「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【11話ネタバレ】エルサの幸せな誕生日!

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

漫画「きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます」第11話をご紹介!

今回はエルサの誕生日を祝うエピソード!
ハンネスからエルサの誕生日が近々迫っている事を知ったユリウス。

彼女を祝う為に全力を尽くしていきます。
エルサにとっても両親とハンネス以外と過ごす初めての誕生日。

エルサにとって特別な日になっていくのか…心温まる幸せな内容が繰り広げられていきますよ!

この漫画の試し読み
「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で先行配信・試し読みも可能です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「きみを愛する気はない」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【11話】ネタバレ

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

冒頭、セラフィーナの兄であるヤルモはヘルコ子爵からSOSのメッセージを貰っていた。夜会にてユリウスから詰められていたヘルコ。

ヤルモはヘルコ子爵家を見限っていく。
偽装、酒癖の悪さ…いずれ潰れる運命であったと。そしてセラフィーナの部屋から物騒な物音が聞こえてくるので顔を出していく。

『ユリウス様…ユリウス様なんて~』

ユリウスにアプローチしたがまったく相手にされなかったセラフィーナが荒れていた。

ヤルモへ苦悩を伝えていくセラフィーナ。傷心している彼女を慰めていく。セラフィーナとの関係を濁しておく事はユリウスにとってまだ有益だったはずだと考えていたヤルモ。

『あぁ…彼女の登場は本当に予想外ですね…』

場面はユリウスへ。
夜会での一件を上司であるアレクシスへ報告。ヘルコ子爵家の偽装を潰した事でお手柄であると褒められていく。

しばらくは外での仕事もないので城内業務に専念するよう伝えられるユリウスであった。

城内を歩いているとエルサの弟であるハンネスと遭遇。

『これを姉に渡してほしいんですが…』

話を聞くとエルサの誕生日が近づいている事を初めて知る。ハンネスは姉に渡す誕生日プレゼントだと。

ハンネスからエルサの趣味について聞かされていくユリウス。彼の中でエルサの誕生日を祝いたい気持ちが芽生えていく。

場面は城内へ。
忙しく仕事をするユリウスへお茶を提供していくエルサ。ハンネスから預かったプレゼントを手渡すと同時に伝えていく。

『当日は俺にも祝わせてほしい』

こうしてエルサの誕生日はユリウスの約束が入っていく。エルサにとって両親とハンネス以外と過ごす初めての誕生日でもあった。

そして誕生日当日。
ユリウスはどうしても欠席できない会議が入ってしまう。一日ゆっくり過ごす事はできないが仕事後に誕生日を祝う計画を練っていたユリウス。

『今日はきみを連れていきたい場所があるんだが…先に行って待っていてほしい』

先に待ち合わせ場所へ到着するエルサ。
まだユリウスは来ていなかったので馬車の中でハンネスのプレゼントである小説を読みながら時間を潰していく。

そして少し遅れてユリウスが到着。
彼女の手を取って向かった先は国立芸術劇場。

ハンネスがエルサに贈った小説の原作オペラの鑑賞をセッティングしていたユリウス。

舞台を見て感激していくエルサ。終幕後も余韻に浸っていくエルサ。ユリウスへ感謝をしていく。

『俺のほうこそ…生まれてきた日は特別な日なんだと…きみが俺に祝い方を教えてくれなければ…』

逆にエルサへ感謝を告げていくユリウスであった。そして改めてエルサの誕生日に「おめでとう」の一言を伝えていくユリウス。

屋敷への帰宅後は使用人もエルサの誕生日を祝いたいと料理を用意してくれていると告げるユリウス。再び彼女の手を取って馬車へ。

両親とハンネス以外と過ごす初めての誕生日…エルサは想っていく。

『お母様…お父様…ハンネス…今年の誕生日は眩しくてとても特別な一日になりましたよ』

ユリウスから差し出された手を握って幸せを噛み締めていくエルサであった。ここで第11話は終了。

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【11話】感想

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

ほっこりしますね~!
こうやって見ると最初のユリウスと今のユリウスはまったく別人かと言ったくらいにエルサに溺愛状態。

ゆっくりですが着実に関係が深まっていく事が伺えます。

懸念点とすればセラフィーナの兄であるヤルモ。何を考えているのか不明であり…裏で何かユリウスを貶めようとしている魂胆がありそうなんですよね。

このまま二人のほっこりとした幸せが続けば良いですが…今後の展開も楽しみなファンタジーラブストーリー作品となっています!


「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

原作・著者水埜なつ / 三沢ケイ
価格165円(税込)

没落貴族の令嬢、エルサのもとに舞い込んだ報せ。それは超エリート貴族、ユリウスからの求婚だった。「そんなご立派な方がなぜ私と?」不思議に思いつつも結婚を決めたエルサだが、挙式後、それまで優しく穏やかだったユリウスが豹変!「今後、きみを愛するつもりは一切ない」と冷たい声で告げてきて!? こじらせ次期公爵 × 前向き没落令嬢の焦れ焦れラブコメディ♪

今すぐ試し読みする


※移動先の電子書籍ストアの「検索窓」に「漫画タイトル」を入力する事で作品を素早く絞り込んで表示させる事ができます。

↓↓以下できみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきますのネタバレをまとめています↓↓
きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【ネタバレまとめ】最新話から最終回・結末まで公開中!