嘘とセフレ【24巻ネタバレ】姉のように慕っていた女性と遂に男女関係目前に迫っていく!?

嘘とセフレ

漫画「嘘とセフレ」第24巻の見所や感想をご紹介!

今回の注目ポイントは京太郎と沙織の関係に変化が訪れていきます。

姉弟のように仲が良い二人。
沙織は京太郎は弟のように。京太郎は沙織を姉のように慕ってきましたが…今回でその関係性が崩れるような出来事が巻き起こっていきます。

遂に二人は一線を超えてしまうのか…。
ドキドキするエロスが描かれる第24巻!同時に京太郎の女癖の悪さもあって呆れていく女性も現れます!

この漫画の試し読み
嘘とセフレ

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で先行配信中の作品です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「嘘とセフレ」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

嘘とセフレ

嘘とセフレ【24巻】ネタバレ

嘘とセフレ

京太郎が大学へ向かう朝。
沙織は夜に予定があるから食事は一人で適当に食べて欲しいと告げていく。

『また今日も誰かと飲み会?』

沙織の事を気にしながら大学キャンパスへ。するとベンチに座っていた元カノである千里を発見。

声をかけると京太郎を馬鹿にしたような発言をしていく。

『私とまたセ○クスしたいから?』

自分を軽い男だと思っている千里に頭がきた京太郎。反論していくが…千里に誘惑された京太郎はすぐに彼女の身体を求めていく。場所を移動して彼女の身体を堪能していく京太郎。

『なぁ…俺だけだよな…千里』

俺以外の男とはシてないよな…と確認を取っていく京太郎。

そんな彼の発言に怒りを見せていく千里。手をどけさせて途中だった行為も終わりにして立ち去っていく。股間はバキバキ状態の京太郎。

『セフレいるんでしょ…呼んでシてもらえば?』

欲求不満で苛立つ京太郎。
彼はすぐに花菜へ連絡するが…既に知っている電話番号は使われていなかった。

場面は沙織へ。
水泳教室の先生と合流。彼に今日は友人も一人連れてきた事を伝えていく。沙織が連れてきたのは由紀であった。

一方、京太郎は友人である本田と仲直りして男二人で居酒屋へ。近況を語り合っていく。その中で花菜が芸能事務所に所属した事を知らされる。

『もう俺達の手の届かない存在だよ…連絡も全部事務所が管理してるらしい』

その話を聞いて…もう花菜と遊べなくなってしまった事に不満を感じたのか…酒が進む京太郎であった。

場面は沙織達へ。
3人で飲み明かしていく。この日は何事もなく二人の美女を見送る先生。彼と離れた後、沙織と由紀は別の店に足を向けて飲み直していく事へ。

『聞いていい沙織?あの人に気持ちはあるの?』

特に現状は恋愛感情など皆無であった沙織。同時に由紀は水泳教室の先生の雰囲気が少しだけ京太郎に似ていると伝えていく。

『ないない…京太郎なんて…』

少しだけ含みある表情で沙織の顔色を伺う由紀であった。

本田と飲んで帰宅してきた京太郎。少し後に同じく酔っ払った沙織が帰宅。京太郎がくつろいでいたソファに沙織も寝転んで自らお尻を叩くように指示。

パンティ丸見えの中…彼女のお尻を遠慮なく叩いていく京太郎。沙織も吐息が漏れていく。次第に叩いていた手のひらは沙織のお尻を鷲掴み。お尻をもんでいくと悶々とした気持ちになっていく京太郎。

京太郎も興奮してきて股間の敏感な部分を刺激していく。

『すごい…』

パンティの上からでもわかるほどに湿っていた沙織。彼女も喘ぎ声がこぼれていく。スイッチの入ってしまった京太郎は執拗に彼女の股間を刺激。

『自分から誘ったんだからね』

しかし、さすがに弟的な存在の彼と一線を超えてはならないと思ったのか…京太郎を拒絶して自室に戻っていく沙織であった。

翌日、顔を合わせる二人。
至っていつもと同じで気まずさはなかった。朝から酔い覚ましのラーメンを食べ終わると沙織に対する様々な感情が芽生えていく京太郎。

『沙織姉さんをこんな風に見てていいんだろうか…いや…そんなの関係ない』

ホットパンツを履いてソファで寝転んでいた沙織の隣に座る京太郎。彼は自分の欲のままに行動する事を決意。

彼女のお尻を揉みだしてホットパンツの隙間から手を入れて股間を刺激。沙織も最初は驚くが抵抗する素振りは見せない。そのままホットパンツを脱がしてパンティの上から股間を刺激。

再び湿っていた沙織の股間。静かなリビングにはいやらしい音と沙織の吐息が響きだしていく。ここで第24巻は終了。

嘘とセフレ【24巻】感想

嘘とセフレ

本当に節操のない男である京太郎。
自分の欲望の為なら相手は誰でも良いといった感じである(笑)

遂には今まで姉的な存在として慕ってきた沙織に手を出してしまう事へ。今まで姉弟のように接してきた二人の均衡が破れようとしていく。

沙織もこのまま京太郎を受け入れてしまうのか…。
抵抗せず、次第に身体が反応してしまう沙織の様子は極エロなので男性読者は是非、チェックしてみて欲しい。

ここから京太郎は男として成長できるのか…青年マンガの限界を超えるエロスと人間ドラマが面白い作品です。気になった人は是非!


嘘とセフレ

嘘とセフレ

原作・著者Kyun ja / タルチョー
価格198円(税込)

「じゃ、その日はセフレ交換ってことで」――京太郎は大学の友人に、姉のように慕っている由紀のことを自分のセフレだと嘘をついてしまう…!見栄を張ってついた嘘に罪悪感を覚えながらも、由紀の無防備で艶やかな姿に目が離せない「一度だけでいいから、由紀さんのナカに…」――そして、セフレ交換当日…由紀と友人が二人きりでホテル街へ消えていき――「由紀さん、まさか本当にあいつと…!?」疑念を振り払えない京太郎は、思わず街へと駆け出して――!?

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「嘘とセフレ」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

↓↓以下で彼女のヒールを脱がせたらのネタバレをまとめています↓↓
嘘とセフレ【ネタバレまとめ】最新巻から結末や最終回まで公開中!