エッジ〜彼氏の女友達〜【5巻ネタバレ】望んだ状況のはずが拭えない不安に襲われる!?

エッジ~彼氏の女友達~

注目の漫画家さんである青咲るそう先生の新作『エッジ〜彼氏の女友達〜』マイクロ版の最新話となる第5巻(5話)が登場。

聖華の目的が明かされ、お腹にある火傷も気になる状況だった前話。火傷の真相は明かされていきませんが、今回は勇樹が大きな行動に出ていきます。

女性にとっては嬉しい状況のはずですが、勇樹から漂う悍ましい雰囲気が手放しに喜べない状況を作っていく事へ。この男は手に負えないモンスターなのか…それとも聖華が真波を不安に陥れようと虚言なのか…。

真相は闇の中…といった状態で一つの答えが展開されていきます!

この漫画の試し読み
エッジ~彼氏の女友達~

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で先行配信中! 試し読みも可能となっています!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「#エッジ」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

エッジ~彼氏の女友達~

漫画「エッジ〜彼氏の女友達〜」4巻ネタバレ!知らない彼の裏の顔に戦慄!?

2019年11月6日

エッジ〜彼氏の女友達〜【5巻ネタバレ】

会社にて真波から聖華との関係を問いただすメッセージを確認していた勇樹。特に顔色も変えずメッセージを見ていた勇樹であったが同僚から社内のお局である斉藤さんの怒りを鎮めて欲しいとお願いされていく。

斉藤さんの怒りは勇樹の部下であった女性社員・柏木に向けられていた。

やんわりとどちらも傷つけないように斉藤さんを上手く言いくるめていく勇樹。男性社員からは『さすが高松!』と斉藤さんの怒りを手際良く鎮めた事を称賛されていく。

その後、部下である柏木は助け舟を出してくれた事に感謝をするが、自身のミスによる責任だったので嘘をついてまで助け舟は要らなかったと遠回しに伝えていく事へ。

『俺がキンキン声聞かされるの耐えられない、環境整備の一環だと思って』

冷めた笑顔で柏木に伝える勇樹。
そんな彼から悍ましい雰囲気を感じ取る柏木はゾッとした恐怖を覚えていく。

そして定時になると『大事な用』があると言って足早に退社していく勇樹。SNSには大学時代の友人から聖華と復縁した事の祝福メッセージ…他には真波を紹介した知人から不満のメッセージが送られてきていた。

『……そろそろかな』

どこか冷めきった表情で一人呟く勇樹。

今カノにとって最高に不安な夜が訪れる…!?

場面は変わって真波と聖華へ。
勇樹につけられた火傷を見せてマウントを取っていく聖華。

『この傷がある限り、ゆうくんは私を忘れられない』

こんなニュアンスの言葉を投げかけていく。混乱する真波は聖華と真波の間に一体何があったのか尋ねていく事へ。

『あたしと付き合ってたのにゆうくん…』

真相を語ろうとすると真波と聖華共にケータイが響き出す。メッセージの送信主は勇樹。大事な話があるから2人に自宅へ戻ってきて欲しいと伝えられる。

聖華の言いかけた言葉は勇樹からのメッセージで遮られて自宅へ戻る事にする2人。真波にとって言いようのない不安が心を支配していく。

自宅に戻ると停電で部屋は真っ暗。
奥から勇樹が現れてくる。邂逅一番で真波は聖華との関係について説明を求めていく事へ。

彼氏の口から語られる交際の背景…

まず勇樹は『真波を傷つけたくなかった』から嘘をついたと謝罪。

横から聖華がしゃしゃり出てくる。
二股…浮気…いや真波との交際は気の迷いであると一人語っていく聖華。勇樹の口から真相が語られていく。

真波と出会った時は正式に聖華と別れていなかった勇樹。訳は別れ話を持ちかけても聖華が了承してくれなかったと説明していく。そんな中で知人から真波を紹介された勇樹。

出会った日に真波の人柄に触れて一目惚れしていた事を明かしていく。

再び聖華がしゃしゃり出てくる(笑)
勇樹の真波に対する気持ちは気の迷いだと考えを変えない聖華。自分達の絆の方が強い。ここぞとばかりに真波からマウントを取ろうとしていく。

『女友達のフリしてたけど飽きた。ここでどっちから選んで』

聖華のこの言葉には真波も賛同。精神的にも限界が来ていた真波。

不安の拭えないプロポーズ!?

もう逃げないよ…

そう呟くと徐ろにスーツの内ポケットへ手を入れて婚約指輪を取り出す勇樹。女性2人の心臓はバクバクである。

勇樹はプロポーズの言葉と共に指輪を真波に差し出していく。彼が選んだのは今カノである真波であった。

不随意な表情とショックのあまり困惑の言葉が出てくる聖華。勇樹は淡々とした態度で聖華を家から追い出していく。最後に傷の事で慰謝料請求するなら弁護士を通して連絡して欲しいと伝えて、弁護士の名刺を差し出す勇樹。

『さよなら』

笑顔で玄関のドアを閉めていく。
不本意な聖華は玄関の前で怒り叫んでいく。

室内では勇樹が真波を抱きしめていく。本来なら嬉しいはずの真波であったが素直に喜べない自分がいた。玄関越しに投影される聖華のすがる表情や状況…。

あれが私の未来の姿なわけじゃないよね?

真波の中で自身もいつか勇樹に捨てられるのではないかと一抹の不安が押し寄せていた。ここで第5話は終了。

エッジ〜彼氏の女友達〜【5巻の感想】

エッジ~彼氏の女友達~

まず急展開に驚き!
あっさりと聖華を切り捨てて真波を選ぶ勇樹。本来なら後味の良い状況なのですが、勇樹はまだ何かを隠しているといった印象が拭えない内容にもなっています。

聖華の火傷の件も真相は明かされていませんし…。言いかけた言葉の続きが非常に気になりますよね!

どこか頭のネジが外れている印象が浮かび上がってきた勇樹。このままで真波は幸せになれるのか…。まだまだ今後の展開も期待できる仕上がり。

ラブサスペンスが好きな人に是非ともお勧めしたい漫画『エッジ〜彼氏の女友達〜』は電子書籍ストア『BookLive』にて先行配信中。気になった人はチェックしてみて下さい。控えめに言っても良作だと思っているのでお勧めですよ☆彡


エッジ~彼氏の女友達~

#エッジ~彼氏の女友達~

原作・著者青咲るそう
価格150円(税別)

「これは私と、彼氏と、彼氏の女友達の笑えないお話……」恋人の勇樹と同棲を始め、幸せ絶頂の真波。しかし勇樹の大学の後輩で“女友達”の聖華が2人の家に転がり込んできたことから事態は一変! 家庭的な真波。心優しい勇樹。真波とは正反対の奔放な聖華。ひとつ屋根の下で形成される、心ざわめくイビツなトライアングル・ラブストーリー!

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「#エッジ」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。