漫画「くにはちぶ」6巻ネタバレ!懸賞金を懸けられて状況は大悪化!?

くにはちぶ(6巻)

国民全員から無視される法律の対象者になった少女を描く問題作『くにはちぶ』最新刊となる第6巻が登場。もう無視され続けて6巻である。今回から新たな展開を見せていくがヒロインである道端たんぽぽを取り巻く状況は好転せずといった印象。

悪意の塊である生徒・華厳かざりのある策略によって学校内でのたんぽぽの状況はさらに悪化を増していく事へ。

さらに国八分といった法律と戦う為、ある施策を行っていくたんぽぽ達。こちらも予想と反したリアクションがあり追い詰められていきます。まさに八方塞がりといった感じになってしまう第6巻。無視法といった法律に抗い…戦うたんぽぽ達であるが光は見えてくるのか…。

久しく国のトップである総理も登場するが「無視法」といった存在自体、忘れているような衝撃的な一幕もあります!

この漫画の試し読み
くにはちぶ

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」にて無料試し読み可能!

今すぐ試し読みする

くにはちぶ(5巻)

漫画「くにはちぶ」5巻ネタバレ!正義の衝突&新たな悪意が牙を剥く!

2019年4月17日

漫画「くにはちぶ」6巻ネタバレ

5巻の続きから。
屋上にたむろしており、画彩を苛めていた不良集団に目をつけられたヒロイン・道端たんぽぽ。不良グループはいじめられっ子である画彩を利用してたんぽぽを傷つけようとしていきます。

投げつけられた画彩はたんぽぽと接触。
彼女を認識してしまいそうになりますが、たんぽぽの機転によって危機を免れていく事へ。そんな一部始終を見ていた華厳。気に食わなかったのか不良グループのリーダー格の男を締め上げていきます。

華厳のおかげもあって屋上での一幕は終了。以降、たんぽぽに助けられた画彩は彼女をストーカー的に追いかけていくようになっていきます。

不良グループの悪意が再び牙を剥く…

屋上で華厳から制裁を受けた不良グループでしたが、たんぽぽに対する悪意が収まる事はなく、くにはち対象者のたんぽぽを消し去ろうと画彩を利用して悪事を企てていきます。

くにはち対象者には何をしてもお咎めは無し。
その法律を利用して再びたんぽぽを傷つけていこうとする不良グループ。具体的に言うと画彩を利用してバットでたんぽぽを殴打しようとしていきます。

ここで再び華厳が登場。
しかし、今回は不良グループの味方へ。制止する事もなく不良グループをやらんとしている事を眺めていきます。

不良グループの言いなりになるか、自分の意志を見せるか…岐路に立たされていく画彩。彼は不良グループと敵対する事を選び反抗。たんぽぽの味方になる決意を見せていきます。

只、非力な画彩が不良グループに勝てる訳はなく返り討ち。不良グループの反撃が開始されそうになった場面であざみが竹刀を持って登場。圧倒的な武力で不良グループを成敗。

あざみの登場によって不良グループとの一悶着は終了。一方、たんぽぽの自宅には謎の二人組が訪れており、父親に1千万円の賞金を用意して、無視法が終了するまで娘を誰とも接触させないで欲しいと頼まれていました。

後に謎の二人組は政府の息のかかった人物である事が判明しますが、たんぽぽの父親はこの提案を拒否。自身も無視法と戦う決意を見せていきます。

目まぐるしく変わるくにはちの状況!?

翌日、学校内で華厳があるアナウンスを始めていきます。

手段を問わず、くにはち対象者を学校に来れなくした者には1千万円の賞金を提供する…。こんな事を全校生徒に告げていく事へ。所謂、たんぽぽに懸賞金が懸けられたのである

これ以降、校内でのたんぽぽの状況は悪化。

多くの生徒が懸賞金目当てでたんぽぽに悪意を向けていく形へ。教師も見てみぬフリ…。物理的にたんぽぽを潰そうとする悪意の数々を受けるようになっていくたんぽぽ。

登校すれば命の危険が伴う中、それでも学校へ登校する強い意志を見せていくたんぽぽ。味方と呼べる人間はあざみのみ。一方で久しく登場する総理。

たんぽぽの自宅に訪れた謎の二人組が総理に接触。くにはちについての報告をしていきますが…『くに…?何だっけ…それ?』無視法の法律など既に眼中にない印象。二人組に全てをお任せ状態にする総理。

無視法と戦う者は現れるのか…!?

状況が悪化する中、学校ではあざみが不良グループを成敗する動画がネットで拡散されており話題になっていました。投稿者はもちろんが画彩。

動画を停止させようと画彩の下へ向かうあざみ。
すると画彩は自身の背後にいるジャーナリストをあざみに紹介。名前は出てこないのでジャーナリストとしますが、彼は無視法と戦う活動をしていると告げていきます。

彼は動画を利用する事でたんぽぽに味方をつけて、無視法を反対する活動ができると語っていく事へ。

たんぽぽを守りたいあざみはジャーナリストの口車に乗る事へ。そして、たんぽぽが自身の思いを吐露していく動画を撮影。彼女の思いに賛同する人物を集めて法律と戦う目的でしたが…。

動画の最初に投稿されたコメント欄…『死ね』の一言…。ショックと困惑の表情を浮かべていくたんぽぽ、あざみ。ここで6巻は幕引き。

漫画「くにはちぶ」6巻の感想

くにはちぶ(6巻)

状況は好転せず、悪化を辿るばかり…。
そして、国のトップが無視法の存在すら忘れている現状…。もう廃止で良いだろうなんて思いましたが…(笑)

理不尽な法律の対象者になった少女の成長や友情を描いていく作品。

内容的にはエグいので読む人を選ぶ作品ですが、気になった人は是非、チェックしてみて下さい☆彡


くにはちぶ

くにはちぶ

原作・著者各務浩章
価格600円(税別)

中学二年生、道端たんぽぽ。幸せな毎日が続くことを信じ切っていた…。しかし、突如日常は崩壊した。「無作為選出対象者無視法」…通称“くにはちぶ”と呼ばれる法律の対象者に選ばれ、日本中全国民から“無視”をされることになったたんぽぽ。友達からも、家族からさえも……。戦慄のサバイバル・サスペンス開幕!!

今すぐ試し読みする