漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」25話ネタバレ!憎む相手へ反撃の狼煙を上げるヒロイン!

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜(25話)

丘上あい先生の人気漫画である「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」最新話となる第25話が電子書籍ストア「まんが王国」にて先行配信開始。25話から表紙カバーも変更されており、ここから憎む女同士の直接対決を示唆するようなカバーとなっています。

25話の内容も遂に爽が反撃の狼煙を上げるような終わり方を見せており、遂に二人の対決やこの漫画の物語は佳境へ入ってきたのか…!?

未だ本心や全貌の見えない魔性女・瑠衣。爽にとどめの一撃を刺そうと母親の元へ爽に扮して訪れた瑠衣ですが計画は成功するのか…。注目の展開が25話には詰まっています!

この漫画の試し読み
ギルティ

この漫画は電子書籍ストア「まんが王国」のみの独占配信作品! まんが王国内で無料試し読みも可能です。

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「ギルティ」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

ギルティ(24巻)

漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」24話ネタバレ!明らかになっていく魔性女の真実!?

2019年1月31日

漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」25話ネタバレ

まずは爽と母親のやり取り。さらに暗躍する瑠衣の背景が明かされていきます。ボケがきているのか支離滅裂な発言をするようになってきた爽の母親。

爽の面会が終わり、夜になると爽に扮して母親と接触する瑠衣。どうやら彼女の目的は母親の死の誘発。夜な夜な忍び込んでは徐々に爽の母を洗脳していってるような感じ。

一方の爽は完全に一馬との離婚も成立。
彼は寺島の捏造記事によって社会的な死へ。そして爽の前から消えて「やるべき事をやる」といった手紙を残して二人の関係に終止符が打たれていきます。

それぞれの岐路へ…

会社へ復帰した爽は編集長に謝罪。しかし、社内では変化が起こっていました。爽は異動へ。そして後輩であった結は辞表を出して会社を辞めていたのです。

ここで初めて結が寺島の協力者であった事を編集長から聞く爽。同時に結が爽宛てに残した手紙を渡されます。

結からの手紙には謝罪の言葉。それと寺島が放った意味深な言葉などが綴られていました。それを見て瑠衣が起こそうとしている行動を直感的に感じる爽。

続いて秋山。
彼は瑠衣と対面していました。

もう店には来ないで欲しい…爽の事も終わりにしろ…そう告げる秋山。納得した表情で承諾する瑠衣でしたが、秋山が去った後に憎悪が爆発する瑠衣。

反撃の狼煙を上げるヒロイン!

翌日、爽の母が入院している部屋を訪れる瑠衣。しかし、表札がなく転院された事を聞かされて驚愕。

実は結からの手紙に瑠衣が爽の母を監視している情報が記されていたのです。この情報をもとに瑠衣を出し抜くため母親を転院させていた爽。

嫌いだった母親を守る為、決意を固めていく爽。彼女は瑠衣へメッセージを送ります。

「潰せるもんなら潰してみたら?」

やられ放題であった爽。ここから反撃をしていくのか…第25話はここで終了。次話へ続きます。

漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」25話の感想

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜(25話)

いよいよ反撃開始といった具合の爽。今まで散々にやられてきたので痛快な制裁を加えて欲しいところ。あと秋山と瑠衣の対面で秋山が気になった一言を言っていました。

俺がイタリアに行った後に何かあったのか…

秋山が海外留学へ行ってから瑠衣が魔性化する出来事があったのかもしれません。何にせよ今後は瑠衣の秘密もドンドンと明かされてくるはず。いよいよ佳境か…今後の展開が楽しみです☆彡


ギルティ

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜

原作・著者丘上あい
価格100円

35歳の爽(さやか)は、夫とふたり暮らし。結婚して10年経つが子作りをしない夫に、爽は「子供が欲しい」という本心を打ち明けられずにいた。そんな爽の気持ちを晴らしてくれるのは、年下の友人・瑠衣(るい)と行きつけのバーで語りながら飲む時間。瑠衣の勧めで、夫に本音を打ち明けた爽は…。1話目から、衝撃の展開が待ち受ける――!! 全員裏切り者の、ジェットコースター・ラブサスペンス。

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「ギルティ」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。