹が真紅の手を引っ張り学校内をとにかく逃げ回っていく。

そして宏樹がサラリーマン男と対峙するべく、武器を調達。野球バット片手にサラリーマン男の顔面を殴打して倒したかに見えたが…何事もなかったかのようにムクリと起き上がるサラリーマン男…。

二人は逃げ切る事ができず、やはり殺されてしまう。

以降も夕方5時になると人の気配がなくなり、サラリーマン男が登場。二人の心をへし折るべく何度も同じことのループを繰り返していくのだ。まさに漫画タイトルのように「永遠に殺され続ける空間」へと誘われてしまう…。

謎の顔なしサラリーマンの目的は一体何なのか…!?

ちなみに二人は殺されると日付が1日戻ったところで復活…というか目覚める。そして翌日の夕方5時に再びサラリーマン男が登場してくるのだ。

正直、1巻ではサラリーマン男の目的や正体などはまったく明かされませんが真紅が目的に関して一つの気づきを得ることになります。

真紅はサラリーマン男が何度も自分たちを殺して心をへし折り、自殺に導くのが目的ではないかと推測。

実際の部分はまだわかりませんが、心を折って自殺に追い込もうとする目的があるはず…。

徐々に距離が縮まっていく二人…

ホラーサスペンス漫画だけどラブストーリー要素も兼ね備えられています。

二人は幼馴染で宏樹は真紅の事が好き…真紅は宏樹とずっと良い仲でいたいと考えていますがサラリーマン男に襲われて、男らしい宏樹と接する内、徐々に気持ちに変化が現れてきます。

1巻終盤に差し掛かるに連れて宏樹に胸をときめかせる部分が増えてくる真紅。

もしかしたらだけど二人の気持ちが結びついた時に夕方5時の呪縛は解放されるのかも…(笑)

漫画「永遠に殺され続ける夏」感想

永遠に殺されつづける夏

謎に満ちたホラー要素と閉ざされた空間で気持ちが結び合っていく二人のラブストーリーを描いた作品。ホラーサスペンス漫画ですが、なんでしょう…絵の可愛らしさもあり、そこまでドギツイ怖いホラー漫画ではありません。

比較的、ホラーやグロエグ耐性の低い人でも楽しめる漫画となっています。

青春真っ只中である宏樹と真紅は閉ざされた空間の謎やサラリーマン男の正体を突き止めて負の連鎖を止めることができるのか…!? 微ホラーといった感じなのでホラー耐性の低い方でも楽しむことができる作品。興味を持った人は試し読みも可能なので是非、チェックしてみてください☆彡


永遠に殺されつづける夏

永遠に殺されつづける夏

原作・著者絵島聖 / 森野眠子
価格350円(税別)

女子高生の真紅と幼馴染の宏樹が迷い込んだ、繰り返される恐怖の一日は、現実なのかそれとも――。放課後、二人は公園でいつものとおり楽しい時を過ごしていたが、夕方5時のチャイムとともに現れた、一人の謎の男に襲われて命を落とす。そして目を覚ますと、なぜか同じ日の朝だった。同じ体験をしていた二人。そして繰り返し訪れる恐怖の夕方。永遠に殺されつづけるループから逃れようと、二人はあの手この手で反撃を試みるが…。

今すぐ試し読みする