悪の華道を行きましょう【ネタバレ】ハゲデブ親父が可愛過ぎるダークラブストーリー!

悪の華道を行きましょう

漫画「悪の華道を行きましょう」は作画:やましろ梅太先生、原作:真冬日先生のコンビで描かれる作品。

おじさん好きの人に是非ともお勧めしたいハゲデブ親父と美女の恋愛ストーリー漫画である。主役である二人もダーク主人公、ヒロインといった具合で今までの漫画を凌駕する面白さを兼ね備えています。

この漫画の試し読み
悪の華道を行きましょう

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で配信中! 試し読みも可能となっています!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「悪の華道を行きましょう」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

悪の華道を行きましょう【登場人物】

メインキャラは二人である。
表紙カバーを見てもらえば、おわかりの通りに美女とハゲデブ親父である。

美女の方がセレスティーヌ。通称セレスだ。ハゲデブ親父の方が宰相(さいしょう)である。軽く二人のバックグラウンドを解説していく。

宰相はセレスティーヌの結婚相手になる。顔に似合わず若い娘が好きな一面を持つ。見ての通りだがハゲデブ親父でガマガエルにそっくりな容姿をしていると描かれていく。

セレスティーヌは侯爵令嬢(こうしゃくれいじょう)で第一王子の婚約者だったが訳あって婚約を破棄され、宰相に無理やり嫁がされる事になっていく。

悪の華道を行きましょう【ネタバレ】

悪の華道を行きましょう

冒頭、前世の記憶が蘇っていくセレスティーヌ(以下、セレス)。記憶が蘇った先は結婚式の最中。同時に前世の自分の状況も思い出していく。

「醜い中年男の元へ嫁がされる悪役令嬢であった事」

ややこしいが前世の記憶が蘇った現世のセレスティーヌ。周りに目を見遣ると第一王子が軽蔑した視線を送ってきていた。

何故、セレスが醜い中年男である宰相に嫁がされたのか背景が明かされていく。

セレスの婚約者であった第一王子はヒロインに心を奪われてしまい、将来の地位が危ないと思ったセレスは男爵令嬢(ヒロイン)に嫌がらせを開始。

しかし、王子に嫌がらせしている事がバレてしまって婚約を破棄されていくのだ。そして第一王子の差し金によってセレスはハゲデブ親父こと宰相に嫁がされる状況になっていた。

禿げ・デブ・親父…でも悪くない!?

場面は結婚式最中である。
周りを見遣ると結婚をクスクスとあざ笑う連中ばかり。さながらセレスが感じたことは「処刑を見物にきた野次馬たち」であった。

刻々と進行していく結婚式。
誓いの口づけが迫る。見上げて宰相を見遣るセレス。神々しく描写されるがハゲデブ親父である。

『これが私の夫…悪くないわ』

我に返って自分の感性を疑うセレス。以前は宰相に嫌悪感しか持っていなかったはず。しかし、今は目の前にいるガマガエルのようなハゲデブ親父に心がときめいていた。

この感情が生まれる要因を探っていくセレス。辿り着いたは前世の記憶が蘇ったせいだと確信を得ていく。そして宰相が口を開く。

『怯えておるな…愛い娘だ』

ときめいて心が混乱していくセレス。
翌日、目を覚ましたセレスは昨夜の意識の中でより詳細に前世の記憶が蘇ったことを明かしてくれる。

彼女が宰相にときめいたのは前世の自分が父親を早くに亡くしており、そのせいで年上男性に憧れ、恋愛対象として見ていたからであった。所謂、セレスは枯れ専であった。

最低の夫だけど…好き!

目を覚ましたセレスの隣に宰相。昨夜は素敵だったと褒め称えていく。しかし、ひねくれ性格の宰相。セレスはかなりの最低発言をかましていく。

『若く美しければ心になど興味がない』

顔面偏差値が低く、最低の発言をかます宰相。しかし、セレスはまったく嫌悪感を抱かない。むしろさらに宰相を好きになっていくセレス。前世の自分の方が強くなっている事に気付いていく。

そんな中、宰相にどうすれば自分の愛が伝わるのか考えていくセレス。

まずは彼の健康を考える事に注視していく。その日から宰相の身体を気遣って料理にたっぷりの野菜を取り入れていくセレス。

ツンツンしている宰相だがセレスの満面の笑顔を見て心が揺れ動いていく。

愛を確かめ合う美女と野獣!

セレスに自分をどう思っているのか問う宰相。

忖度なく思っている事をそのまま伝えていくセレス。結構酷い言葉を投げかけていく(笑)

セレスの言葉にショックを受ける宰相。うずくまりながらセレスに対する本音を伝えていく。最初は第一王子に言われた通り、イビリ倒すつもりでいた宰相。

しかし、一緒に過ごす内に宰相は本気でセレスに恋してしまっていた。

『わしから離れて行かないでくれ…』

前世のセレスは宰相ラブ。
当然、自分も宰相を愛している事を伝えていく。愛を確かめ合う二人。宰相も浮気などしない事を誓っていく。

悪の華道を突っ走る二人!

場面は変わってお屋敷でパーティーである。

あまりの美貌に周りがざわつく。その中心にいたのはセレスであった。隣にはスキンヘッドに一新した宰相の姿も(笑)

以前よりさらに美しさを増したセレスに目が離せなくなっていく第一王子。男爵令嬢が少しムッとしていく。そんな中、宰相が意味深な言葉を告げていく。

今日のセレスのドレスは王子が手に入れてくださったものだと…。身に覚えのない第一王子。同時にパーティー会場では陛下が現れて重大な知らせを伝えていく。

それは第一王子の結婚が決まった事であった。

『お相手はソリィエの女王陛下である』

セレスでもなければ男爵令嬢でもなかった王子の結婚相手。早い話が彼は別の国へ飛ばされていくのだ。現王の後を継ぐのは第二王子だと伝える陛下。

王子と婚約している男爵令嬢も困惑。
陛下は伝えていく男爵令嬢も第二夫人としてソリィエに連れてきて構わないと申されていると…。

何故、王子にこのような仕打ちが訪れたのか…背景が明かされていく。

キーマンは宰相であった。
王子と令嬢…実はセレスを苦しめる計画が画策していた。それに気付いていた宰相が裏で手を回していたのだ。そして宰相。見た目はあれだが国の真の実力者であった。

王子はセレスに助けを求めるように声をかけてくる。

『ご成婚おめでとうございます』

まったく王子に未練のないセレス。突き放していく。そして宰相と共に生きていく事を誓うセレス。最後は…。

『さぁ、悪の華道を行きましょう』で締めくくられていく。

悪の華道を行きましょう【感想】

悪の華道を行きましょう

話題の漫画である。
宰相のツンデレな感じがなんとも言えない具合で可愛いのだ(笑)

枯れ専、おじさん好きには堪らなく刺さる漫画となっている。しかも宰相は裏の権力者。ヒロインであるセレスは小悪魔系。

ダークな二人が織りなす恋愛劇が素晴らしい作品である。この1冊だけで終わるのは勿体ないと大評判の漫画。気になった人は是非、チェックしてみて欲しい。

ハゲデブ親父こと宰相の見方が変わる漫画であった(笑)


悪の華道を行きましょう

悪の華道を行きましょう

原作・著者やましろ梅太 / 真冬日
価格200円(税別)

王子に捨てられた美貌の悪役令嬢が…こ、こんな禿げデブオヤジといやがらせ婚!? ※この作品は『悪役令嬢ですが、幸せになってみせますわ! アンソロジーコミック』収録作品と同一の内容を単話版として再編集したものとなります。

今すぐ試し読みする