屑の館【1巻ネタバレ】ミステリアス美女が屑男たちを更生させるプログラム開始!?

屑の館(1巻)

漫画「屑の館」はながしま超助先生が描くヒューマンドラマ漫画である。ジャンルとして女性漫画になっているが個人的には青年漫画の部類に入ると感じている(笑)

ざっくりと内容を語ると…。
主役である円香聖(まどかひじり)といった女性が祖母から受け継いた遺産を利用して保護施設「白鳥館」をオープンさせていく。

施設に入居してくる住人は元犯罪者など危険人物ばかり。聖はそんな彼らでも愛情を注いでいけば更生すると考えている。そんなミステリアスな美女と人間の屑達が織りなすデンジャラスなヒューマンドラマ作品である。

合冊版と分冊版が配信されており、今回は合冊版(電子単行本)の内容をご紹介。1巻には第1話~4話までが収録されている。

この漫画の試し読み
屑の館(1巻)

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で配信中! 試し読みも可能となっています!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「屑の館」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

屑の館【1巻ネタバレ】

屑の館(1巻)

1話ネタバレ

某国の難民キャンプ場でボランティア活動をしていた聖。祖母の死をきっかけにして日本に戻ってくる。祖母の財産を管理していた業者からざっくりと20奥円の遺産があると伝えられていく聖。

彼女はそのお金を利用して祖母の屋敷を保護施設にして可哀相な人を集めて共同生活をさせようと計画していく。

市役所の福祉課で居場所を求めている人を斡旋してもらう聖。しかし、安全な人間はおらず元犯罪者ばかりだと伝えられていく。そんな人間でも施設で引き受けるとOKサインを出していく聖。

そして保護施設「白鳥館」オープン当日。
スタッフも雇い、既に何名か施設に入居している状態。いざ屑男達との共同生活がスタート開幕していく。

2話ネタバレ

高級レストラン並の食事を取りつつ、和気あいあいとしていく白鳥館。聖の友人である美奈と照井はやはり危険であると心配していくが聞く耳を持たない聖。

彼女は持論を掲げて心と体で愛情を満たして更生させていく気概を見せていく。

そんな中、白鳥館の噂を聞きつけた母子が訪れてくる。親子の目的は食事であった。食べ終わると子供の剛は外へ遊びに出掛けていく。

そんな彼に接触していくのが傷害や煽り運転で実刑を食らっていた男・赤井五郎であった。口の聞き方がなっていない剛を振り回す赤井。

剛の母親は怒りを露わにして警察を呼ぼうとしていく。そんな彼女を追いかけて何をしたのか不明だが穏便に帰ってもらう事に成功する聖。母親の変わり様には赤井も驚愕であった。

3話ネタバレ

元高校教師で連続強姦魔である星野蓮が動き出していく。彼が起こした事件の背景が明かされていきながら、星野は昔と違って更生した事を聖に誓っていく。

そんな中で、星野は白鳥館スタッフである由美を地下で襲っていく。

まったく反省しておらず更生など程遠い状態であった星野。そんな地下へ聖が訪れる。星野には時間が必要だと呟く聖。

突然場面は変わって星野が由美を襲った出来事はなかった事にされている状況へ。聖が二人に対して何をしたのか、この時点ではまったく不明。

4話ネタバレ

4話では元歌手の尼崎純一がクローズアップされていく。老人ホームへ慰問の仕事があると出掛けていく尼崎。

彼がここに至るまでの背景が明かされていく。彼も元犯罪者になるのだが詐欺容疑で逮捕されていた。

そして老人ホームでの慰問が始まる。見学に来ていた聖の姿を見つけてテンションの上がる尼崎。慰問ライブは大盛況にして終わりを告げていく。

しかし、ここで問題が訪れる老人ホームの関所記念頂いた貴重な置き時計がなくなっていたのだ。実は尼崎が盗んでいた。老人達が証言していく。

尼崎を追いかけて慈悲を与える聖。
一方、老人ホームの責任者は先程まで怒っていたのが再び尼崎を呼ぼうと上機嫌になっていた。

そして4話の最後…。
白鳥館スタッフが恐れおののく人物が紹介されていく。それが連続殺人犯の少年Xであった。ここで第1巻は終了である。

屑の館【1巻の感想】

屑の館(1巻)

テンポは良くて面白いのだが…トラブルが起きた時に聖が裏で何をしているのかまったく描写されないので謎が深まるばかりである(笑)

彼女は一体どんな手を使って怒り狂う人間を鎮めて穏便にやり過ごしているのか…。円香聖といった女性がミステリアス過ぎて引き込まれていく漫画です。

この漫画は上述しましたが分冊版と合冊版が配信されています。分冊版で合冊版と同じ話数を購入しても価格は変わらないので読みやすい方を選んで購入して損はありません。

美女が屑を更生する様子を見たい人は是非、チェックしてみてくださいね☆彡


屑の館(1巻)

屑の館

原作・著者ながしま超助
価格400円

「ミステリアスな美女と、デンジャラスな元犯罪者たちの危険な共同生活の行方は!?」  ――海外の難民キャンプでボランティア活動をする円香聖(まどかひじり)は祖母の死をきっかけに日本に帰国、莫大な遺産を相続する。困っている人をほっとけない使命感から聖は、相続した屋敷を、住む家や仕事がない人々を受け入れる保護施設“白鳥館”として使う決心をする――。だがそこに集まったのは、見た目こそイケメン揃いだが、暴力やレイプ犯罪の常習者ばかり…果たして聖は〝人間の屑〟たちを更生させることができるのか!?

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「屑の館」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。