大蛇に嫁いだ娘【14話ネタバレ】大蛇と住職とキヌといった女性…忘れられない過去が覗かれる!?

大蛇に嫁いだ娘

漫画「大蛇に嫁いだ娘」連載版の第14話に見所や感想をご紹介!

今話は全編通して大蛇の過去が垣間見えていきます。

今まで時折…大蛇の回想で出てきた謎の女性。そんな彼女の正体が今回で明かされていきます。そして恐らく僧侶の恩師である人間も登場。

大蛇が僧侶の恩師を殺めた訳には深い理由が覗かれていきます。大蛇を狙う僧侶も真実を知らずに大蛇を敵視している可能性が高いので真実を判明して和解に至ってもらいたいですね!

この漫画の試し読み
大蛇に嫁いだ娘(1)

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で配信中の作品です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「大蛇に嫁いだ娘」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

大蛇に嫁いだ娘

大蛇に嫁いだ娘【14話】ネタバレ

大蛇に嫁いだ娘

大蛇の身体がまだ黒かった過去。
冬眠から目覚め、キヌといった女性が大蛇の前に姿を現す。木の上で寝ていた彼女。

『ここに何の用だ…今すぐ出てけ』

大蛇を見たキヌは怯えるどころか逆に嬉しがっていく。晴れ晴れする表情。

彼女を脅す大蛇であったが…キヌにとって大蛇はまったく怖い存在ではなかった。中々掴めない性格のキヌ。池のほとりにある梅の木の居心地が良いと伝えて場所を貸して欲しいと懇願。

『ふざけるな!ここは俺の場所だ…余所者を入れるわけないだろ』

独り占めは無し。また来ると告げて立ち去っていくキヌ。その後もキヌは梅の木を居場所として昼寝。

大蛇を見つければ嬉しそうに接近してくる状況へ。しかし、大蛇は無視して池に入ってだんまり。

つまらない。仕事へ行きたくない。お腹すいた…愚痴を吐くキヌ。疲れてるなら家に帰って休めと忠告する大蛇であった。

キヌは自分の環境を明かしていく。
両親は遠い昔に死んでおり…寺の住職に面倒を見てもらっていると。

『住職…?』

住職に何か思い当たる節があった大蛇。キヌの存在を無視していく。

池の中で身体を休めながら少し過去を振り返る。

最寄りの村民から「黒蛇様」と崇められていた大蛇。御供物を捧げられて雨を降らしてくれる神聖な生物だと讃えられていく。

しかし、大蛇が雨を降らせる能力がある訳でもなく…雨が降らないと人間からのプレッシャー。

『あれ…俺はもともと雨を降らせられたのか?』

崇められて勘違いしていた大蛇。
雨が降らず作物が採れず…飢餓に苦しむ村。そんな時に旅の僧が村に訪ねてくる。彼は地に雨が降らない原因を告げる。

『黒蛇のせいだ…あれが水を横取りしています』

藁にすがる思いで雨の恵みが欲しい村民。旅の僧の言葉を信用して大蛇から旅の僧を崇めるようになっていく。

そして大蛇の前に旅の僧が姿を現して対峙。

旅の僧に大蛇が負けると同時に恵みの雨が地に降り注いでいく。この都合の良い雨でさらに旅の僧は神格化。

『この地は私に任せて安心して眠りなさい…もっと良い地にしてみせるからな』

旅の僧に完敗する大蛇。
池に戻って姿を隠していく。人間に崇められ…裏切られ捨てられて人間への信用をなくす大蛇。

『だから…たった一人の人間に動揺するな…期待するな』

脳裏に浮かぶキヌの存在。

場面はキヌへ。
寺の住職と対面して顔が赤いことを指摘される。体調は大丈夫だと告げて仕事に出掛けていくキヌ。

彼女の仕事は身体を売って金銭を受け取る事であった。仕事を終えて虚無感に包まれるキヌ。彼女が向った先は梅の木。

『あいつ…また落ちたのか…』

木から落ちる物音が聞こえたので池から顔を出す大蛇。しかし、いつもと様子が違ってキヌは放心状態で熱もあった。

野生動物から彼女を守るように木に身体を纏わりつけてキヌを保護する大蛇。目覚めたキヌは大蛇へ感謝。

『帰るのやだな…』

体調も回復していたので帰るように告げると本心をボソッとこぼすキヌ。しかし、空元気を見せて去ろうとしていく。ここでキヌは自分の名前を大蛇へ教えていく。

外も暗くなって時刻。
寺に帰宅するキヌ。住職に挨拶をして就寝。一方、大蛇の中でキヌの存在が大きくなっていく。

最後にキヌが帰りたくないと訳が明かされる。
仕事を終えた住職。キヌが寝ている部屋に立ち入って彼女の身体を求めていく。

『今夜もいいか…キヌ』

最後に老い先短いものに若い女の命は毒にしかならないと綴られて第14話は終了。

大蛇に嫁いだ娘【14話】感想

大蛇に嫁いだ娘

今回のエピソードで少し見えてきましたね。
恐らく大蛇を探していた僧侶の恩師が寺の住職ではないでしょうか。そして旅の僧=住職で間違いもないかと。

まだ何があったかは不明ですが大蛇はキヌを住職から守る為に殺めた可能性が濃厚。

僧侶の恩師であると思われる住職ですが…今回を見る限り…かなりのクズ人間である事がわかります。腰を据えた生活がしたい為…大蛇を出汁に使って村民を丸め込む事へ。

さらに若くて美しい孤児であったキヌを引き取って自分の欲望のままに手をつけていく。大蛇にはそれなりの理由があって住職を制裁した事が推測できる内容でした。

黒蛇時代に何があったのかさらに深掘りされていくと思いますがミヨには真実を話して離れないようにしてもらいたいですね!深みが増すストーリーが本当に面白い作品。気になった人は是非、チェックしてみてくださいね!


大蛇に嫁いだ娘(1)

大蛇に嫁いだ娘

原作・著者フシアシクモ
価格合冊版:792円(税込)分冊版:1冊99円~

「傷モノの娘だ。ちょうどよい」そう言われ、山の主である大蛇のもとに供物として嫁いだ少女ミヨ。喰われるのではないかと怯えるミヨだったが、大蛇は夫婦になれたことを喜んでいる様子。しかし、大蛇の愛情表現は人間のそれとは大きく異なり――異種族ゆえのすれ違いを耽美な筆致で描く、ピュアな異類婚姻譚。

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「大蛇に嫁いだ娘」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

↓↓以下で大蛇に嫁いだ娘のネタバレをまとめています↓↓
大蛇に嫁いだ娘【ネタバレまとめ】最新話から結末・最終回まで公開中!