見せる、見つめる、ふたりだけ【3話ネタバレ】危険な関係が第三者にバレる!?

見せる、見つめる、ふたりだけ

三星めがね先生の漫画「見せる、見つめる、ふたり」第3話。

1話2話で主人公である柊とヒロインである瞳のエロティックで奇妙な関係性が描かれてきたが、今回は二人の関係を脅かす存在が登場。その正体を追っていく。

この漫画の試し読み
見せる、見つめる、ふたりだけ

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で先行配信中!12月31日まで第1話が無料で読めます!

今すぐ試し読みする

見せる、見つめる、ふたりだけ

見せる、見つめる、ふたりだけ【2話ネタバレ】体育館倉庫、人のいない教室で見せつける!

見せる、見つめる、ふたりだけ【3話】ネタバレ

見せる、見つめる、ふたりだけ

美術室にて全裸を柊に見せつける瞳。

扉の隙間からは吐息荒く、瞳の身体を見つめて生唾を飲み込む謎の人物。

『ねぇ、ちゃんと…見えてる?』

美術室の外からバタバタとした足音が聞こえて焦る柊。外に誰かいたのではないかと疑っていく。これをネタに脅されて学校にいられなくなる可能性があると心配性な柊。

取り敢えず美術室から退散しようとすると扉の前に鉛筆を発見する。

教室に戻ると美術室での事が頭から離れない柊。自分達の関係が第三者にバレてしまっているのではないかと気が気でない様子。

移動教室の時に瞳が見遣ると奥の校舎を見つめていた。柊も見る。すると咄嗟に姿を隠す謎の影を発見。

『…誰かが俺たちを見ていた!?』

美術室を覗いてた人物ではないかと勘ぐっていく柊。それから彼の頭は犯人が誰なのか…これで一杯になっていく。

柊が見てくれず、不満そうな表情を浮かべる瞳。シャーペンの先端で自分の胸の先端を少し弄っていく。そして柊の方を見遣る。彼は明後日の方向を見ていた。消しゴムをわざと落としても反応なし。

『どうして見てくれないの…私の身体』

休み時間になると柊を呼び出して圧力をかけていく瞳。彼はこの奇妙な関係が第三者にバレていないか心配になっていた。一方、瞳はそんな事は大したことでもないと伝えていく。

『私にはその程度のことなの、柊くんが見てくれない方がイヤ』

彼の顔を自分に向けると瞳は廊下の死角となる影際に立つ。そしてスカートを捲りあげていく。ノーパンである。彼女に目が釘付けになっていく柊。

瞳もようやく柊がしっかりと見てくれて鼓動が高鳴り、興奮を覚えていく。同時に気配を感じる瞳。奥の校舎を見ると再び物陰に隠れる人物を発見する。

柊も気づいて謎の人物を追いかけていく。
辿り着いた先は美術室であった。扉を開けようとすると被り気味で先に瞳が開ける。

『そこで見てて』

美術室に一人で入って制服を脱ぎだしていく瞳。すると影に隠れていた人物が姿を現していく。

『なんて…美しい身体…』

正体は美術部の眼鏡女子であった。彼女の裸に一目惚れしていた眼鏡女子。瞳にヌードデッサンをさせて欲しいと懇願していく。瞳の体の神々しさを一人語りしていく眼鏡女子。

ちなみに彼女は瞳が裸を柊に見せている事には気づいていない。

『見てほしいのよね、そういう欲求があるのなら…私ならあなたのこと、いくらでも見てあげられるわ!』

しかし、瞳は眼鏡女子を拒絶する。

制服で身体を隠していく。理由は彼女に見られても興奮しないからである。辛辣な言葉で眼鏡女子を突き放していく瞳。眼鏡女子も人物デッサンマナーに沿って諦めることを決意していく。

一難が去って瞳の前に姿を現す柊。
彼女の言葉を聞いていて気掛かりな事があった。

『さっきの奴はダメで俺には見せるのって…お前、俺のこと…』

鈍感過ぎる柊。
瞳は自分を趣味に使える道具だと思っていると怒りを露わにしていく。柊に睨まれると身体がビクンと反応してしまう瞳。やはり彼の視線だけは別格であった。

再び柊の前で全裸になる瞳。
ロッカーの鍵を渡してバッグを持ってきて欲しいとお願いしていく。

最後のプールの授業。
この日の瞳はどこか機嫌が良さそうであった。ここで第3話は終了。

見せる、見つめる、ふたりだけ【3話】感想

見せる、見つめる、ふたりだけ

二人を見つめる生徒の正体は美術部のモブキャラ的な存在であった。ただ、良いスパイスになっていたと思う。

後はまぁ、この手の漫画で定番な設定だが、柊が鈍感過ぎる…(笑)とは言っても瞳自身も何故、彼に見つめられると異常に身体が興奮するのか論理的には説明が出来ていない。

さぁ、第4話の予告もあったが、二人がより急接近するような雰囲気が描かれていた。今から楽しみである。

※この漫画はコミックシーモアで先行配信中。第1話が2020年12月31日まで無料で読む事が可能です。気になった人は是非、チェックしてみて下さい!


見せる、見つめる、ふたりだけ

見せる、見つめる、ふたりだけ

原作・著者三星めがね
価格190円(税別)

男子高校生・柊(しゅう)は、眼力が強すぎる系男子。その眼力ゆえに、一部の女子には誤解されがち。そんな彼の目下の悩みは、クラスメートの星島瞳(ほしじまひとみ)。いつも厚着で、無表情の彼女には、柊の前だけでいつも服を脱ごうとしてきて……。「恋愛暴君」の三星めがねが描く、異色の学園<変>愛ストーリー。

今すぐ試し読みする


見せる、見つめる、ふたりだけ【4話ネタバレ】夏祭りで急接近!?