ブス界へようこそ【ネタバレ】ブスだけの世界で競争と階級を巡る闘争が開始!

ブス界へようこそ

漫画「ブス界へようこそ」は河野大樹先生が描くインディーズ漫画。一部の電子書籍ストアに「ブス界へようこそ」の電子単行本が配信されました。Amazon Kindleにて無料連載されている異色の作品。

電子単行本として持っておきたい、一冊で複数話を読み進めていきたい人!なんて人には電子単行本がおすすめ!値段以上のボリュームもあって読み応え抜群の漫画になっています!

この漫画は主人公である女性が「ブス界」といった弱肉強食の世界で生き残り、綺麗な人間になって生まれ変わろうとするファンタジー要素あり、バトル要素あり、女のヒューマンドラマあり…といった贅沢要素満載の作品。

独特な世界観に最初は「???」となるかもしれませんが、読み進めていくと夢中でページを捲るほどにハマる漫画。是非、興味が出た人はチェックしてみてください☆彡

この漫画の試し読み
ブス界へようこそ

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」にて無料試し読み可能!

今すぐ試し読みする

ブス界へようこそ【ネタバレ】

ブス界へようこそ

ブス界へようこその電子単行本1巻には第1話〜8話が収録されています。

1話ネタバレ

ブス界といった不可思議な世界の背景が語られていく。この漫画の舞台となるブス界。供給の門である菜温から美人が送り込まれてくる。そしてブス界の住人は美人を食べれば食べる程に綺麗になっていき、最終的には美人として生まれ変われる世界になっている。

この世界に気づくと入り込んでいたのがヒロイン。序盤だとまだ名前はないのだ。なので一応、ヒロインと呼称する。

気がつくとブス界に繋がる門にいて門番と喋るヒロイン。彼女は最後の綺麗になれるチャンスだと伝えられてブス界へ参加していく。

ブス界が生易しい世界だと思っていた彼女。
実際にブス界のリアルを目の当たりにして衝撃を感じていく。そこはブスが命をかけた欲望塗れの世界であった。誰もが綺麗になって生まれ変わろうとする世界。落ちてきた美人をブス達が取り合う世界であった。

2話ネタバレ

後に明かされるがブス界にはレベルが存在する。レベル1のブスは皆同じ顔をしているのだ。人と競う事に慣れていないヒロイン。この世界でやっていく自信がなくなっていく。

そんな彼女の前に変な乗り物が現れ、乗り物の中からブス界でレベル2の存在となる人物達が降りてくる。レベル1のブスに名前はないが、レベル2以降は名前が与えられるのがブス界。

この時、現れたレベル2の女性は万子といった名前がついていた。

万子は補佐である左蛇、右蛇を連れてレベル1のブス達を回収していく。そんな中、ブス界の現最高レベルであるレベル4の砂子も現れてくる。削除なる攻撃をして一瞬でレベル1を葬り去り、資源として回収していく砂子。

乗り物の影に隠れるヒロインだけは何とか無事。
万子達も砂子にはどう足掻いても勝てないので急いで逃げ出そうとするが補佐の一人、左蛇が捕獲されていく。

自身も窮地に立たされている事を悟るヒロイン。必死で生き残る方法を考えていく。

3話ネタバレ

この世界で命をかける女達の闘いを目の当たりにしていくヒロイン。左蛇が命をかけて万子、右蛇を守ろうと覚醒していく。そんな中、万子に見つかってしまうヒロイン。

ボコボコにされていく(笑)

万子達が乗ってきた乗り物に声をかけられてアドバイスを貰っていくヒロイン。『元は全員ただのブス』といった言葉を聞いた時、ヒロインの中で何かが変わり始めていく。

レベル絶対至上主義であるブス界。
低レベルが高レベルに実力で勝る事はないのだが、万子の攻撃に余裕で耐えていくヒロイン。

4話ネタバレ

ブス界にいる人間は『元は全員ただのブス』である事に気づいたヒロイン。この世界でなら戦えると気持ちが強くなっていく。乗り物のアドバイスもありながら徐々に覚醒し始めていく。

そしてヒロインはレベル4の砂子に成り切ることを決意。

彼女の体は限界点を突破。砂子に成り切ると決意したヒロインの体は体感時間4倍の異常な世界に突入していく。

そして攻撃を仕掛けてくる万子に対して強烈なカウンターをお見舞い。同時にヒロインの左目が禍々しく燃え盛っていく。

5話ネタバレ

レベル2である万子も本気を出していく。
攻撃を受けながら耐えていくヒロイン。どうやら攻撃が来る事を分かっているが体が追いついてこないらしい。彼女はレベル1の限界点に到達しており、レベル1の体ではこれ以上の性能が引き出せないと乗り物から説明を受けていく。

レベル2になって名前と個性を手に入れれば世界が変わるとアドバイスされるヒロインであったが、レベル2になる事を拒んでいく。むしろレベル1で万子に勝利して世界に自分を認めさせるとか…作者が自分に言い聞かせるような言葉をヒロインに吐かせていく(笑)

万子にボコボコにされていくヒロイン。
極限状態まで追い込まれたヒロインの体からは何かオーラのようなものが溢れ出始めていく。

6話ネタバレ

何かを掴み始めていくヒロイン。
まずは姿勢に着目。姿勢を正していく。背筋を伸ばす事で見える世界が変わっていくヒロイン。人間界にいた時はうつむきがちだった姿勢。それを正しただけで力が溢れていく。

そして彼女の中で新しい気持ちが芽生えていく。

『殴られたら殴り返して良いんだ』

苦しみを耐え忍ぶより気の済むまで殴り返す事を覚えたヒロイン。今までの自分と決別。万子に対して反撃を開始。

7話ネタバレ

自身を開放して初めて人を殴ったヒロイン。
同時に万子に勝利していく。彼女は負けを認め、自分を食べてレベル2に進化しろとヒロインに伝えていく。

弱肉強食の世界。
勝ったものは奪う事ができる世界。

しかし、ヒロインはレベル2を食べず、レベル1の状態で一つずつ答えを確認していくと自らパワーアップできる状況を断っていく。そして砂子の前に足を運ぶヒロイン。

『あなたの弟子にしてください』

頭を下げるヒロインであったが、この世界は実力が全て。レベル1がレベル4に口を利く事など言語道断。砂子の怒りがヒロインに向かおうとしていく。

しかし、砂子を排除する目的で別の派閥に属するレベル3・園子が登場。

8話ネタバレ

園子は万子達の上司にあたるような人間。負けた万子達を侮辱していく。万子を足で踏んで侮辱する園子が気に食わないヒロイン。

園子へ喧嘩を吹っかけていく。

レベル1vsレベル3の対決がスタート。圧倒的な実力差で手も足も出ないヒロイン。しかし、そんな彼女を眺めつつ、どこかヒロインに園子を殴り返してもらいたいと思っていく万子。

万子の気持ちは最高潮へ。
『お前が負けると自分の事みたいに悔しい』そう言って万子は自分の片腕を引きちぎって『食ってアイツを倒せ』とヒロインに伝えていきます。

万子から気持ちを受け取ったヒロイン。気持ちに応える為、腕をいただいていく。

ブス界へようこそ【感想】

ブス界へようこそ

想像以上に熱い漫画であり、想像以上にバトル、バトルしていく漫画である。

レベル1の姿がハゲおっさんのような風貌なので締まらないのだが…(笑)万子の腕を食してどんな姿や力をつけるのか楽しみ。ヒロインの成長要素も色濃くて楽しめる漫画に仕上がっています。

独特な世界観があるので好き嫌い分かれると思いますが、ストーリーに勢いがあって絵も躍動感があって自然と続きが気になって読み進めてしまう作品。興味が出た人は是非、チェックしてみてください。


ブス界へようこそ

ブス界へようこそ

原作・著者河野大樹
価格500円(税別)

死んだブスに与えられる最後のチャンス。。。それは綺麗な奴を食いまくって、綺麗な身体を手に入れて生き返るというもの。ブスであることに疲れて自殺した主人公は、ブス界という、不思議な世界で目を覚ます。そこは生前とは比べ物にならない程に強烈な、競争と階級の闘争社会だった……!

今すぐ試し読みする