「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【10話ネタバレ】初めての夜会でトラブル!?

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

漫画「きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます」連載版の第10話をご紹介!

今回はエルサの初めての夜会が描かれていく。

あざとい女であるセラフィーナがユリウスへアプローチを仕掛けていく事へ。さらに一人になってしまったエルサには泥酔した男が言い寄っていく危険な状況。

ユリウスははしたない男や女からエルサを守る事が出来るのか!?注目の内容ですよ!

この漫画の試し読み
「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で先行配信・試し読みも可能です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「きみを愛する気はない」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【10話】ネタバレ

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

パルニラ家の夜会へ参加する事になったユリウス。彼は妻のエルサも夜会への参加をお願いしていく。こうしてエルサは人生初の夜会へ出席する事となっていく。

ドレスを着飾ったエルサがいつもより眩しく見えるユリウス。

『具合は大丈夫か…いつもより静かだな』

緊張しているエルサを気遣うユリウス。そんな二人のもとへ…ユリウスの幼馴染でもあるレベッカ嬢が声をかけてくる。

エルサのドレス姿を見て心酔するレベッカ。ユリウスは二人はいつの間にか非常に仲良くなっている事に驚き。

さらに正装したエルサの弟であるハンネスも合流。彼は最近、王宮で働いている為…ヤルモから夜会の招待を受けていた。

そんな中…パルニラ兄弟であるヤルモ、セラフィーナが夜会会場へ姿を現す。

『ごきげんよう』

エルサ達のもとへ挨拶へやってくるセラフィーナ。すると彼女はエルサに承諾を取ってユリウスを貸して欲しいと懇願。

『ユリウス様にご紹介したい知人がおりまして』

エルサもユリウスが仕事の一環も兼ねて夜会に参加している事は承知済み。快く彼を送り出していく。

その後、夜会参加者の多くから挨拶をされて対応する事になっていくエルサ。一段落して窓辺からドリンクを飲んでいるとユリウスとセラフィーナを発見。

『ご覧になって…奥様よりもセラフィーナ様の方がずっとお似合いね』

夜会に参加していた嬢達の陰口がエルサの耳に届いていく。胸が何故かドキッと痛むエルサ。

そんな陰口を叩く彼女達の前にレベッカ。高圧的な態度で静かな怒りを覗かせていく。

『あのような方々のお言葉は気にするだけ損ですわ』

エルサをフォローして一緒に食事場へ向かうレベッカ。同時にエルサはセラフィーナといるユリウスを見ると何故か胸の痛みを感じていく。しかし、このドキドキや痛みが何なのか…天然過ぎる彼女は解釈が出来なかった。

夜会も時間が過ぎるとユリウスの心境にも変化が現れていく。無性にエルサと話たくなっていくのだ。

そんな時…ハンネスがユリウスを呼び出しに訪れる。

『すみませんがこちらは僕が引き受けますので姉の元へ行って頂けませんか』

ふと真向かいの窓際を見ると男に言い寄られているエルサの姿が見えていく。

一方、エルサ。
彼が泥酔しているヘルコ子爵に言い寄られていた。相手になってあげようと無理やりエルサをどこかへ連れて行こうとするヘルコ。

『あなたのほうはまず品性から学ぶべきでは…彼女は俺の妻だ』

ヘルコに対して圧力をかけるユリウス。
そしてヘルコの弱みを握っていたユリウス。耳元で囁く。同時に妻を口説くのはロイアス公爵家を敵に回すのと同等であると。何も言い返す事ができないヘルコであった。

そして夜会をエルサと共に立ち去っていくユリウス。

『助けるのが遅れてすまなかった』

パルニラ家の庭にて改めて夜会に付き合ってくれたエルサに感謝を述べる。同時にドレス姿も似合っていると褒め称えるユリウス。

そんな二人の仲睦まじい姿を遠くから眺めていたのがヤルモであった。さらにヘルコをエルサの元へ送ったのがヤルモである裏事情も明かされていく。

『随分と興味深い余興でしたよ…ねぇユリウス』

夜会後…。
改めてセラフィーナと対面するユリウス。まずは夜会を勝手に挨拶もせずに帰ってしまった事を詫びる。

そして本題へ入っていく。

夜会以降、社交界にはユリウスの本命はセラフィーナだといった噂が流れていた。セラフィーナにとっては思惑通りといったところ。しかし、ユリウスはその状況をよく思っていなかった。

『大切な私の妻に誤解を与えたくないので今後は行動に配慮頂きたい』

ハッキリと自分の意志を告げていくユリウス。彼の気持ちが微塵も動いていない事を知って惨めな気持ちを味わっていくセラフィーナ。

『悔しい…悔しい…絶対に許さない…』

セラフィーナの怒りはエルサに向かっていってしまうのか…ここで第10話は終了。

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【10話】感想

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

美女であるがあざとい女でもあるセラフィーナ。
エルサにしか心を開いていないユリウスにとって彼女は完全に蚊帳の外。ユリウスが気持ちをハッキリと伝えた場面は本当にスッキリしましたね!爽快です。

しかし、これがキッカケでセラフィーナの嫉妬心は最高潮へ。女の嫉妬は怖いですからね…。彼女の怒りがエルサに向かってしまわないか心配。

彼女に何か起こった時は間違いなくユリウスの怒りが爆発すると思うので期待ですね。そして何やら不穏な動きをするヤルモ。彼も一波乱起こしそうな人物。これからの展開に注目せざるを得ない状況となってきました!

興味が出た人は是非、チェックしてみてくださいね!


「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

原作・著者水埜なつ / 三沢ケイ
価格165円(税込)

没落貴族の令嬢、エルサのもとに舞い込んだ報せ。それは超エリート貴族、ユリウスからの求婚だった。「そんなご立派な方がなぜ私と?」不思議に思いつつも結婚を決めたエルサだが、挙式後、それまで優しく穏やかだったユリウスが豹変!「今後、きみを愛するつもりは一切ない」と冷たい声で告げてきて!? こじらせ次期公爵 × 前向き没落令嬢の焦れ焦れラブコメディ♪

今すぐ試し読みする


※移動先の電子書籍ストアの「検索窓」に「漫画タイトル」を入力する事で作品を素早く絞り込んで表示させる事ができます。

↓↓以下できみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきますのネタバレをまとめています↓↓
きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【ネタバレまとめ】最新話から最終回・結末まで公開中!