わたしの幸せな結婚【9話ネタバレ】外見も行動もイケメン過ぎる未来の殿方が最高!

わたしの幸せな結婚(8話)

分冊版となる漫画「わたしの幸せな結婚」第9話。
街で恐怖の妹である香耶と遭遇してしまう美世。彼女から放たれる辛辣な言葉の数々に言い返せず、自分自身に嫌気が差していくことへ。

また街で一悶着中、斎森家には清霞の姿が…。
美世を正式に奥方に迎え入れようとする清霞は斎森家当主であり美世の父親にある条件を突きつけていきます。

清霞がイケメン過ぎる行動をしていく第9話。そして香耶が清霞に一目惚れしてしまう場面も…。注目の内容です!

この漫画の試し読み
わたしの幸せな結婚【分冊版】

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」にて無料試し読み可能!

今すぐ試し読みする

わたしの幸せな結婚(8話)

わたしの幸せな結婚【8話ネタバレ】恐怖を呼び起こす妹と遭遇してしまう!?

2020年3月26日

わたしの幸せな結婚【9話ネタバレ】

街で偶然にも遭遇してしまった妹・香耶。美世を見るなり近づいてきて、見下す発言をしていきます。

『どこぞで野垂れ死んでいると思っていたのに…』

香耶の見下し発言が美世を襲っていきます。聞くに耐えなかった言葉に幸次は発言を止めようとしますが、黙っててと香耶に言われて、まったく威厳のない幸次。

美世の中で今までにない感情が芽生えていきます。

『何か言い返したい』

斎森家を実質的に追い出された身である美世。反論しても問題にはならないと脳裏を過っていきますが、彼女の口から出た言葉は…。

『申し訳ありません』

香耶を前にして恐怖に支配されてしまう美世。さらに清霞、ゆり江の優しさに触れて心が脆くなってしまった事に気が付きます。変われない自分への腹立たしさ…香耶の前で弱くなった自分を晒せないといった心情が入り混じっていく中…ゆり江が戻ってきます。

香耶は満面の笑みでゆり江に挨拶。
コミュ力の高い香耶に不安が過っていく美世。ゆり江や清霞もいつかは香耶の笑顔に騙されて、香耶の味方になってしまうのではないか…。

そんな思いが過る中、ゆり江が口を開きます。

『美世さまはわたくしの主の奥方になられる大切なお方です』

ゆり江は美世が久堂清霞の未来の奥様である事を強く香耶に強調していきます。意外な言葉に面喰らい、最後の嫌味だけ吐き捨て去っていく香耶。

『嫌い…こんなわたしなんて大嫌い…』

美世の心の中は言い返せなかった自分に自虐。

波乱をもたらす出会い…!?

一方、清霞は斎森家を訪れており、当主である美世の父親へ正式に美世との婚約、結婚を考えていると伝えていきます。同時に久堂家と斎森家の関係をはっきりさせましょうと切り出していきます。

清霞は今回の結婚で斎森家へ何かしらの還元をする事に抵抗がある事を伝えていきます。見返りが欲しい斎森家当主。口を開こうとすると遮るように言葉を発する清霞。

『条件がある、あなたがたが美世に心から謝罪するなら結納金を多めに用意するくらいはしよう』

その後は縁を切る事を伝えていく清霞。最後に斎森家が美世に何をしてきたのか全て知っている事を明かしていく。困惑して考える時間が欲しいと伝える斎森家当主。

斎森家には街から戻ってきた香耶。
幸次は美世を庇い、美世はまだ久堂家を追い出されていない事もあって苛立っていた。だんまりを決め込む幸次に沸々と怒りがこみ上げていく香耶。

そんな時、奥から歩いてくる一人の男性を見遣っていく。清霞である。その美貌に一瞬で心を奪われていく香耶。

『なんて綺麗な人…』

ここで第9話は終了。

わたしの幸せな結婚【9話の感想】

わたしの幸せな結婚(8話)

香耶が清霞に一目惚れしてしまう第9話。
これが波乱をもたらす出会いとなるのか…。ちなみに香耶は清霞が嫌う典型的なご令嬢タイプの女性。この二人が交わることはないと思うが…どんな波乱が待ち受けるのか…。

そして香耶との再会で自信を再び失ってしまう美世。無事に清霞への贈り物である組み紐を完成させて届ける事ができるのか…。

今後の展開も楽しみ過ぎる漫画である。是非☆彡


わたしの幸せな結婚【分冊版】

わたしの幸せな結婚【分冊版】

原作・著者顎木あくみ / 高坂りと / 月岡月穂
価格100円

異能の家系に生まれながら、その能力を受け継がなかった娘、斎森美世。能力を開花させた異母妹に使用人のように扱われていた。親にも愛されず、誰にも必要とされない娘。唯一の味方だった幼馴染も異母妹と結婚し家を継ぐことに。邪魔者になった美世は冷酷無慈悲と噂される久堂家に嫁ぐことに…。

今すぐ試し読みする