ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない【9話ネタバレ】市役所へ到着…武村と深月がお別れ!?

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

漫画「ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない」連載版の第9話の見所や感想をお届けしていきます。

今回は色々と新たな環境や登場キャラも出てくる内容。
アナウンスのあった市役所へ足を向けていく武村達。そこはゾンビからも狙われにくい好条件の立地であった。

さらに市役所内はルールもしっかりとしており多くの人間が匿われていた。隆司が受けた怪我も取り敢えずは医者が居て一安心。

そんな中、市役所には深月の幼馴染が…。深月は自分が守ると伝え…遂に武村は深月とお別れを決意していく!?

この漫画の試し読み
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で先行配信中の作品です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「ゾンビのあふれた世界」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない【9話】ネタバレ

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

ダンプカーでアナウンスのあった市役所へ移動する武村達。優の遺体。深月は怪我をしている隆司を抱きかかえていく。

幸い街は静かでゾンビ達は屋内に姿を隠している様子であった。そして市役所へ無事に到着する武村達。

すぐに武村は市役所の立地を観察。
かなりゾンビから身を守れる好条件の立地であった。

『やあ!』

市役所の入り口では数人の男性が待ち構えていた。地下へダンプカーを誘導していく。

一方、本当に信用できる人間なのか…様々な視野で様子を伺う武村であった。

『烏合の衆じゃなさそうだな…』

地下駐車場に辿り着くと持っている武器を全て手渡すように指示をされる。治安維持の為に必要な事だと。武村は持っていた拳銃を取り出して渡していく。

そして怪我をしている子供がいるのですぐに処置をして欲しいと懇願。

医務室へ案内されると牧浦先生といった女性の医者が対応してくれる事へ。隆司が心配が深月。

牧浦へ容態を尋ねると危険な症状は出ていないので心配はないと告げられて一安心をしていく。その後、市役所でルールや手続きなどを行っていく武村達。その際も市役所にいる人間の様子を観察。

『あんまり追い詰められた様子がないな…うまくいってるのか』

そして2階のある一室を割り与えられる事になる。その部屋に既に人はいたが明らかに雰囲気が違っていた。武村は恐らく放送を聞いて避難してきたばかりの人たちだと解釈。

さらに子供の遺体があるので墓を作ってやりたいと案内してくれた男へ伝えていく。

『奴らに噛まれたの?』

一通りの手続きも終えてようやく安息の時間。疲れ果てた深月や隆司はすぐに就寝。深月も武村に密着して寝ていく。

周りも起床して騒がしくなってきたので武村達も起きようとしていくと…一人の男性が現れる。

『深月!』

深月の幼馴染的な存在である「あっくん」こと敦史であった。しかし、武村と一緒になって寝ていた深月を見て顔をしかめていく。

話が少ししたいと深月だけ呼び出す敦史。

『感じ的に彼氏ってとこか…めんどくせー予感あする』

戻ってくると敦史は今まで深月を守ってくれたお礼を武村へしていく。同時に今後は自分が深月達を守ると伝えていく敦史。

さらに優がいない事に対して武村の責任のような言い方をしていく敦史であった。武村もサクッと気持ちを切り替えて深月を敦史に任せる事を承諾。

その後は優の遺体を弔って埋めていく。

『さてと…救助が来る前に時子ちゃん開放しておくか…』

市役所の周りを見渡して警備などを確認する武村。するとベンチで牧浦がタバコを吸ってむせていた。彼女と接触して二人で話す武村。

牧浦はここのトップだと聞いていたが彼女は自分はお飾りのようなものであると。トップは別にいる事を明かしていく。

同時に彼女は隆司に対して危険は兆候はないができるだけ目を配っていて欲しいと伝えていく。隆司の容態について牧浦は自信がないと苦悩を明かしていく。

『もう…別れたからなぁ…』

武村は深月達との間であった事情を牧浦に伝えていく。納得して牧浦も隆司を注視して見ていると。その後、深月にも敦史にこれからは面倒を見てもらうように伝えていく武村。

『夜になったら一回街に戻るか』

武村は深月とお別れする事へ。ここで第9話は終了。

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない【9話】感想

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

ここで一旦、深月と離れる事になっていくのだろうか。後から出てきて優の死を武村の責任にしたりと感じの悪い敦史。彼に深月達を任すのは一抹の不安が過ぎっていく。

そして市役所の人間も人が良さそうに見えるが何か裏がある雰囲気も出ているような…出ていないような…。牧浦先生は本当に人が良さそうだが…何か波乱が起こりそうな感じである。

取り敢えずは再び単独行動する事になっていく武村。
次話は武村、街へ帰還編であろうか。何か市役所は引っかかる感じがして嫌な予感が漂っていく。

武村は特殊体質なので大丈夫だろうが…深月は無事に敦史へ守ってもらえるのか…早く続きが読みたい…。原作のラノベに手を出してみようかなぁ(笑)

この漫画はゾンビ世界×エロス×サバイバルを描いた全フルカラーの作品。ストーリーも面白いので是非、チェックしてみて欲しいおすすめ漫画です!


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

原作・著者増田ちひろ / 裏地ろくろ
価格110円(税込)

人嫌いなサラリーマン”武村“の日常は一瞬で変わった。気がつくとそこは、ゾンビがあふれた世界になっていた。しかも、自分だけはなぜかゾンビに襲われない。「人助け? なんだそれ。俺は好きなようにこの世界を生きてやる」。文明が崩壊しかけた終末世界で、はからずも大きな力を持ってしまった武村。唯一襲われないことを隠して生きる彼は、英雄なのか、それとも……。ネット発の新感覚ゾンビパニックストーリー。

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「ゾンビのあふれた世界」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

↓↓以下でゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われないのネタバレをまとめています↓↓
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない【ネタバレまとめ】最新巻から結末まで公開中!