隣人X【2巻ネタバレ】最強過ぎる隣人…恐怖のあたおか(頭がおかしい)ワールド全開!

隣人X(2)

エリカなどのホラー漫画を描く楠本哲先生の新作漫画「隣人X」最新巻となる第2巻をご紹介。1巻は2020年11月に配信されていたので約7ヶ月ぶりの新刊である。

今回も「あたおか」な男である眉村仁の狂乱&狂気が渦巻く内容。

エグくて…グロい…漫画とわかっていながらも眉村の異常性に震え上がること間違いなし!

この漫画の試し読み
隣人X

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で配信中! 試し読みも可能となっています!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「隣人X」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

隣人X

隣人X【2巻】ネタバレ

隣人X(2)

10話ネタバレ

冒頭、眉村は顔が血だらけの死体を引きずって焼却炉で処理をしていく。

一方、祥子の自宅。
父親の帰宅が遅く母親と二人で心配をしていた。

『遅くなる時は必ず連絡をくれるのに…』

駅まで様子を見に行こうとする母親。しかし、祥子はそんな母を制止する。昨夜の父の言葉を思いだして欲しいと。

祥子の父親は眉村に潜む狂気を感じ取っており、二人に奴には気をつけろと注意を促していた。そんな時、メールが入ってきて安堵する祥子の母親。

『取引先とのトラブルで急遽出張になった…今日は帰れない』

しかし、祥子はメールの文言に違和感を感じていた。父にしては素っ気ない文言だと。

その夜…。
祥子の自宅である紗倉家の玄関。合鍵とチェーンカッターで何者かが侵入を試みようとしていた。そして睡眠薬をかがされて深い眠りに入る祥子の母。

侵入してきたのは眉村であった。
彼はそのまま祥子の部屋へ。ベッドのシーツを捲くる。しかし、そこに祥子の姿はなかった。異変を察知した彼女はベッドの下に隠れていたのだ。

彼女がベッド下に隠れている事は想定内であった眉村。覗いてきてバレてしまう。咄嗟に顔面に蹴りを食らわせて逃げようとする祥子。しかし、足を掴まれて身動きが取れない状態へ。さらに眉村は父親に関する意味深な言葉を投げかけていく。

『昼間…会社の駐車場で会った時は元気そうにしてたのになぁ…』

昼間の回想へ。
祥子の父親の前に姿を現す眉村。彼は祥子の父親の顔面を引き裂いて殺していたのだ。そして顔面を蹴りつけてきた祥子に対して怒りを露わにしていく。

『お前は大事な彼氏を怒らせんたぞ!』

11話ネタバレ

掴まれた手を払って逃げ出す事に成功する祥子。外に出て大声でSOSを叫ぶ。

眉村も彼女の追いついて捕まえていく。同時に眉村を殴る謎の男。

『怪我はありませんか?』

眉村の行動を見ていたのか…明らかに眉村の動きは犯罪行為だと告げていく謎の男。すぐに態度を一転させる眉村。

『これはただの痴話喧嘩…そうだろ…祥子?』

圧をかけながら祥子に迫る眉村。この時はそのまま退散していくことへ。場面は翌日の夕方へ。昨夜、祥子を助けた男性が再び現れる。そして話をする事へ。

彼は霧島秀幸。
霧島の妹は半年前に眉村と交際していたと明かしていく。そして、これまでの眉村とのトラブルを明かす霧島。

霧島の妹のストーカー行為を働いていた眉村。霧島はその件で直接、付きまとうのは止めて欲しいと眉村に伝えていた。

暴力で霧島を屈服させようとする眉村。しかし、柔道二段であった霧島は眉村と互角の勝負。当時は痛み分けになった事を明かしていく。

『その翌日…妹が行方不明になったのは…』

場面は眉村の自宅。
彼の監禁部屋には霧島の妹がいた。兄が現れた事を告げる眉村。

『久しぶりだよ…女以外でこんなに興奮するのは!』

股間を膨らませていく異常者の眉村であった。

12話ネタバレ

霧島は眉村の素性などを暴く為、探偵に素行調査を依頼していた。翌日に報告を受ける事になっていると明かす霧島。情報が手に入れば祥子達にも流すと伝えて、この日はお暇していく。

そして翌日。
探偵と落ち合う霧島。調査報告書を見て驚愕。彼に関する情報はまったくの皆無であった。

口を開く探偵。
彼は身体を震わせていく。そして3日前の回想へ。

眉村の自宅を突き止めていた探偵の利根川。しかし、尾行は眉村に気付かれていた。彼に捕まって監禁される事になる利根川。

監禁室にて眉村の暴力に耐えていく。
まさにサンドバック状態。さらに眉村は利根川を追い詰めていく。彼の家族構成を全て調べ上げていた眉村。

『誰を新しいサンドバックにするかな…女房か…子供か…母親か…』

彼の狂気を目の当たりにして完全に震え上がっていた。そして現実へ。霧島は利根川にニット帽を取るように伝える。

彼は眉村から右耳を引きちぎられていたのだ。そして謝罪する利根川。この案件は手を引かせて欲しいと。

ファミレスの窓際に座っていた霧島。突然、ガラスが叩かれる。外には狂気の表情の眉村の姿。

『霧島~もっとよーく見せてくれ…絶望と苦悶の表情を…』

13話ネタバレ

怯えてしまうと眉村を喜ばせてつけ上がらしてしまう。そう考えた霧島は余裕の笑みを浮かべていく。

『探偵を丸め込んだくらいでドヤ顔か…』

逆に眉村を挑発する霧島。
その後、自宅に帰った眉村は怒りを霧島の妹へぶつけていく。

『死ぬ気になって…兄貴に助けを求めるんだ』

一方、祥子は霧島から連絡があって話し合う事へ。美穂も交えて探偵との出来事を明かしていく。そして彼を挑発したから再び眉村は自分の前に現れると確信を得ていた霧島。

彼はその前提で次の作戦を練っていく事へ。
祥子や美穂も霧島を手伝う事へ。そして眉村を捕まえる…住んでいる居場所を突き止める為の作戦会議。

その翌日の夜。
霧島の携帯に非通知で連絡。電話に出ると相手は妹の麻友であった。電話の先から悲痛な言葉が聞こえてくる。同時に彼を尾行していた眉村が登場。背後から首を絞められてしまう霧島。

眉村の圧倒的なパワーでマウントを取られてしまう霧島。そのまま首を絞め上げられていく。その窮地を救うのが金属バットを持った美穂であった。

『霧島さんには外で見張ってろって言われたけど…様子を見に来て大正解』

ターゲットを変える眉村。美穂に襲いかかろうとするとパトカーの音。美穂は110番もしていたのだ。一方、意識が朦朧としている霧島。動けずにいた。

眉村は逃げる事を優先。
外には祥子がスタンバイしており、逃げる眉村の後を車で追いかけていく。これは霧島の考えた作戦。彼を捕まえられてなくてもアジトさえ突き止められれば勝機はあると考えていた。

14話ネタバレ

眉村を尾行する祥子。
意識が戻る霧島。眉村の狂気に触れて祥子を一人で尾行させるのは危険だと判断。

直ぐに追いかけていく。
一方、順調に眉村を尾行する祥子。追いかける車は廃墟の病院で停車する。そして廃墟へ入っていく眉村を確認。祥子はさらに追跡する事へ。

祥子のスマホのGPSで止まった場所を突き止めて向かう霧島。

病院の中へ侵入した祥子はすぐに眉村に捕まってしまう事へ。彼女の尾行に気づいていたのだ。

『酷い有り様だろ…この病院は俺の親父が院長だったんだよ』

祥子からスマホを取り上げて破壊する眉村。そのまま真のアジトへ祥子を連れて行く事へ。一方、GPSの反応が消えてしまって焦る霧島。

眉村の自宅。
祥子は監禁室に下着姿で拘束されていた。寝たきりの母親に挨拶をした後…監禁室に訪れる眉村。

15話ネタバレ

監禁室にて眉村と対面した祥子。まず父親の所在について尋ねていく。すると別の部屋に連れて行かれる祥子。

そこには眉村の暴力を受けて原型を留めていない麻友の姿があった。一方、廃墟の病院についた霧島。祥子がいない事に焦る。同時に病院が眉村に繋がるヒントになるかもしれないと判断。廃墟の病院の背景を調べてみる事へ。

『祥子のお父さんは地下室にはいないよ…』

場面は再び眉村邸。
父親はここには居ないと伝えるつ、瀕死の麻友へさらに暴力を加えていく眉村。制止するように叫ぶ祥子。

『お前は誰とでも寝るユルい女だが磨けばきっと光るんだ…もう少しで俺に相応しい女になれるんだよ』

意味不明な眉村の言葉に恐怖を感じる祥子。

振り返り、監禁室を出て逃げようとしていく。しかし、玄関の鍵は閉められており、外には出る事が出来ない。そして一室だけ鍵の開いている部屋を発見。

そこには大きなベッド。寝ている女性を見て驚愕する祥子。

『まいったなぁ…紹介する前に会っちゃったか…その人が俺の母さんだよ』

眉村の母親。その姿はミイラ状態になっていた。

16話ネタバレ

ミイラ化した母親はまだ生きていると狂気の言葉を吐く眉村。そして彼は父親に対する怒りや憎しみを露わにしていく。

一方、自宅に戻って病院の背景を調べる霧島。

眉村の父親は医師や経営者として優秀な人間であった。しかし、プライベートの彼は狂った人間であった事が明かされる。眉村の大好きだった母親を苦しめる父親。その姿を見て拗れていく眉村。

同時に母親に対する愛情がより一層深くなっていく。

眉村の過去を聞いて唖然とする祥子。

『何なの…これは一体何なの…』

一方、廃墟になっていた病院の過去にあった悍ましい事件を見つける霧島。眉村の父親は23人の患者の命を絞殺で奪っていた。眉村の父親は首を絞める事で快感を得る異常者だったのだ。

そんな中、10歳だった眉村は父親を自殺に見せかけて殺す事に成功。

『これで母さんは僕だけのものだっ』

17話ネタバレ

眉村の母親は夫が死んだ事で自由を謳歌していく。色々な男を連れ込んで色恋を楽しむ。さらにそれを覗いて興奮する眉村。母親も息子に見られているのはわかっていた。

そんなある日、母は眉村に尋ねていく。

『お父さんはなぜ患者さんを絞め殺したと思う…命が消える瞬間…その断末魔の美しさに取り憑かれたの』

この時、眉村は断末魔の美しさに興味を持ち始めていく。そして母親と身体の関係を持つようになり、絞め殺されたい母親の渇望と断末魔を見たい欲望が一致。

眉村は母親とのセ○クスの最中、母親を絞め殺していく事へ。

眉村の異常な家族の形を知って呆れる祥子。

『あんたやってる事はただの人殺し!家族全員…頭がおかしい変態じゃない!』

眉村の家族を軽蔑する祥子。
そんな彼女を平手打ちする眉村。全てを知った祥子に選択肢はないと告げていく。

18話ネタバレ

眉村はウェディングドレスを用意していた。これを着て母親の前で永遠の愛を誓うと語る眉村。続きは明日になり、監禁室へ戻される祥子。

その翌日。
朝になると眉村家の使用人が現れて朝食を祥子に提供していく。

霧島と美穂は警察へ。
事情を伝えて眉村を捜査して欲しいと懇願。渋い表情をする一人のベテラン刑事。

一方、監禁室では眉村が姿を現し…祥子の首を絞め上げていく。

『違う…そんな顔じゃダメだ…何故嫌がる…何故拒む…』

狂気の眉村。
そんな時、眉村家には霧島に捜査を頼まれた刑事二人が訪れていた。インターホンを鳴らすが使用人が引き返すように指示。

『警察の方なら聞いた事くらいあるでしょう…眉村家には近づくなと…』

警察組織も恐れる眉村家。再び首を絞められる祥子。ここで第2巻は終了。

隣人X【2巻】感想

隣人X(2)

まさに眉村仁といった男は完全なる「あたおか」な人間。漫画ながらに読んでいて彼が怖くなります…(笑)

結局、血を争う事は出来ず、彼もまた自分の父親と同じように首を絞めて苦悶の表情を浮かべる人間に快感を得る異常者。このまま祥子は餌食になってしまうのか…。

意外だったのが警察組織にも根回しがされている事。完全に打つ手無しといった状況ですが霧島はどう眉村を追い詰めるのか…続きが非常に楽しみです!

是非、ホラーでサイコパスで狂った漫画を読みたい方はチェックしてみて欲しい作品です!


隣人X

隣人X

原作・著者楠本哲
価格715円(税込)

紗倉祥子は、親友の美穂に誘われた婚活パーティーで、爽やかな好青年・眉村仁と出会う。その後、会社近くで再会し、さらには同じマンションの隣室に引っ越してきたことから運命的なものを感じるが……眉村には爽やかな表の顔とは別に、危険すぎる裏の顔があった! 眉村は偶然を装い、祥子を付け狙っていたのだ!!着々と忍び寄る狂気…蝕まれていく平穏な日常…底知れぬ恐怖が祥子を襲う!! 『エリカ』の楠本哲が描く、身の毛もよだつ最恐サイコ・スリラー、ここに開幕!!

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「隣人X」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。