隣人X【3巻ネタバレ】イカれっぷりに拍車がかかっていく…異常者の屋敷から脱出なるか!?

隣人X(3)

漫画「隣人X」第3巻の見所や感想をご紹介!

今回は眉村の屋敷からの脱出劇が繰り広げられる内容。
警察の上層部にまで顔の利く眉村。確固たる証拠がなければ警察も彼を捜査出来る状況ではなかった。

そこで霧島は麻友と祥子を救う為に単独行動。

千載一遇のチャンスを見て脱出を試みる祥子達であったが…。完全なる異常者である眉村の底知れぬ狂気と力が炸裂。

このまま眉村に屈してしまうのか…目まぐるしい展開を見せる第3巻となっています!

この漫画の試し読み
隣人X

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で配信中! 試し読みも可能となっています!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「隣人X」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

隣人X(2)

隣人X【3巻】ネタバレ

隣人X(3)

19話ネタバレ

刑事から連絡の入る霧島。居場所がわからず足取りが掴めないと報告を受けていく。しかし、早急に手をうたないと妹が危険である事を必死に告げる霧島であった。

場面は眉村の屋敷。
側近の使用人に身体を丁寧に洗ってもらっていた。祥子を考える中で迷いが生まれる眉村に使用人がアドバイス。

『自信をお持ち下さい…いつかきっと結ばれる日が…祥子様は必ず坊ちゃまを受け入れてくださいます』

場面は警察署。
刑事の報告を聞いていく霧島と美穂。何か証拠がないと警察も本格的に動けないと告げていく。妹が暴力を振るわれている音声があると伝えるがそれでは弱いと。

刑事の栗林と五十嵐。
まだ若い五十嵐は栗林に本当のこのままでいいのかと正義感。しかし、上層部が眉村一族と太いパイプで繋がっている事を知っている栗林は確固たる証拠が出てこないと動けないと一点張り。

一方、頼みの綱であった警察が動けないので自分でどうにかしようと考える霧島。場面は翌日。屋敷の地下で証拠の首を閉めていく眉村。

『醜い…どうしてこんな醜い苦しみ方しかできないんだ…』

そんな祥子に教育を施そうと彼は麻友を監禁している部屋に祥子を連れて行く。眉村に暴力を受けてズタズタ状態の麻友。

彼女を見せると眉村は祥子へ殴り殺せと命令。

20話ネタバレ

霧島は法務局へ足を運んでおり何かを掴んでいく。

場面は祥子へ。
麻友を見て困惑する祥子。動けずにいると手本を見せると眉村が麻友を殴り殺そうとしていく。

『待ってぇ!』

祥子は彼女を殺す前に自分を絞め殺して欲しいと懇願。それを聞いてターゲットを祥子に切り替える眉村。一方の霧島は法務局で眉村家の住所を取得。一人で彼の屋敷に向かっていく。

祥子は眉村に首を絞められて殺される寸前。彼を満足させて生き延びる為に首を絞められながら笑顔を見せていく。

その姿に母親を重ねる眉村。

『そうだ…その表情だ…』

今までの女とは違う祥子に合格を伝える眉村。そして興奮高まっていく彼の股間には血流が集まってバキバキになっていく。

その頃、ようやく眉村の屋敷に辿り着いた霧島。どうやって侵入しようか考えていく。

眉村から満足のいく女として合格をもらった祥子は寝室へ招かれていく。

『今夜…式をあげよう…俺の太くて固い熱い想いを…ようやくお前の中に…』

21話ネタバレ

眉村はウェディングディナーに相応しい食材を調達すると使用人に伝えて屋敷から離れていく。

この時を待っていた霧島。
入れ違いで眉村の屋敷へ侵入を試みていく。

一方、祥子もこれを千載一遇のチャンスだと捉えて脱出しようと試みる事へ。使用人を呼び出してトイレへ行きたいと伝えていく。

屋敷の窓から使用人を捉える霧島。彼の腕にはスタンガンが持たれている事を確認。嫌な予感がしていく。

『お待たせしました祥子様…』

反撃されても返り討ちにする準備万端の使用人。扉を開けた瞬間に祥子は使用人を突き飛ばして瓶で頭部を殴打。落とした鍵を拾って父親や麻友を助けようと画策。

同時に屋敷の外にいた霧島と対面。

『大丈夫ですか…怪我はしてませんか?』

現状を伝えていく祥子。
その時、身体に電流が走っていく。まだ意識を失っていなかった使用人。

『年寄だからって舐めてもらっちゃ困りますよ』

22話ネタバレ

眉村は探偵に連絡していた。
そして彼が食材を調達済みである事を聞いて屋敷に戻る準備。

使用人はすぐに眉村へ連絡して状況を伝えようとする。意識のあった祥子も悪あがき。使用にの股間を本気で蹴り上げるが…。

『残念ながら…とうの昔に私めは旦那様の手により睾丸摘出済みでして』

急所への攻撃がまったく効かなかった。
一方、使用人から不在着信があって屋敷で何かあった事を察する眉村。怒りがこみ上げていく。

腕を掴まれたので使用人に反撃して逃げようとする祥子。しかし、護衛術に長けている使用人はあっさりと祥子を床にひれ伏せさせていく。

祥子は使用人に同情を誘ってみるが…完全に眉村一族に服従して心酔している使用人。祥子の言葉などまったく響かない。そんな彼を軽蔑する言葉を並べ立てていく祥子。

『恥を知れ!』

眉村を侮辱した祥子に対して怒りを見せる使用人。そんな時、霧島が石で防弾ガラスを叩き割ろうとしていく。一瞬だけ気がそれる使用人。

23話ネタバレ

使用人に体当たりして突き飛ばす祥子。落としたスタンガンを拾って使用人に浴びせていく。一時的に意識を失った使用人。その隙に鍵を奪い、入り口を開けて霧島を屋敷の中へ。

『麻友はどこに?』

地下の監禁部屋に案内していく祥子。地下室は思った以上に広く各部屋には多くの監禁された人間が拘束されていた。

そして麻友を発見する霧島。
鎖が繋がれていたので工具を探して鎖を切断。一方、その間に父親を探す事にする祥子。

しかし、父親の姿は地下室に見当たらなかった。取り敢えず霧島と合流して屋敷から脱出しようとした時…眉村が帰宅。地下室への入り口を塞いでいく。

『惜しかったなぁ~霧島…俺の祥子をどこに連れて行くつもりだ』

最高潮に怒りがこみ上げていく眉村であった。

24話ネタバレ

戦いは避けて通れないと感じた霧島。

『この俺の手で天誅を下してやるよ!』

霧島の言葉に怒りを見せる眉村。
彼をさらに煽っていく霧島。背負っている麻友を祥子に任せる。そしてアイコンタクト。眉村とやり合っている隙に麻友を連れて外へ逃げて欲しいと。

そして眉村へ向かっていく霧島。
眉村は一旦、霧島の視界から姿を消す。地下室の扉から出てきた瞬間を目潰し。彼の作戦にまんまと嵌ってしまった霧島。両目を潰されて意のままに殴られていく。

『俺より強いならこれくらいのハンデ…当然だよな!』

何も出来ず唯、殴られていく霧島。とにかく時間を稼ぐ為に粘っていく。そんな時…麻友を連れた祥子が屋敷の外に出ようとしている事を知る。

『父親がどうなってもいいのか』

父親をネタにして彼女が逃げるのを阻止しようとする眉村であった。

25話ネタバレ

父親の命は自分が握っている事を明かす眉村。
葛藤が生まれる祥子。その時、霧島が足首に隠していたナイフを取り出そうとしているのがわかった。

なんとか眉村の気をこちらに向けさせていようと彼の提案に乗っかっていく祥子。

『ごめんなさい…仁さん…私…なんだか怖くて…』

祥子が素直になって安堵する眉村。次の瞬間…彼の太ももにナイフが突き刺さっていく。膝と落とす眉村。霧島にとどめをさそうと組み合いにいく。

このチャンスを伺っていた霧島。
三角絞めをして意識を落とそうとしていく。眉村の馬鹿力を持ってしても太ももの傷が響いて絞めを解けない状態。

『今度は俺が絞め殺してやるよ』

眉村を絞め落とす事に成功した霧島。屋敷の外に出ると一台の車が停車。現れたのは探偵の利根川であった。

『お久しぶりです…霧島さん…逃げるなら手をお貸ししましょうか?』

26話ネタバレ

利根川は霧島の依頼を断った人間。
嫌な予感を感じていく。

『霧島さん…世の中には逆らっちゃいけない人間がいるんですよ』

利根川が眉村に脅されて手下になった事をすぐに察する霧島。彼は破格の報酬を提示されている事をカミングアウト。

しかし、眉村を絞め落とすことに成功した霧島。それを利根川に伝えて警察へ連絡を入れようとしていく。

そんな時…利根川は車から美穂を人質として出していく。

実は昨夜…眉村に頼まれて美穂を拉致していた利根川。彼の良心に訴えかけていく霧島。

『眉村家が全部握り潰してくれるんですよ』

さらに落ちたはずの眉村。既に立ち上がって来ており霧島の背後へ。彼の強烈な一撃を受けて意識を失う霧島であった。

27話ネタバレ

既に事態は収束。
使用人から手当を受けて夜に結婚式を行う準備を整えていく眉村であった。

ウェディングドレスに身を包んだ祥子。
眉村の待つ部屋に招かれていく。

一方、屋敷の調理室。
そこには下着姿の美穂が調理台の上に乗せられていた。

場面は祥子へ。
眉村と結婚を受け入れる代わりに関係のない人達を解放して欲しいと懇願。

『わかった…儀式が終わったらゆっくり考えよう』

進行していく結婚式。誓いのキスを終えるとティナーまでの時間を尋ねる眉村。捌くまで3時間程かかると。その時間を使ってベッドで愛を確かめ合おうと告げる眉村であった。

28話ネタバレ

ディナーのメインディッシュは美穂の肉であった。利根川は使用人から美穂を解体する手伝いをして欲しいと頼まれる事へ。

一方、寝室では美穂の裸体を見て興奮していく眉村。

調理室では利根川が頼みを断ろうとしていく。

『私はまだ貴方を眉村家の関係者と認めておりません』

そんな二人がやり取りしている時、睡眠薬の効果が切れて意識を回復していく美穂。自分が調理されようとしている事を察していく。

眉村家に逆らえない利根川。
使用人の言う通りに即死させる注射を受け取って刺そうとしていく。

『ごめんな…お嬢ちゃん』

起き上がって反撃を開始する美穂。幸いにも使用人は作業着を取りに行って不在。自分を騙した利根川に怒りを見せていく美穂。

『よくも私を騙したわね…』

ここで第3巻は終了。

隣人X【3巻】感想

隣人X(3)

相変わらずのイカれっぷりである眉村さん。
何とか屋敷から脱出出来るかと思いきや…脱出は失敗。霧島がどうなったのか描かれないので心配である。恐らくは地下室で拘束されていると思うが…。

屋敷内で動ける人間は美穂のみ。
彼女が救世主となって祥子を救う事が出来るのか…。

あたおか人間である眉村をどうにか成敗して欲しいが…権力もある眉村家を潰す事が出来るのか…ハラハラドキドキして続きも気になる作品。

本当に眉村といった男がイカれまくっていて戦慄が走る漫画に仕上がっていますよ!


隣人X

隣人X

原作・著者楠本哲
価格715円(税込)

紗倉祥子は、親友の美穂に誘われた婚活パーティーで、爽やかな好青年・眉村仁と出会う。その後、会社近くで再会し、さらには同じマンションの隣室に引っ越してきたことから運命的なものを感じるが……眉村には爽やかな表の顔とは別に、危険すぎる裏の顔があった! 眉村は偶然を装い、祥子を付け狙っていたのだ!!着々と忍び寄る狂気…蝕まれていく平穏な日常…底知れぬ恐怖が祥子を襲う!! 『エリカ』の楠本哲が描く、身の毛もよだつ最恐サイコ・スリラー、ここに開幕!!

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「隣人X」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。