嘘とセフレ【21巻ネタバレ】金髪アジアンビューティーに変貌を遂げた元カノから誘惑に大興奮!?

嘘とセフレ

漫画「嘘とセフレ」第21巻の見所や感想をお届けしていきます!

今回の見所として京太郎の元カノが変わり果てた姿で登場。眼鏡女子から金髪美女に変身!

さらに性に対しても大胆になっていた元カノの千里。京太郎を誘惑して大学の教室に誘い込んでいく。

積極的な彼女に理性崩壊の京太郎。エロ過ぎる元カノを前に京太郎も暴走が開始されていきます!

この漫画の試し読み
嘘とセフレ

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で先行配信中の作品です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「嘘とセフレ」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

嘘とセフレ

嘘とセフレ【21巻】ネタバレ

嘘とセフレ

夏休みも終わって大学が始まっていく。
この間、色々な出来事があって憂鬱な気持ちになっていた京太郎。由紀の事をどうしようと教室を眺めていると金髪の美女が目につく。

京太郎の隣には友人の栗田。
栗田は京太郎が見ていた金髪の女性について明かしていく。

『ったく…いい加減忘れろよ…あの時は運がよかっただけなんだから』

言っている意味が理解できなかった。
そして栗田から聞かされていく。見ていた金髪美女は天利千里(あまりちさと…以下、千里)…実は京太郎の元カノだったのだ。

あまりの変わりぶりようにまったく気づかなかった京太郎。

『いくら鈍臭かったとはいえあの天利と付き合えたのは奇跡だよ…奇跡』

栗田に煽られる。
そんな時、目の前に千里が通り過ぎていく。

彼女の後を追う事にした京太郎。綺麗で派手になった千里が魅力的に見えてしまう。そして千里が靴紐を直すとお尻が突き出されていく。

『あ…あの尻…ヤバ過ぎる…』

綺麗になった彼女を見て昔のようにお互いに求め合いたいと妄想が捗る京太郎。

ひたすらに彼女を追いかけて校内へ。すると曲がり角に隠れて京太郎が尾行している事を察していた千里。

『バレバレなんだけど…何か用?』

誤魔化す京太郎であったが彼の性格を把握している千里。昔と何も変わっていないと皮肉めいた言葉を伝えていく。

取り敢えず久しぶりに会ったから挨拶だけしようと思ったと伝える京太郎。

『久しぶりに話したらまたもう一回ヤラせてくれると思った?』

図星だった。
そんな彼に呆れて立ち去ろうとする千里。京太郎は伝える。今はセフレもいて女には間に合っていると…。

その言葉を聞いて気が変わる千里。これから飲みに行こうと誘う事へ。

そして二人は移動。
酒も進むと京太郎はどうして変わったのか千里に尋ねていく。

ロスにある語学学校に通いだして世界が開けた事を伝えていく千里。自分のことを知らない世界に飛び込んで次第に大胆になっていき現在のようになったと。

『こんな事誰かに話したの…京太郎が京太郎が初めてよ…』

千里は京太郎が初めての男だから話している事を伝える。そしてお礼も兼ねてセ○クスをするかと誘惑される事へ。

否定する京太郎。もう別れているからと良い男振るが…。千里は素直ではない京太郎に愛想をつかして飲み屋を後にしていく。

彼女を追いかけると再び大学に戻ってくる事へ。

『さっきの提案…受け入れればよかったかな…』

女たらしの癖が出始めていく京太郎。
そして千里は教室へ。もちろん京太郎が付いて来ている事は承知。

『もう一度聞くわ…私とセ○クスする?』

雰囲気から最後のチャンスだと感じる京太郎。提案を承諾。キスして彼女のお尻に手を伸ばしていく。

スイッチの入っていく千里。
自ら京太郎のパンツを脱がして肉の塊を咥えこんでいく。

『前はこんな事全然してくれなかったのに…』

交際時とは違ってセ○クスのテクニックも明らかに上達していた千里。口の中でイキそうになってしまう京太郎。

『じゃあ…そろそろ始める?』

舐めるのをやめてお尻を突き出す千里。京太郎も完全にスイッチが入った状態。

『今日は思う存分させてあげる』

その言葉に酔いしれる京太郎。彼女の中に肉の塊を突き刺そうとしていく。ここで第21巻は終了。

嘘とセフレ【21巻】感想

嘘とセフレ

新キャラとして京太郎の元カノが登場。彼との交際時は眼鏡の真面目系女子だった千里。しかし、金髪美女に変貌を遂げて魅力的な女性になっていた。

そんな彼女に誘惑されて身体を重ね合わせていく事になる京太郎。

由紀との関係も修復されていない状態で他の女へ。また波乱の幕開けといった具合だろうか…。

まさに金髪アジアンビューティーといった具合の千里。大胆な彼女のファンになる方も多いハズ!彼女がどんな波乱をもたらすのか…目が離せない展開となっています!


嘘とセフレ

嘘とセフレ

原作・著者Kyun ja / タルチョー
価格198円(税込)

「じゃ、その日はセフレ交換ってことで」――京太郎は大学の友人に、姉のように慕っている由紀のことを自分のセフレだと嘘をついてしまう…!見栄を張ってついた嘘に罪悪感を覚えながらも、由紀の無防備で艶やかな姿に目が離せない「一度だけでいいから、由紀さんのナカに…」――そして、セフレ交換当日…由紀と友人が二人きりでホテル街へ消えていき――「由紀さん、まさか本当にあいつと…!?」疑念を振り払えない京太郎は、思わず街へと駆け出して――!?

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「嘘とセフレ」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

↓↓以下で彼女のヒールを脱がせたらのネタバレをまとめています↓↓
嘘とセフレ【ネタバレまとめ】最新巻から結末や最終回まで公開中!