サイソウフレンズ【16話ネタバレ】自分の体に戻る黒井…自由太と束の間の逢瀬!

サイソウフレンズ

江唯みじ子先生のタイムリープサスペンス漫画「サイソウフレンズ」最新話となる第16話

今回は久しぶりに黒井雪が自身の体に意識が戻っていきます。そして自由太とのラブラブっぷりを見せていく事へ。

そして未来の薊は高校時代の自分の怒りの対象を変えるべく、ある作品を計画して実行に移していく事へ。彼女が教室にばら撒いた手紙の内容に驚愕。

どんな展開を見せるのか…目が離せませんよ!

この漫画の試し読み
サイソウフレンズ

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で取扱い&試し読み可能!過去と現在を行き来するタイムリープサスペンス!

今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓に漫画タイトル「サイソウフレンズ」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

サイソウフレンズ

サイソウフレンズ【15話ネタバレ】巨大カマキリ女に牙を剥く決意をするノリコが爽快!

サイソウフレンズ【16話ネタバレ】

サイソウフレンズ

ノリコの反逆によって窮地を救われる事になった未来の薊。彼女の帰りを待っていた自由太と合流。泥々になっている薊とノリコの姿を見て自宅のシャワーを貸す事へ。

自由太の母親の仏壇に手を合わせる幽体化した黒井。

そして自宅に帰る最終バスが18時半である事を伝えていく。今からでは間に合わない…すると自由太が泊まっていけばいいと提案。ノリコ、薊は自由太の言葉に甘える事へ。

放課後の事情を話すノリコ。
腕を調べていないのは残り4人だと伝えていく。その4人が誰なのか尋ねる自由太。

『薊とキミちゃん、マリモ、それからルイ』

ムードメーカー的な存在であるノリコは黒井と自由太の関係についても土足で尋ねていく。照れる自由太。中身に入ってる薊もノリコの合わせて対応していく。

そして、黒井の体に入って2日目の夜。
薊は精神的な疲れから爆睡。そんな彼女に近づく黒井。自分の意識が体に入っていく。

一人で黄昏れていた自由太のもとへ顔を出す黒井。彼も直ぐに黒井の中に入っているのが黒井だと察知する(ややこしい)

笑顔で見つめ合う二人。
外に出て下り坂を思いっきり走っていく。そして中にいた薊について尋ねる自由太。

体には薊の意識がまだメインであり、その中に自分が入り込んでいる状態だと伝える黒井。また自由太は黒井の薊に対する呼び方について尋ねる。

未来の薊は「薊さん」、高校時代の薊は「武藤さん」と分けていた。

『どっちも同じ人間だけどね最低最悪の…』

心の奥底で薊を嫌っていた自由太。黒井は薊をフォローする言葉を自由太に伝えていく。彼女が私を殺した訳ではないと…。同時に自由太は黒井が死んでしまう事が恐いと伝えていく。

黒井は両親の話を自由太に伝えていく。暗い話であるが黒井は少しだけ死にたい願望を持っていた。もし両親の所に連れて行ってくれるバスがあれば迷わず乗ると考えていた黒井。

しかし、自由太と仲良くなってから暗い事を考えなくなったと語る黒井。

『絶対乗らないで、そのバスに!これからもずっと!』

『うん、今そう言おうとしてた』

手をつなぎ、見つめ合う二人。そして翌朝になっていく。学校では薊にチクった人物について考察する未来の薊とノリコ。二人が辿り着いた答えは薊にチクった人間が黒井を殺そうとした犯人の可能性が高いであった。

そうすると薊以外の3人が一気に怪しくなっていく。

しかし、昨日の事件もあってノリコはまだ教室に入る覚悟が出来ていなかった。薊と共に草木に隠れて様子を見に行ってくれた自由太を待つ二人。

待っている間に春名と友人であるキヨちゃんのやり取りを目の当たりにしていく。友情関係にヒビが入っていた二人。その様子を見て薊は『いいこと思いついた』と自由太を呼び出してお願い事をしていく。

メモ用紙を自由太に渡して適当に数人の机の上に置いて欲しいと伝える薊。

教室内にメモ用紙が回っていく。
中身を見て仰天するのは薊…そしてキヨちゃんこと佐々木清成の二人であった。

手紙の内容はこうだ。

『夏休みにアザミの処女をいただきました』

ちゃっかりとその時に流していたBGMまで記していく。未来の薊の狙いは『高校時代の薊の怒りの対象を逸らす』ことであった。ここで第16話は終了。

サイソウフレンズ【16話】感想

サイソウフレンズ

未来の薊の企みが炸裂しようとしていく第16話。
また自分の体に一時的に戻った黒井。自由太との束の間の逢瀬に幸せが詰まっている描写でした。やっぱり黒井と自由太はお似合いのカップルですね☆彡

そして黒井の命を狙う人間も3人まで絞れてきました。

キミ、マリモ、ルイの3人。今までキミやマリモの関してのバックストーリー的な描写はないので、ルイが犯人がやっぱり濃厚な感じですね。自由太に好意を抱いている女性ですから、黒井を狙っても不思議はありません。

ここからどんな展開が待ち受けているのか…続きが楽しみで仕方ない漫画の一つです!


サイソウフレンズ

サイソウフレンズ

原作・著者江唯みじ子
価格100円(税別)

自らのパワハラが原因で会社を辞めることになった薊は、久しぶりに高校の同窓会に出席することになる。周囲から慕われ女王として君臨していた薊は、過去を思い起こしもう一度戻りたいと願う。しかしその過去には取り返しのつかない暗い出来事もあった。自分の罪は自分で償う? 過去と現在を行き来するタイムリープサスペンス!

今すぐ試し読みする


※ストア内の検索窓に漫画タイトル「サイソウフレンズ」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

サイソウフレンズ【17話ネタバレ】亀裂の入っていた友情が修復!?

↓↓以下でサイソウフレンズのネタバレをまとめています↓↓
>>サイソウフレンズ【ネタバレまとめ】最新話から結末まで公開中!