くにはちぶ【7巻ネタバレ】敵か味方に拘り暴走するヤバ過ぎる少女!

くにはちぶ最新刊となる第7巻
今回はとにかく華厳かざりといった少女が暴走をしていく。とにかくたんぽぽを排除したいかざり。彼女の正義はちょっと常人には理解が追いつかない所までいってしまう(笑)

敵か味方かに拘り、たんぽぽの味方なら私を殺してみろ!…的な展開へ。さらにかざりの計略によってたんぽぽが誘拐されてしまう事態にまで発展。

中学生が起こす行動としては滅茶苦茶過ぎる…(笑)

この漫画の試し読み
くにはちぶ

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」にて無料試し読み可能!

今すぐ試し読みする

くにはちぶ(6巻)

漫画「くにはちぶ」6巻ネタバレ!懸賞金を懸けられて状況は大悪化!?

2019年8月16日

くにはちぶ【7巻ネタバレ】

24話ネタバレ

くにはちぶ廃案を訴える動画投稿をしたあざみ。効果は少ないかと思いきや、放送を見ていた同級生達が『味方』になりたいと申し出てくる。

くにはちぶ廃案に触発された同級生達は『無視しながら無視しない』を実践してみると前向き。少しずつだが状況が好転していくたんぽぽ達。

たんぽぽ側についた生徒達は華厳かざりのくちはちぶを潰すゲーム中止や謝罪を彼女に要求。しかし、かざりが暴走をしていく。

たんぽぽの味方になって楯突いてきた女子生徒の指の骨を折って脅しをかけていく…。

『あなた達にとって私が敵などうやって排除するの?』

脅迫まがいの言葉を立て続けに並べていき、たんぽぽの味方になるのは良いが覚悟が足りない位の事を言いのけていく。そして自身を敵だと認識している生徒達に対して自分で指の骨を折ってみせて一言。

『おまえ達の敵は華厳かざりだぞ』

25話ネタバレ

暴走するかざりにたんぽぽがアクションを仕掛けていく。たんぽぽの頭突きによって一先ずは彼女の暴走を止める事はできて、何事もなく下校へ。

無視はされつつも味方になってくれた生徒達と大勢で久しく帰路につく下校。嬉しさがこみ上げていくたんぽぽ。そして分かれ道にて生徒達と分断。たんぽぽはあざみと2人で帰る事へ。

ここで問題が発生。
ワゴン車が2人の前で急停止。中から出てきた男の手はあざみを車内に連れ込んでいく。彼女を助けようとたんぽぽも車内へ。

外に放り出されたのはあざみであった。
狙いは最初からたんぽぽであった拉致グループ。同時にあざみの隣にはかざりが現れる。彼女が手配してたんぽぽを拉致させていたのだ。

『30分以内に私がメールを送れば何も起きない』

あざみに伝えるかざり。
そして彼女にナイフを手渡していく。何をしてでも味方を助ける所を見せて欲しいと訴えかけていくかざり。

26話ネタバレ

たんぽぽを助けたければ自分を殺せとあざみに伝えていくかざり。

彼女の真意が不明のまま困惑していくあざみ。すると2人のやり取りを見ていた画彩が警察に連絡。あざみはかざりの暴走を止める好機と見て、警察が来たらアンタもヤバイ事態になる事をやんわりと伝えていく。

しかし、まったく動じないかざり。
彼女を見て誤魔化しは一切通用しないと捉えるあざみ。

かざりは警察が来ると面倒になるので一旦、たんぽぽを監禁している現場に向かおうとあざみを一緒に連れて行く。

かざりは雇った拉致グループを現場で解散させていく。1千万円の入ったケースの鍵と引き換えに…。そして催涙ガスで眠らされているたんぽぽを見たあざみ。

暴走止まないかざりにあざみは言う。

『味方の為に何でもできるというなら、あんたが私のために死んでみなさいよ!』

するとかざりは持っていたナイフを自分の腹部に突き刺していく。味方をする者の為なら殺人も辞さないという姿勢を見せていくかざり。あざみは彼女を止めるには自分がかざりを殺さないと彼女は止まらないと思っていく。

そしてかざりの意志に応える為、あざみはナイフを手にしてかざりの胸を突き刺そうとしていk.

27話ネタバレ

かざりを殺そうとするあざみ。
そこに復活したたんぽぽがあざみに催涙ガスを吹きかけていく。あざみを悪者にさせない為、自分でかざりと決着をつけようとしていくたんぽぽ。

ナイフを片手に持ったたんぽぽを見てかざりは言う。

『それでどうするの?道端たんぽぽ』

無視法を破るかざい。
そして監視官である踏がどこからともなく現れる。

捕まる前にたんぽぽを人質にしていくかざり。
ここから再び持論を繰り広げながら暴走していくかざり。そんなかざりにたんぽぽは『あなたは敵でも味方でもないよ』と伝えていく。自分の敵は法律であり、人ではないと主張していくたんぽぽ。

最終的にたんぽぽは核心を突いていく。

『あざみちゃんにとってもあなたは味方でも敵ですらない…』

その言葉を聞いて困惑の表情を見せていくかざり。ここで7巻は終了。

くにはちぶ【7巻の感想】

くにはちぶ(7巻)

個人的にかざりが出しゃばってきてから意味がわからなくなってきた。かざりといった女が人間として破綻していて成すこと全てが滅茶苦茶といった印象。敵とか味方とかこの女は拘り過ぎではないだろうか。

物語もちょっと支離滅裂になってきてしまったといった印象を受ける。

結末がどうなるのかは気になるが、かざり編はちょっと理解が追いつかないのでサクっと終わらせて欲しい。賛否両論のある漫画だが、設定等はかなり新鮮なので興味が出た人は是非、チェックしてみて下さい☆彡


くにはちぶ

くにはちぶ

原作・著者各務浩章
価格600円(税別)

中学二年生、道端たんぽぽ。幸せな毎日が続くことを信じ切っていた…。しかし、突如日常は崩壊した。「無作為選出対象者無視法」…通称“くにはちぶ”と呼ばれる法律の対象者に選ばれ、日本中全国民から“無視”をされることになったたんぽぽ。友達からも、家族からさえも……。戦慄のサバイバル・サスペンス開幕!!

今すぐ試し読みする