漫画「屍牙姫(しがひめ)」4巻ネタバレ!ヒロイン闇落ちで波乱の展開必死へ!

屍牙姫(4巻)

佐藤洋寿先生が描く人気漫画「屍牙姫(しがひめ)」最新刊となる第4巻の電子版配信がスタート。ヴァンパイアの下僕となり心を奪われていく主人公の広田修。

4巻では一度は負けた壮一にリベンジ。美輪子の姉が登場したり、血族同士のバトルも展開。さらに使い魔として徐々に人の心を失っていく修や彼の恋人であったちかに大きな変化が現れていきます。特にヒロイン役であるちかに至ってはまさかの出来事が…。

血族同士の狩り場を求めた争いは激化を辿る方向へ。そして変わっていく恋人に修はどう対応していくのか…大きな見所が豊富な注目巻となっています!

この漫画の試し読み
屍牙姫

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」にて無料試し読み可能!吸血一族に翻弄される少年と少女の運命は如何に!?

今すぐ試し読みする

屍牙姫(3)

漫画「屍牙姫(しがひめ)」3巻ネタバレ!泣き虫少女を巡る男の対決が勃発…!?

2018年4月20日

漫画「屍牙姫」4巻ネタバレ

再戦で変わる互いの結果

一度は敗れた相手である壮一と再び相見える事になる修。しかし、今回は以前と状況が違う形へ。猟爪をコントロールできるようになった修。ちかへの想いが邪念となり上手く猟爪をコントロールできなくなってしまった壮一…。

2回目の使い魔バトルはあっさりと修に軍配があがっていきます。

そこへ壮一の主となる女が登場。彼女の名前は『環(たまき)』であり、美輪子の姉でもあった。環を狩ろうと仕掛ける修。ここで修の主である美輪子も登場。二人の血族と使い魔が対面していきます。

血族同士の戦いと残酷な現実…

久方ぶりに相見える血族の二人である美輪子と環。仲が良いのか悪いのかわからないが使い魔を放置して血族同士でいきなり壮絶なバトルを始めていきます。

両者共に五分の力で決着はつかず…。埒のあかない戦いが続き、朝を迎えてしまいます。そして今夜の戦いはお開きへ。

そして力を上手くコントロールできなくなった壮一に対して環からの残酷な仕打ちが…。それは壮一の心をかき乱しているヒロイン、村瀬ちかを抹殺しろといった主命令が下ります。

村瀬ちかを殺そうと対面する壮一ですが、ちかの優しさに触れてしまい何もすることができず…そんな時に環が登場。問答無用で村瀬ちかの心臓を抉る形へ。

壮一の覚醒とヒロインの変貌…

目の前で環にちかを殺されてしまった壮一。彼の中で何かが弾けて覚醒。主である環に忠誠心を翻して攻撃を仕掛けていきます。覚醒した壮一の力は血族である環を凌駕するほど…。

そして唯一、血族を殺せる猟爪の攻撃によって再生ができない環は窮地を向かえる事に…。完全に環を屠る事ができる状況に持っていった壮一。しかし、環を殺さず取引を提案します。

それは環の屍牙を村瀬ちかに与えて血族の仲間にして欲しいといった取引。

そして場面は変わって壮一の自宅で起き上がる村瀬ちか…。環は壮一の取引に応じて屍牙をちかに与えて一次感染者として血族の仲間にすることへ。

さらにちかは美輪子の欠片と環の屍牙の両方を宿した事で血族を凌駕する可能性がある力を手に入れる結果へ。

自分を見失っていく主人公とヒロイン…

自分の身体の変化に戸惑い、葛藤するちかは壮一の家から逃げ出していきます。夜道を歩いていると修が登場。しかし、自我を失いつつあった修はちかを見ても気づかず、化物扱い…一瞬でちかを仕留めていきます。

ここでちかも覚醒。
血族の力が解放される事に…。目の前にいる女性がまだ誰なのか把握できない修。そこへ壮一が登場。覚醒した逃げた村瀬ちかを追いかけていきます。

倒れているところを美輪子に拾われ、美輪子の家で調教される村瀬ちか…。

翌日、学校に登校してきた村瀬ちかは理性のある修に近づいて「クラスメイト全員殺してくれる…?」と爆弾発言。ようやく状況を理解した修。そんな驚く修の表情を見て満面の笑みを浮かべる村瀬ちか…。

第4巻はここで幕引き。

漫画「屍牙姫」4巻の感想

屍牙姫(4巻)

純朴少女であったヒロインの村瀬ちか…。しかし、血族の力を手に入れて大きな変貌を遂げていきます。しかも美輪子は村瀬ちかに使い魔が見つかるまで修を使い魔として利用して良いといった条件を提示しています。

恋人同士の関係から一変、主と下僕の関係へ変化していく二人。

血族の力を持つ者を殺せるのは使い魔だけ…。縄張り争いの戦いはどう変化していくのか…。さらに修、壮一、ちかの三角関係に大きな歪が生じてきそうな予感がします。今後の展開がまた楽しみになりました!

ヴァンパイアサスペンスである「屍牙姫」は試し読みも可能。血族同士の縄張り争いや姉妹対決、使い魔対決など美しくもグロテスクなバトルシーンなどが魅力の作品です☆彡


屍牙姫

屍牙姫

原作・著者佐藤洋寿
価格540円(税別)

女王様の言うことは、絶対―――。化け物の【下僕】となった僕らの、数奇な運命。東京、国太刀市では、今日も橘壮一はクラスメイトにいじめられていた。ゴミ屋敷と化した自宅の中には無気力な母親がひとり。どこにも居場所のない橘だが、ある女性のために、夜な夜な若い男子学生を女性宅に連れ込む謎の行動を繰り返していた…。仄暗い青春と血と体液が入り交じる、絶望のヴァンパイア・ストーリー!

今すぐ試し読みする