家族が欲しいストーカーの話【ネタバレ】気持ち悪さと恐怖が共存する震撼サスペンス!

家族が欲しいストーカーの話

エグい内容の漫画が登場。それが納豆まぜお先生が描く「家族が欲しいストーカーの話」といったタイトルの漫画である。尖ったタイトルと如何にもヤバそうなカバーを見て購入。

内容も尖りまくっていた(笑)

主役は蔵田千沙子(くらたちさこ)といった女性。10年前に苛めから守ってくれた男性・圭佑の事をひたすらにストーカーしているヤバイ女である。

この漫画の試し読み
家族が欲しいストーカーの話

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で取扱、配信中! 試し読みも可能となっています!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「家族が欲しいストーカーの話」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

家族が欲しいストーカーの話【ネタバレ】

圭佑が捨てたゴミ袋を回収して自宅に持っていく千沙子。ゴミを仕分けして出てきた精子入りコンドームを彼女は口に含み、別の容器に移していく。そんな異常行動をしていると喋る猫が彼女に注意喚起していく。

どうやら千沙子は猫の言葉がわかるらしい(笑)

猫にガチで皮肉と説教を受けていく千沙子。そんなものは無視してコンドームから得た圭佑の精子を魚肉ソーセージに馴染ませて千沙子は自分の体に受け入れさせていく。

ここでこの漫画のヤバさがわかるはず…。猫も呆れ顔。最後にその魚肉ソーセージを食べる千沙子。

10年も大好きな人との出会い…

彼女がどうしてここまで圭佑といった男性に惚れ込んでいるのか…その背景が明かされていく。

舞台は10年前。
まだ学生だった千沙子は苛められていた。彼女には親もおらず格好の的であった。

そんな苛めから千沙子を救ってくれたのがクラスメイトであった圭佑だったのだ。その日を境に圭佑に惚れ込んでいく千沙子。しかし、彼には彼女もいた。そして現在。

圭佑は学生時代から付き合っていた彼女と未だに交際していた。そんな彼の私生活まで覗き見していく千沙子。妄想の中で圭佑との結婚生活などを脳裏に焼き付けていき、幸せを感じていく。

不法侵入&妊娠!?

郵便局員である千沙子。
彼女は圭佑宅の郵便物は届ける前にコピーなどしていて情報をゲットしていた。その中で圭佑達が6月10日に旅行へ出掛ける事を知る。あと6ヶ月。何か悪巧みを感が手ニヤッと笑う千沙子。

一方、圭佑宅に郵便物を届けると圭佑と遭遇。

『蔵田…お前まだ、この辺をウロウロしているのか…?』

どうやら圭佑は千沙子に疑心暗鬼の模様。彼女がストーカーしている事を勘付いているのか…。喋る猫もその話を聞いて、いずれはお前は通報されるなどと千沙子に注意をしていく。

一方、トイレに入って妊娠検査薬で体をチェックする千沙子。衝撃が走っていく。そして6ヶ月後である。

旅行に出かけた圭佑宅に不法侵入していく千沙子。そしてお腹は大きく膨らんでいた…。

他人の家で戦慄の事件が巻き起こっていく!?

圭佑宅に不法侵入していく千沙子。パンツを脱ぎ捨て下半身全裸で家の中を徘徊。さらに圭佑が使っているであろうTENGAを発見。興奮して舐めまくっていく(笑)

とにかく圭佑の私物、匂いに囲まれて興奮、昇天していく千沙子。トイレを借りようと入ると見知らぬ男がトイレに座っていた。彼が強盗であった。

明らかに格好がおかしい千沙子を見て目的を察知した強盗男。

彼女を弄ぼうとしていくが千沙子は咄嗟に逃げ出していく。そんな事をしている内に夜も深まり、圭佑達が帰宅してくる事態へ。家の中から物音が聞こえ、一人入っていく圭佑。

強盗男と対面。
追い出そうとするが屈強な強盗男。圭佑は返り討ちにされていく。すると背後からスタンガンを当てて強盗男を気絶させていく千沙子。

圭佑と対面。
膨れ上がったお腹を見せていく。

『あなたの子供よ…妊娠してるの…10年待ったのよ…結婚してよ』

しかし、カラクリに気づいた圭佑。
千沙子の腹には風船が仕組まれていた。

愛する人に救われて改心するストーカー女!?

嘘がバレてしまった千沙子。
強行突破で無理やり、圭佑と関係を持とうとしていく…しかし、スタンガンから意識の目覚めた強盗男。

圭佑を追う千沙子を引き止めて無理やり、体を弄んでいく事へ。他人の家で強盗男とストーカー女が体を絡めていく…もう滅茶苦茶である。

その後、警察を呼んだ圭佑。
強盗男は逮捕…。千沙子も何者か問われていく。

『彼女はうちの家族です』

圭佑の優しさに救われていく千沙子。
家族が欲しかった女は表面上だけであるが家族扱いされて改心。圭佑に今までの行いの全てを懺悔して謝罪。圭佑も彼女が変わる事を信じて謝罪を受け入れていく。

改心した千沙子。
彼女が猫の言葉を理解する事はなくなっていた。ニャアと鳴く猫にニャアと満面の笑みで返していく千沙子。終わりである。

家族が欲しいストーカーの話【感想】

家族が欲しいストーカーの話

電子版の「家族が欲しいストーカーの話」にはおまけとしてネーム版が含まれている。どちらにせよ千沙子といったヒロインがヤバすぎて最初は絶句である(笑)

気持ち悪いを通り越して恐怖を与えてきてくれる強烈なキャラである。ただ、怖くて気持ち悪いけど引き込まれていく作品。

家族が欲しかったストーカー女が最終的に救われていく物語。興味が出た人は是非、チェックしてみてください。エグいけど面白い!


家族が欲しいストーカーの話

家族が欲しいストーカーの話

原作・著者納豆まぜお
価格300円(税別)

ゴミ置き場からゴミを盗む不気味な女。彼女は10年に渡り男を付け狙うストーカーだった。「私と家族になりましょう・・・」不幸な生い立ちの彼女の、恐るべき計画は実行に移される・・・。SNSで発表され、読者を震撼させたサスペンス。より生々しいネーム(下書き)版と書き下ろしイラスト付きです。

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「家族が欲しいストーカーの話」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。