わたし(仮)【3巻ネタバレ】現れる意中の相手…しかし記憶が戻っていた!?

わたし(仮)【3巻】

奥津武先生が描くサイコホラーサスペンス漫画「わたし(仮)」第3巻。

究極の肉食系ヒロインである詩緒が想いを寄せる男性・庵との甘い幸せな生活を営む為に邪魔な組織や人物を排除しようとしていく物語。

ただ相手にした組織は巨悪。
組織のボスを騙して秘密に近付こうとする詩緒でしたが、遂に窮地へ立たされる事へ。そんな時、現れる失踪していたあの男。謎が謎を呼ぶ人間模様が描かれる注目作品。

興味が出た人は是非、チェックしてみてください☆彡

この漫画の試し読み
わたし(仮)

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」にて無料試し読み可能!サイコなミステリー・サスペンスが繰り広げられる注目作!

今すぐ試し読みする

わたし(仮)2巻

わたし(仮)2巻ネタバレ!惚れた男はとんでもない犯罪者だった!?

わたし(仮)【3巻ネタバレ】

わたし(仮)【3巻】

19話ネタバレ

地下通路にて首吊りをしていたメアリーを助ける詩緒。しかし、これはメアリーの狂言であった。自ら縄を切って種明かしをしていくメアリー。暇つぶしの一環のドッキリである事を詩緒に明かしていく。

呆れた詩緒はそのままメアリーの首根っこを掴み、施設から脱出する為、声を貸せといって連れ出していく。しかし、施設の扉を開ける為の声紋認証に自分の声が登録されていない事を明かすメアリー。

ここでメアリーからの提案。
ゲームで勝負して勝てば外に出してあげると告げるメアリー。そして「○」と「☓」のカードを使用する○☓ゲームが開始されていく。ルール等は割愛するが詩緒は○か☓のカードを一枚セット。メアリーがセットしたカードの答えを外せば詩緒の勝利である。

そもそも最初からイカサマだと判断していた詩緒。まずはカードをセットしてカードへ荷重をかけていく。メアリーは成功させるが焦った表情を浮かべる。

詩緒は○と☓のカードは重さが違うと判断。その重さによってカードを見分けているのではと判断していく。そしてインターバル数時間をあけて第2回戦へ。

20話ネタバレ

次の勝負まで6時間。
その間、食事をしたり、メアリーの仕事を拝見したり。メアリーはマッドドンキーのハッカーであった。彼女と会話する中で倉門詩緒の名前が浮上してくる。

本物の倉門詩緒について詮索しようとすると話を逸していくメアリー。そんなこんなで6時間が経過。○☓ゲーム第2回戦が開始されていく。

詩緒はカードに細工をして再びセット。
しかし、いとも簡単にメアリーはセットされたカードを言い当ててしまう。同時に詩緒の細工にも気がつくメアリー。そして重さを変えた所で何も意味がないと告げていく。

21話ネタバレ

冒頭からメアリーが何故カードを当てられるのか種明かしがされていく。答えは非常に簡単であるメアリーにはマイクロチップが埋め込まれており、カードと連動。手をかざすだけでカードがどちらか分かるのであった。

そして次の対戦までのインターバル6時間。

詩緒が作ったラーメン。
運ぶ最中にこぼしてしまいメアリーが火傷。大袈裟に腕を包帯で巻いて処置していく詩緒。色々ありながら第3回戦がスタート。

左腕の包帯を取ろうとするも固結びされて解けない状態。実は詩緒…メアリーの左手にマイクロチップが入っており、カードを識別している事を掴んでいた。そして一か八か…勘でカードを答えようとしていくメアリー。

口が大きく開いた瞬間を狙って詩緒はまんじゅうを口の中に放り投げていく。結局、メアリーは答える事が出来ず、タイムアップ。勝者は詩緒になる。

22話ネタバレ

勝負に負けたメアリー。
門をハッキングして外に出られるように…詩緒が去る事で寂しそうにするメアリー。そんな彼女を見てメアリーも連れて行くことを決意する詩緒。

詩緒が大好きなメアリー。
簡単になびいていく。

一方、与墨京。
彼女の行動が明かされていく。詩緒がマッドドンキーのメンバーと共にマンションに入ってく現場を目撃していた京。さらにその後を尾行していた庵の姿を目撃していた。

この状況でどう行動するのが正解なのか…考えを張り巡らせていく京。

23話ネタバレ

京も庵同様、単独で詩緒を尾行する事にしていく。

しかし、見失うと同時に京は路地でガム噛む夫と衝突。詩緒の隣にいた人だと認識した京。どうにか彼から情報を聞き出そうと考える。

一方、ガム噛む夫。
一瞬で京に一目惚れしていく。そしてナンパ。お茶をしようと京を誘っていく。彼の誘いに乗る京。2人はファミレスへ。あざとい女を演じながら少しずつ情報を引き出そうとしていく京。

また以前の電話の声の主である事にも気づいていく。覚悟を決めた京。ガム噛む夫の仕事風景を見たいと懇願。チョロいガム噛む夫。京の頼み事を承諾。

24話ネタバレ

噛む夫…京を連れて麻薬取引の仕事を開始していく。しかし、危ない仕事とはバレないようにスマートに取引するのがミッションだと捉えていく。

買い手、売り手、そして京の3人の思惑が交錯していく。

早く薬が欲しい買い手。京に危ない取引だと悟られずに格好よく成立させたい売り手。そして京。既に麻薬取引であることを察知していた。

買い手である本田が暴走。
噛む夫から物を奪おうとしていく。この騒ぎに便乗してスマホのカメラを回す京であったが直ぐに噛む夫にバレてしまう。

本田を一瞬で始末して芝居もやめる噛む夫。京をマッドドンキーの敵と認識。拘束していく。

25話ネタバレ

京は山奥の廃病院地下2階で監禁されていた。もう丸一日が経過。

噛む夫の拷問が開始されていく。
京も苦しさを感じていき、大声で庵に助けを求める叫びをあげる。すると吹き飛ばされる噛む夫。

京を助けに来たのはフラッカであった。

26話ネタバレ

フラッカが現れたのは詩緒の差金であった。
彼はバカであったので直ぐ詩緒に騙されていく。ただ、それが功を奏して噛む夫から京を救出していくフラッカ。

そして山奥の廃病院から下へ下る最中、フラッカの口から出る唐突な言葉に驚く京。

『君の父親はとっくに死んでるよ』

27話ネタバレ

詩緒とメアリーコンビはエストマゴといったマンションに向かっていく。フラッカ達ともそこで落ち合う予定。マンション前についた詩緒達。メアリーがマンションの謎を知っていたので尋ねていく詩緒。

エストマゴといったマンションは『人間畜舎』であると答えていくメアリー。

マンションには人を食べるクラブがあって倉門詩緒はクラブ会長の娘であった事が明かされていく。

28話ネタバレ

そしてマンション内に潜入。室内を調べる為、部屋に入るとママが2人を待ち伏せしていた。

勘が鋭いママ。
詩緒がマッドドンキーを裏切る気配を感じていた。そして分が悪くなった詩緒。とにかくママを矛先を変えるため嘘をついていく。

『庵に脅されたの』

誤魔化したつもりであったがママとの怒りは収まる事なく矛先は詩緒へ向かう。庵との関係を洗いざらい吐けと伝えてくるママ。詩緒へ向けられる銃。言い訳を必死で考えると突然、ナイフが飛んでママの持っていた銃が地面へ落ちる。

マンションのベランダから突如、登場した人物。
それは庵であった。

『悪い…ママ…手荒なマネして…』

29話ネタバレ

庵のセリフから彼が記憶を取り戻したのでは…焦りだす詩緒。

そして詩緒の頭に過る…『もしかして私…庵に殺されるのでは?』その理由は自分が倉門詩緒を殺して成りすましたからであると察知していく。

無言で近づいてくる庵。
そのまま彼はナイフを詩緒へ。耳元で何かを呟く庵。そして血を流して床に倒れてしまう詩緒。

庵は詩緒、メアリーを連れて自分が片付けると吐き捨て、部屋を去っていく。

そして場面は1年後。
式(しき)といった女性が庵とのツーショット写真片手に動き出していく。

わたし(仮)【3巻の感想】

わたし(仮)【3巻】

廃病院の施設を出て、マンションの秘密を探ろうとしたらママが待ち伏せ。さらに記憶を取り戻した風な庵が登場。腹部を刺されて始末されそうになる詩緒が描かれていく第3巻。

さらに3巻の終盤。
新たな人物として式といった女性が登場してくる。彼女は一体何者なのか…。そして詩緒は本当に庵に殺されてしまったのか…。次巻である4巻が完結巻となる「わたし(仮)」。

全ての謎や背景が明かされていく模様!
興味が出た人は是非、チェックしてみて欲しいサイコサスペンス漫画となっています☆彡


わたし(仮)

わたし(仮)

原作・著者奥津武
価格420円

彼の恋人はもう死んだ。なら、私が彼女を名乗っても問題ない。わたしは生まれ変わる。彼の恋人として。究極の肉食系ヒロイン、彼氏乗っ取りサイコホラー。そうだ、彼氏を乗っ取ってしまおう。はじめて好きになった人には、すでに別の恋人がいた。「あぁ、やっぱりわたしは幸せになれない……」。そんなある日、転機が訪れる。その人が事故で記憶喪失になってしまったのだ。運命の導きだと思った。またとないチャンスだと思った。「恋人を殺して、わたしが彼女を名乗ればいいじゃん」。わたしは生まれ変わる。彼の恋人として。恋人でいられるなら、なんだってする。だって、彼を愛しているのだから。驚愕の彼氏乗っ取りサイコホラー、開幕。

今すぐ試し読みする