王様ランキング【77話ネタバレ】優勢な戦況運びだったが…一気に劣勢へ!?

王様ランキング(単話版)

王様ランキング単話版77話のご紹介。
ミランジョ軍とボッス王国、戦いの火蓋が切って落とされていきます。冥府の魔物達に対して優勢に運んでいくドルーシ達でしたが、遂に冥府の罪人であるブラック、レッド、ギガンが応戦していく事へ。

77話のラストから一気に劣勢状態になる雰囲気が漂っていきますよ!

王様ランキング(単話版)

王様ランキング【76話ネタバレ】国を賭けた戦いの火蓋が切られる!

2019年11月30日

王様ランキング【77話ネタバレ】

冥府の魔物に囲まれていくドルーシや引き連れてきた精鋭の鎧兵達。鎧兵達の方は鎧兵1の指示に従い、魔物と対峙していく。

同時に鎧兵1はヒリングに対して、いつでも逃げられる準備をしておけと伝える。

全身凶器で優勢に運ぶボッス王国!

前衛に立ち、一人で数匹の魔物に囲まれるドルーシ。一斉に魔物がドルーシに飛びかかると同時に一瞬で魔物3匹を残滅していくドルーシ。

ドルーシは体全体にナイフを仕込んでおり、飛びかかってくる傾向の強い冥府の魔物対策をしていた。

ドルーシの戦い振りを見て、感心していくミランジョとアピスであったが、ドルーシ達の行く末が見えていた…。

『いくら奮闘しても死は逃れられないだろう』

ボッス軍が優勢に見えるが以前、余裕綽々なミランジョであった。

立ちはだかる冥府の罪人達…

鎧兵達の方は魔物に苦戦。
手練である鎧兵1だけは投げナイフ攻撃によって、いとも容易く魔物を倒していく。

そんな中、血気盛んな冥府の罪人であるブラックとレッドが応戦。鎧兵2〜4の前に立ちはだかっていく。ブラックは魔物が邪魔でどかして欲しいとミランジョにお願い。

ミランジョは魔物の攻撃対象をヒリングへと向けていく。

ドルーシはヒリングの防衛へ。一方、鎧兵1に喝を入れられる鎧兵2〜4達。鎧兵1の目算では冥府の罪人・ブラックとレッドには充分勝てる相手だと判断。

さすが精鋭といった具合で鎧兵達はブラック、レッドに畳み掛けて優勢に戦況を運んでいく。

防戦一方のブラックやレッド達であったが『ニヤッ』とした表情を見せた後、鎧兵達の頭上に巨躯のギガンが飛び降りてくる。一瞬で3人の鎧兵は突っ伏し状態へ…。

形勢逆転されてしまい、77話は終了。

王様ランキング【77話の感想】

王様ランキング(単話版)

ドルーシ達がどこから鎧兵達を連れてきたのか定かではないが4人ともかなりの手練であった。特に鎧兵1は冷静かつ、投げナイフ攻撃を得意としており、魔物を近づかせずに余裕で排除していく。強い!

77話の最後はギガンの登場で劣勢状態になってしまうが、この先どうなっていくのか…。私個人は単話版90話まで読んだのでこの先を知っていますが、ここからが熱い!

是非、王様ランキングの5巻以降の続きを先行して読みたい人は単話版がお勧めです。電子書籍ストア『BookLive』にて取扱があるのでチェックしてみて下さい☆彡


王様ランキング(単話版)

王様ランキング【単話版】

原作・著者十日草輔
価格1冊:50円(税別)

王族の長男で、巨人の両親を持ちながらも、自身は体が小さく、短剣すらまともに振れないほど非力な王子ボッジ。しかも耳が聞こえず、言葉が話せないボッジは、周りからは次期王の器ではないと噂され、どこか空虚な毎日を過ごしていた。しかし、ひょんなことから心が通じる「カゲ」という友達を得て、人生が輝き始める。

今すぐ試し読みする


※移動先の電子書籍ストアの検索窓にて『王様ランキング』と入力して絞り込み検索をかけると素早く作品を表示してくれます。巻版と単話版があるので注意して下さい。