痩せ女【幸せのサプリメント】11巻ネタバレ!カウンセラーとして立ちはだかる脅威!?

痩せ女(11巻)

高木裕里先生が描く漫画『痩せ女〜幸せのサプリメント〜』第11巻。心を拗らせていた礼子が立ち直って2年。彼女はカウンセラーとして新たな人生の一歩を踏み出していました。

初カウンセリングの対象は何やら頭もキレそうなさおりといった女性。

どことなく不安定さが残る礼子ですが、心や精神が拗れた人間達を救う事ができるのか…。新章のプロローグといった具合で注目の内容となっています!

この漫画の試し読み
痩せ女(8巻)

この漫画は電子書籍ストア「まんが王国」で先行配信・無料試し読みも可能です。

今すぐ試し読みする

痩せ女【幸せのサプリメント】11巻ネタバレ

冒頭、心療内科の特別病棟にて一悶着。礼子がカウンセラーを担当する事になった『さおり(以下、サオリ)』の信者達が裏切者に対して威圧をしていた。騒がしかった為、看護師達も駆けつけてくる上手くやり過ごしていく信者達。

一方、脱走する事がバレて個室に閉じ込められていたサオリ。彼女は信者の騒ぎを余所に一人で薄ら笑いを浮かべていた。

頑張るより頑張らない方が手に入る!?

一方の礼子。
彼女は2年間の間、元彼であった亮に手紙を出し続けていた。未だに好意がある訳ではなく、彼も自身と同じく親が原因で心を拗らせてしまった一人。自分が立ち直ったからこそ、亮に協力して彼の事も立ち直らせてあげたいと感じていた。

その後、礼子は書店でアルバイトへ。
店主である戸田から昼食を作ったから一緒に食べようと誘われていく。

高カロリーなトンカツを見て『食べれば太るだろうな〜』なんて思いつつ、戸田の厚意を無碍に出来ないので昼食を頂いていく。

また礼子は戸田に対して好意を抱きつつあった。
友人も出来て、仕事も見つかり、目標も出来ていた礼子。あと足りないのは恋人だけ。彼女は戸田を見つめながら「こんな人が側にいてくれたら…」そう想っていく。

すると礼子の友人である洋子が書店に顔を出してくる。

礼子の初カウンセリングの途中まで付き添っていく洋子。そんな彼女は礼子が戸田に好意を抱いている事を当てていく。『頑張れば手に入るかな…』と洋子に問いかける礼子。

洋子は『あなたは頑張らない方が手に入る』とアドバイスを礼子にしていく。

カウセリング対象者に操られる礼子…!?

さおりのカウンセリング初日。
まずは病院の受付にして特別心療内科の看護師長と対面。固い性格の看護師長に嫌悪感を抱きながら、自分の信念だけは貫き通そうとしていく礼子。

ちょっとした看護師長とのやり取りがありながら、カウンセリング対象者であるサオリと対面を果たしていく事へ。

まずは自身の自己紹介をしていく礼子。困っている事はないか尋ねていくとサオリは監視個室から出して欲しいと礼子にお願いをしていく。

脱走しようとした事は濡れ衣である事を礼子に主張していくサオリ。そんな中、サオリは礼子の手に『吐出ダコ』がある事に気がつく。

『あなたも同じ病気なのね』

迫ってくるサオリ。
過去のトラウマが押し寄せてくる礼子であったが打ち勝ち、現在は治っている。だからこそサオリを自身は救う事ができると強く主張。

サオリも『早く礼子さんみたいになりたい』と言葉を発していく。

自分のようになりたいと求められた礼子は嬉しさのあまり、サオリの言葉を信じて個室から出れるように口利きをすると言って個室を後にしていく。

サオリはそんな礼子の後ろ姿を見て薄ら笑い。隠し持っていたカッターの切れ端を手に取り、何かを企んでいく。

痩せ女【幸せのサプリメント】11巻の感想

痩せ女(11巻)

新章といった感じで礼子がカウンセラーとして過去の自分と同じ境遇になっている人を救おうといった展開。

取り敢えず監視個室に入っている問題児をそんな簡単に信じてはダメだろうと思ってしまいましたね。サオリに操られて再び精神や心が拗れていきそうな不安が残るような状況。

礼子がどこまで成長して、問題児であるサオリを救う事ができるのか。今後が楽しみですね☆彡


痩せ女~幸せのサプリメント~

痩せ女〜幸せのサプリメント〜

原作・著者高木裕理
価格150円

礼子はイラついていた。ななみが、今日も新しい彼氏の自慢をしている。私より仕事ができない。自堕落で体型はゆるゆるなのに、なんで…あいつは男が切れないの? そして想いを寄せている上司を狙ってななみがダイエットを始めたことを知り、礼子の何かが壊れる。もっともっと、太らないサプリを摂って、あいつより絶対スリムに……! 女の執念が導いた衝撃の結末とは!?

今すぐ試し読みする