忍者と極道【8巻ネタバレ】長く続くガムテ編も遂に最終局面へ突入!?

忍者と極道(8)

忍者と極道、8巻。これで5巻から続いているガムテ編が本編の半分を占める計算だが、まだ終わらない。

忍者と極道【8巻】あらすじ

忍者と極道(8)

今巻は尋常でなく情報量が多いのだが、あらすじであるので枝葉末節を省き本当にあらすじである部分だけを言うと、キワミvsプリマ、それに決着がついて(もちろん勝った)キワミが時限爆弾を解除して、そして「やまいだれ」の効果を自力でどうにかして戦線に復帰したシノハがガムテと最後の戦いを始める。その途中で次巻に続く、となる。

忍者と極道(7)

忍者と極道【8巻】ネタバレ

忍者と極道(8)

とりあえず冒頭から。総理大臣がガムテと戦っている。が、勝てるわけはないのであり、一蹴された。

で、プリマだが、極道技巧“夢幻燦顕視(むげんさんけんし)”というのを使う。原理は不明だが、相手に幻を見せて攪乱する能力である。幻を見ている相手に対して強烈な足技を見舞うのが彼女の戦い方だ。

キワミはそれでどうしたかというと、ダメージを受けることは覚悟の上で正面から突っ込み、蹴りを喰らいつつも(蹴りというか、胴体に穴が開くのですが)プリマの唇を強引に奪い、口の中にあったヘルズ・クーポンを奪い取る。これで破壊の八極道輝村極道、本領発揮である。プリマも相当強いのだが、キワミはおそらく作中でも最強クラスのキャラクターなのであって、もう歯が立たない。キワミはプリマの首を飛ばすのと同時に、時限爆弾のコードを切断して爆発を阻止した。

さて、計画が失敗したことを悟ったガムテ、グラスチルドレンの面々に「周囲の全員を皆殺し」という指示を飛ばす。あまり状況が変わってない気もするが、これまでは遊び半分で戦っていたのを本気で戦えということらしい。

で、死屍累々なのは変わらないが、ここで忍者側に援軍が来た。“帝都八忍”最後のひとり、雄鷹斗女(おだか とめ)。魔法少女みたいな扮装をした小柄な少女(少なくとも見た目は。本当に年齢が少女なのかどうかは知らん)で、能力は「脳波を使って、同時に100体以上の機械人形を操って戦う」というもの。“忍巧美男衆(テクノビダンズ)”だそうである。ぜんぶイケメンの、たぶんアニメや特撮などのヒーローの姿を模した外見をしたロボットたちだ。ちなみにこの能力は、長もコピーができないらしい。

で、「やまいだれ」を自分で即席外科手術したシノハがここでガムテに戦いを挑む。とりあえず、互角っぽい感じで戦いが展開されるのだが、というところで、回想シーンがさしはさまれる。

ガムテとキワミの関係についてここで説明が入るのだが、まずガムテの母親について。5000人の男と関係を持った女傑、という奇怪な人物で、さしものキワミも当時14歳で抵抗できず、関係を持たされてしまった、のだそうである(説明していて頭痛がしてくるが、そう書いてあるのだから仕方がない)。

で、ガムテはその5000人の男のうち4999人までを殺し、5000人目としてキワミを殺そうとして、さすがに敗北した。しかしキワミはガムテを殺さず、自分の子飼い組織であるグラスチルドレンに彼を加え、殺し屋として育成することにしたのである。

実はだいぶいろいろ話をカットしているが、これだけはどうしても重要なので書いておくと、DNA鑑定の結果として、キワミとガムテの間には実際には親子関係はない。だが、キワミはその鑑定結果をあえて「見ていない」。DNAがどうだろうとこの子は私の息子だ、と言っていたらしい。

さて、戦いの場面に戻る。どうも不利になってきたガムテ、ヘルズ・クーポンの二枚使用という奥の手を使う。やるとすぐ死んでしまうが、すぐ死んでしまうまでのわずかな間すごいパワーアップできるんだそうである。

というわけで、ガムテの死は確定した。そして彼の最後の戦いが始まる。

忍者と極道【8巻】感想

忍者と極道(8)

いやぁ。びっくりするほど、それはもう、めっちゃめっちゃ面白い。

真面目に考えると設定の破綻している部分とかすごく多いんだけど、勢いだけですべてを押し切っている。ほんと最高クラスの漫画だと思います。


忍者と極道

忍者と極道

原作・著者近藤信輔
価格671円(税込)

トラウマから笑えない少年・忍者<しのは>、表向きはエリート会社員ながら裏では組を牛耳る極道<きわみ>。そんな2人が出会った時、300年にわたる忍者<ニンジャ>と極道<ゴクドウ>の殺し合いの炎が熱く燃え盛る!孤独を抱えた漢達による、情熱と哀切に彩られた命のやり取り。決めようか…忍者と極道、どちらが生きるかくたばるか!

今すぐ試し読みする


※BookLiveで取り扱いあり!電子書籍ストア内の検索窓にて「忍者と極道」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。