ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜【33話ネタバレ】前妻の死に関わっていた魔性女の事実!?

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜(33巻)

漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」マイクロ版の最新刊となる第33巻(33話)が電子書籍ストア「まんが王国」にて先行配信スタート。今回の注目ポイントは一真の前妻である弥生の死に瑠衣が深く関わっていた事が明かされていきます。

瑠衣の計画は爽が思うほど、ずっと以前から企てられていおり、彼女の危うさがより色濃くなっていく注目巻。そして離婚して以来、久しく爽と一真も対面。別れてからようやく夫婦らしい会話をしていく一幕が描かれていきます。

あらゆる状況を想定して行動している瑠衣。
彼女が放った魔の手が一真に牙を剥く形になるのか…。瑠衣の手によって、ある人間の恨みが一真に再び向けられていきます。

この漫画の試し読み
ギルティ

この漫画は電子書籍ストア「まんが王国」のみの独占配信作品! まんが王国内で無料試し読みも可能です。

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「ギルティ」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

ギルティ(32)

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜【32話ネタバレ】魔性女の前に現れるのは救世主!・

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜【33話ネタバレ】

会社に出社した爽。
前日の夜に弱音を吐いて、守屋とキス。その件があった為、社内で彼を避けていく行動へ。コソコソとよそよそしい爽を発見して声をかけていく守屋。

昨日はその後、2人は飲みに出かけていた。そして酔い潰れた爽はまったく記憶がなかった。

状況を聞かされていく爽。
泥酔した爽は守屋が介抱して、彼の家に泊まっていた。ただ、大人の関係になる事はなかったと伝えていく守屋。泥酔状態だった自分の様子を聞いて心の中で恥じる…。『死にたい』と…(笑)

母親の側に元夫がいた!?

瑠衣の件もあって転院させた母親のもとへ足を運んでいく爽。まず看護師に様子を聞くと最近、家族の方が来院している事を聞かされる。

爽の脳裏に浮かんだのは瑠衣の顔。
胸がざわつく爽。急いで母親のもとへ向かっていくと彼の側に居たのは前夫である一真であった。

意外な組み合わせに驚く爽。
2人の背後で会話を聞いていく。

母親は一真に爽の近況などを聞いていた。母親が自分の事に興味を持ち、普通に一真と会話している場面を見ながら涙を流していく爽。

2人の会話も終わり、一真が立ち上がり、振り返ると爽に気づく。

久しく顔を合わせた元夫婦。
場所を変えて近況を語り合っていく。一真は自分の両親と向き合って、自身の情けなさ、過去に爽に求めていたモノを明かして自虐していく。

雰囲気の変わった一真に対して爽は一言。

『なんか…知らない人と話してるみたい…』

大切なモノを失い、傷つき、ようやく自分と向き合って過去の自分と決別していた一真。人を想う気持ちが芽生えたといった具合。

前妻の自殺に魔性女が関わっていた!?

傷つきあって、離婚してから、ようやく本音で喋る事が出来るようになった2人。一真は寺島の近況も語りつつ、瑠衣と対面した時の事を明かしていく。

場面は前巻のラスト。
瑠衣が秋山の息子・蛍太に迫っていく場面。彼女を制止した一真。彼は自身が調査して得た情報を答え合わせのように瑠衣に語っていく。

『弥生に俺が結婚する事を知らせたのはおまえじゃないのか?』

核心に迫る言葉を瑠衣に投げかけていく一真。

場面は再び、爽と一真。瑠衣は寺島と結託している訳ではなく、手駒の一つに過ぎない事を爽に明かしていく。

また場面が戻る。
真実を知った一真に対して禍々しい表情で意味深な言葉を投げかけていく瑠衣。

『安心して、弥生が亡くなったのちゃんと荻野さんのせいにしてあるから』

描写は寺島へ。
弥生の私物から一通の手紙を見つける。そこには一真と爽の挙式写真。『結婚しました』と書かれた手紙の送り主は一真になっていた。

一真は爽に明かしていく。
寺島を自分の駒として使う為、瑠衣は弥生を自殺まで追い込んでいたと…。

一方の寺島。
一真名義の手紙を見て、彼に怒りはさらに増幅を見せていた。

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜【33話の感想】

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜(33巻)

瑠衣の魔の手がどこまでも絡みついている状況を示す内容の33巻。瑠衣の策略によって再び一真への怒りを増幅させていく寺島。

不穏な空気が再び漂っていきます。
一真が言うには瑠衣の最終目標は兄の息子である蛍太を自分のモノにする事。

複雑な人間模様ですが、一真は真実を寺島に伝えるのか…それとも自分が悪者になって寺島の恨みを受け止めていくのか…。魔性女の策略がどこまでも解ける様子が見せないギルティ。

絶賛できるラブサスペンス物語なので興味が出た人は是非、チェックしてみて下さい。


ギルティ

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜

原作・著者丘上あい
価格100円

35歳の爽(さやか)は、夫とふたり暮らし。結婚して10年経つが子作りをしない夫に、爽は「子供が欲しい」という本心を打ち明けられずにいた。そんな爽の気持ちを晴らしてくれるのは、年下の友人・瑠衣(るい)と行きつけのバーで語りながら飲む時間。瑠衣の勧めで、夫に本音を打ち明けた爽は…。1話目から、衝撃の展開が待ち受ける――!! 全員裏切り者の、ジェットコースター・ラブサスペンス。

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「ギルティ」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜【34巻ネタバレ】魔性女に果たされていく罪の罰!?

↓↓以下でギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~のネタバレをまとめています↓↓
>>ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【ネタバレまとめ】最新話から結末まで公開中!