往生際の意味を知れ【44話ネタバレ】救世主の美女は素行の悪さが地元で有名なヤバい奴だった!?

往生際の意味を知れ!

漫画「往生際の意味を知れ」第44話の見所や感想をお届けします!

雪の中で立ち往生してしまった市松達。
今回は彼らに救世主が現れる。前話のラストで登場した謎の美女。彼が市松達を安全な場所まで救出。

しかし、この女性が一癖、二癖もある人物なことが判明していく第44話。

さらに彼女のターゲットは浅倉。肉食系女子に弱いのか…積極的なアプローチにてメロメロになってしまう浅倉が描かれていきます。

今回の調査においてキーマンになる事は間違いない謎の美女。二人は真相に辿り着いて無事に東京へ帰れるのか!?

この漫画の試し読み
往生際の意味を知れ!

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で取り扱い有り!無料試し読みも可能です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「往生際の意味を知れ」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

往生際の意味を知れ!

往生際の意味を知れ【44話】ネタバレ

往生際の意味を知れ!

吹雪で立ち往生してしまった市松達。
椎子(しいこ)といった女性が助け舟を出してくれる。吹雪の中、車を牽引して雪山から脱出。

雪が凌げる場所まで案内してくれて市松達は温泉街まで到着。

『あのお名前は…』

椎子に対して胸キュンする浅倉。この時はまた縁があったら教えると告げて立ち去っていく椎子であった。

温泉街は既に日下部由紀の地元。宿のオーナーに彼女と縁のある本郷旅館について尋ねる市松。

『ああ…日下部先生の…』

本郷旅館の裏事情など教えてくれる宿オーナー。実は由紀が14歳の時…旅館の当主と女将が亡くなった事を聞く。

そんな中…浅倉が財布を無くしたと騒ぎ出していく。

場面は椎子へ。
浅倉の財布を盗んだのは椎子であった。財布の中に入っていた14万円を手にしていた。

さらに財布の中も物色。
彼が金持ちであると判断。名刺を見てさらにニヤけていく。

場面は市松達へ。
財布を落として最初はショックを受けていたが…諦める浅倉。彼はボンボンなのでカードや現金を無くしてもダメージは少なかった。

『金って誰が払うの…』

浅倉が今回の旅費を全て無くしてしまったで支払いは全て市松へ降りかかる事へ。

苛立ちつつ…温泉に浸かって疲れを癒やす市松。彼の中で自分の意志で映画を完成させる事で人生を前に進めるはずだと強く決意をしていく。

『浅倉さん…明日の予定なんだけど…』

風呂をあがって部屋に戻ると…何故か椎子がいた。

名刺を見て財布を届けに来てくれたんだと…。ここで初めて浅倉達は椎子と自己紹介。さらに彼女は明日、町の案内役をしてくれると。浅倉は意気投合して彼女に任せる事へ。

『ここが日下部由紀さんの実家…本郷旅館です』

翌日…椎子に案内されて本郷旅館へ到着する二人。

中は記念館のようになっていた。
ここで椎子に由紀が養子であったのか尋ねると…質問を肯定。地元では有名な話であった。

さらに新しい情報が入ってくる。本郷旅館に来る前、由紀は孤児院にいた事も地元では有名であった。市松はその話をもっと詳しく椎子に聞こうと振り返る。

『ん…どこいった?』

椎子は浅倉と共に壁の裏に隠れて彼に抱きついていた。彼女の色香に惑わされていく浅倉。

そんなイチャついている二人を発見する市松。戸惑い声もかけられず…二人の前から立ち去っていく。そんな時…旅館にいた女性が忠告をしてくれる。

『あの子…気をつけたほうがいいですよ…素行が悪くて有名で…』

市松は浅倉の財布は彼女が盗んだのではないかと推測。彼を呼び出して椎子は危険である事を伝えようと二人の場所へ戻る。

完全に椎子へ入れ込んでしまった様子の浅倉。
さらに椎子は白浜果樹園の関係者であると聞いていた。

『つまり…僕達の味方…探す手間もはぶけましたね』

二人のイチャイチャっぷりを見ていると忠告するのも馬鹿らしくなる市松であった。ここで第44話は終了。

往生際の意味を知れ【44話】感想

往生際の意味を知れ!

何とか日下部由紀の地元へ到着した二人。
彼らの目的は怪文書に書かれている事の真相調査である。過去に白浜果樹園で火災事件があった。怪文書だと犯人は日下部由紀が犯人であると綴られている。

そんな中で出会った椎子といった謎の女性
白浜果樹園の関係者らしいが…椎子もかなり裏表が激しそうな女性である。さらに彼女の色香で舞い上がる浅倉。

新たな事実とトラブルに巻き込まれそうな予感がヒシヒシと伝わる今回の調査編。

椎子が間違いなくキーマンになると思うが…一体彼女は何者なのか…。少しずつ日下部由紀といったラスボスの隠している裏事情が明らかになっていき…面白さ倍増である!

骨太なラブサスペンスを探している人は是非、チェックしてみて欲しい漫画です!


往生際の意味を知れ!

往生際の意味を知れ!

原作・著者米代恭
価格165円(税込)

主人公・市松海路(いちまつかいろ)の元に、突如、7年前に失踪した元カノジョ・日下部日和(くさかべひより)が現れた。 恋い焦がれ、待ち望みすぎて、元カノ教の敬虔な信徒と化していた市松に、 彼女の無理難題な要求が明かされて… 『あげくの果てのカノン』米代恭が新時代を切り開く、深呼吸必至の元カノ×元カレ=ラブコメ!?

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「往生際の意味を知れ」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

↓↓以下で往生際の意味を知れ!のネタバレをまとめています↓↓
往生際の意味を知れ【ネタバレまとめ】最新巻から結末まで公開中!