これも全部あの夏のせい【36巻ネタバレ】彼女の浮気現場へ遭遇…修羅場へ!?

これも全部あの夏のせい(31巻)

BSさんの描くちょっと大人のラブストーリー漫画『これも全部あの夏のせい』第36巻。今回、大吾が怒ります!あの親友へ。

まさに修羅場。
東京の親友であった瑛太には、あれよあれよとスミレを奪われてしまいましたが、今回は浮気現場に乗り込み、対峙していく事を選んでいく大吾。

この体験を機に大吾が成長してくれると嬉しいですが如何に…。今までにない大吾の本気の憤慨した表情が描かれていく注目巻となっています!

この漫画の試し読み
これも全部あの夏のせい

※漫画「これも全部あの夏のせい」最新刊は「まんが王国」にて配信中!

今すぐ試し読みする

これも全部あの夏のせい(31巻)

これも全部あの夏のせい【33巻〜35巻ネタバレ】彼女の嘘が波乱を呼ぶ!?

これも全部あの夏のせい【36巻ネタバレ】

『怜司さん来たん?元気にしとった?』

大吾は怜司と晴香が連絡を取り合っていた事を確信していた為、晴香が嘘をついている事を直ぐに見抜いていた。冷静を装う大吾であったが心の中では『なんで嘘をつくんだよ…』晴香に対して疑念が生まれだしていく。

親友の陰謀が彼女に牙を剥いていく!?

大吾の悪い癖で彼女が少しでも怪しい行動をすると悪い方、悪い方に考えてしまう大吾。気持ちを葛藤させつつも最終的に『晴香を信じる』事を選んでいく大吾。

一方の晴香は怜司と連絡を取って、対面を果たしていく。

『いったい、どういうつもりなん?』

晴香は怜司が黙って大吾宅を訪れた事に怒りを露わにしていく。食事もせずに真意を問い詰めていく晴香。怜司は自虐しながら『思わせ振り』な発言を晴香にしていく事へ。

大吾と晴香が交際しているのを見て嫉妬した…
お前を脅迫してまで会おうとした思う?
俺が辛いからもうお前とは会わない…

大吾と交際するまで怜司を追っていた晴香。
彼の口から繰り出される意外な言葉に期待を持ってしまう。物思いにふけりながら帰路についていく晴香。

一方、そんな思わせ振りな発言をした怜司。
別の女と楽しんでいた。彼は晴香の気持ちを全て把握していた。

怜司の思惑は未練のあるように見せ、連絡を絶つことで晴香を悲劇のヒロインへ。必ずもう一度晴香の方から連絡を来ると確信を持っていたのだ。

いわば晴香にコケにされた怜司の復讐であったのだ。自宅に戻った晴香は怜司の画像を見ながら一人で涙を流していた。

彼女を信じる為に動き出すゴリラ大学生

怜司から未練たらしい言葉を受けてからの晴香は心ここにあらずといった状態。当然だが大吾も元気のない晴香に気づいていく。

そして脳内で葛藤を繰り返していく。
天使と悪魔が脳内に出てきては『恋人を疑うな…信じろ』であったり、『携帯を見て証拠を見つけろ』など悪魔の囁きに揺れていく大吾。

晴香も大吾の新居に何かと理由をつけて顔を出さなくなっていく。

こうなると居ても立ってもいられない大吾。部屋の中をウロウロしたり、ゴロゴロしたり晴香が怜司と浮気しているのではないかと悪い方ばかりを考えてしまう。

そしてサウナ施設に気分転換へ行く大吾。過去のスミレとの関係で疑ったことで関係が消滅した事などを思い出していき、一つの決心を胸に決意していく。

自宅に戻った大吾は怜司へ連絡。彼と話して真相を聞こうとしたのか食事へ誘うも、女性と先約が入っており断られる事になる大吾。怜司は一夜限りの女であれば自宅に連れてくるはず…それがない…。

何かあると察知した大吾ははっきりと確かめる為、怜司と対面する事を誓っていく。

親友と彼女…修羅場へ…

『おい…』

大吾は怜司と晴香がデートしている現場を目撃して声をかけていく。この漫画では初ではないだろうか。大吾がマジの怒り顔を怜司に向けていく。

『てめぇ…怜司いったいどういうことだ』

怜司に対して怒りを向けていく大吾であったが、怜司は何故、自分が文句を言われなければいけないのか返答していく。

『お前の恋人が会うてくれってしつこいから会ってやってるだけや…』

そして晴香に自分を選ぶか、大吾を選ぶか選択を与えていく。言葉に詰まる晴香を見て怜司は晴香を突き放していく。

『もうええわ、お前にやる、恋人の面倒くらいちゃんと見いや〜』

オートロックのマンションに入っていく怜司。大吾に中指を立てていく。怒る大吾は『出てこい』と伝えるが怜司は警備員へ連絡。わめく大吾をマンションから追い出していく。

その後、公園にて泣き止まない晴香を慰めていく大吾。本心は腹が立っていたが泣きじゃくる晴香を見て可哀想な気もしていた。

問い詰めたいが泣き続けられていたら怒れない…本心を胸の中にしまい、『もう泣くなよ』と晴香を抱きしめていく大吾。ここで36巻は終了。

これも全部あの夏のせい【36巻の感想】

これも全部あの夏のせい(31巻)

大吾が本心から怒った顔を初めて見た気がする第36巻。ある意味、怜司も東京での親友であった瑛太と同じタイプだったといった印象。大吾が幸せそうにしているのが許せなく、また晴香の態度も気に食わなかったんでしょうかね。

恋人や友人との間に亀裂の入ってしまった大吾。

ここから大吾がどんな行動を見せていくのか楽しみ。ステータスの高い親友に内心では見下されている大吾。見返せる位まで成長して欲しいですが、まだ彼は何も持っていない状況。

今回の36巻は大吾の人間味が強烈に出てきていたのでいつも以上の楽しめた内容でした。気になった人は是非、チェキって見てください☆彡


これも全部あの夏のせい

これも全部あの夏のせい

原作・著者BSさん
価格180円(税別)

宮田大吾(大学生)。ブサメン、金欠、低スペック。ライフセーバーのバイト中に水着美女に勃起してクビになる、暇を持て余しオナニーしているところを帰宅した母親に見つかる――そんな冴えない男、それが大吾。しかしそんな大吾にはなんと、誰もが羨むほどの超絶美人な彼女がいるのだった!! 

今すぐ試し読みする


※漫画「これも全部あの夏のせい」最新刊は「まんが王国」にて配信中!