ペッタん娘じゃダメですか?【4巻ネタバレ】誤解が生まれまくりで男同士の対立はカオス状態へ!?

ペッタん娘じゃダメですか?

吉沢雅先生が描く漫画「ペッタん娘じゃダメですか?」最新巻となる第4巻がコミックシーモア先行で配信スタート。ざっくりとした内容や感想をお届けしていきます!

今回は青葉と金髪美女の関係性が明らかになっていきます。そして青葉のココノに対する気持ちも判明していく事へ。

一方で桐山は酔っ払って寝てしまったココノをおんぶして繁華街を歩いていた。その姿を見てしまう青葉。ココノを巡る男同士に対立が勃発!?

この漫画の試し読み
ペッタん娘じゃダメですか?

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で先行配信中!全巻試し読みも可能です!

今すぐ試し読みする

ペッタん娘じゃダメですか?

ペッタん娘じゃダメですか?【3巻ネタバレ】酒の力で暴走するちっぱい女子とちっぱい好き男子!

ペッタん娘じゃダメですか?【4巻】ネタバレ

ペッタん娘じゃダメですか?

カラオケの一室で金髪美女と共にいた青葉。
彼は金髪美女から誘惑されていた。

『いっぱい触らせてあげるね』

大胆で積極的に青葉に自分の身体を差し出していく金髪美女。上半身の服を脱いでブラジャーも外していく。

『ちょっと待って…本当にありえないんだけど…』

美女に誘惑されていた青葉を口を開く。彼にそのつもりはまったくなかった。むしろ冷静にド正論を並べ立てていく青葉。美女は怒る。

『女の子に恥かかせる方がやばくない!?』

最初から美女とそのつもりはなかったと語る青葉。カラオケで遊びの誘いだったから付き合ったと…。美女にとって青葉の行動は思わせぶり。男女の関係や流れがわからないのかと怒りをぶつけていく。

『俺は友達だと思ってたからね!』

美女とは考えが合わないと伝えて立ち去ろうとする青葉。すると美女が引き止めて告白していく。好きなんだと…。しかし、青葉は真面目な子が好きだと告げていく。

『真面目ってもしかして…よく話に出てくるあの娘?』

よく話に出てくる娘はココノの事であった。彼女が名前が出ると表情が晴れていく青葉。

美女はココノより自分の方が良い女である事を強烈にアピールしていく。空気がピリついて冷める青葉。お話にならないと無言でカラオケ部屋を立ち去ろうとする。

『真面目って信じてるのかもしれないけど…真面目な人ほど…っていうよね?』

内心で美女を蔑む青葉。
ココノはお前と違って本当に真面目な子であると確信を持っていた。

そして青葉のココノに対する気持ちが明かされていく。彼にとってココノは恋愛感情よりも妹のような尊さを感じていた。

『でも最近…何か悩んでる気がするんだよね…元気がない』

楽観的な部分のある青葉。
女性は巨乳だけではない事を明日伝えようと意気込んで帰路についていく。

そんな中、桐山におんぶされた状態のココノのすれ違っていく。

『嘘!嘘!嘘だ!』

桐山が向かっていく先はラブホ。青葉も男に気づく。書店に来ていた貧乳好きの男だと察していく。そして妄想。彼がココノの相談に乗って酔わせて現在に至っていると。

このままではココノが野獣の餌食になる…そう感じた青葉は桐山に声をかけて変態扱いしていく事へ。

瞬時に誤解されている事に気づく桐山。しかし、暴走して周りの見えない青葉。

『信じられない…ここまで酔わせたら好きにできるもんなぁ…』

暴走する青葉。
彼の言葉の一つに妄想が広がってしまう桐山。脳内でココノのちっぱいに吸い付く映像が浮かび上がる。すると股間が元気になってしまう桐山であった。

それに気づく青葉。やっぱり目の前の男は変態であると判断。大声で警察を呼ぼうとしていく。

『マジで勘弁してくれ』

面倒事にならないように瞬時に青葉を蹴り上げて気絶させていく。そして青葉も引き連れてラブホへ入っていく事を決意する桐山。

『3人仲良くラブホとか…勘弁してくれよ…』

ここで第4巻は終了。

ペッタん娘じゃダメですか?【4巻】感想

ペッタん娘じゃダメですか?

青葉が一癖、二癖あるキャラ過ぎて草が生えていきます(笑)
かなり面倒なキャラなんですが面白いんですよね。

そして面倒な男と女に絡まれる桐山。
3人でラブホへ入る事になりますが、どんなドラマが待っているのか…。

そして最終的にココノは青葉と桐山のどちらに好意が移っていくのか…。今後も楽しみな漫画の一つですね。興味が出た人は是非、チェックしてみて下さいね!特にちっぱい好きに堪らない漫画ですよ(笑)


ペッタん娘じゃダメですか?

ペッタん娘じゃダメですか?

原作・著者吉沢雅
価格165円(税込)

【女の子の魅力は… 胸だけじゃない!】私(ここの)は本屋で一緒に働く青葉くんが大好き! けれど、彼は胸の大きな女の人が好きで…しかも無神経に私の胸が小さいことをからかってばかり「彼氏作って揉んでもらえれば、胸なんてすぐ大きくなるよ!」なんて言い出すあたり、私のことなんて、眼中にないって感じ…でも、もし胸が大きくなったら青葉くんは私を見てくれるのかな…?そんなこと考えながら電車に乗って帰宅中に間違って男性に抱き着いちゃった!でも、この男も胸が小さいことをバカにしてくる…だから、どうせ触ったこともないくせにって挑発してやったら。この男本気で胸揉んできて、先っぽまで触りだして…やだ、何この感じ…私、こんなの知らない…これ以上、私のおっぱいいじめないで!!

今すぐ試し読みする


※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「ペッタん娘」と入力して絞り込み検索をすれば素早く作品を表示してくれます。