漫画「オタサーの姫殺人事件」3巻ネタバレ結末!姫の真実が明かされる衝撃の真相!

オタサーの姫殺人事件(3)

遂に荒木宰先生の人気漫画「オタサーの姫殺人事件」が第3巻で完結を向かえていきます。今巻でオタサーの姫こと「しいな」の死の真相、直前の背景など謎に包まれていた部分が一気に明かされていきます。

オタサーの姫の苦悩や葛藤が赤裸々に明かされていき、メンヘラビッチオタクのレッテルを張られる「しいな」が本来はどういった人間だったのか真実が白日のもとに晒されていきますよ!

そして最後は読者に謎を残す内容であったり…主人公である青鹿に新たなる恋の予感を示唆して殺人事件は幕を降りていきます。

この漫画の試し読み
オタサーの姫殺人事件(1)

電子書籍ストア「eBookJapan」にて冒頭の無料試し読みが可能。オタサーの姫は誰に殺られたのか…考察も楽しめます☆彡

今すぐ試し読みする

漫画「オタサーの姫殺人事件」2巻ネタバレ!浮上する姫の二面性に驚愕!?

2018.05.17

漫画「オタサーの姫殺人事件」3巻ネタバレ

しいなが憧れと好意を抱いていた人物、キョーは生前に部室が盗撮されて困っている相談をしいなから受けていた事実を明かしていきます。しいなから送られてきた証拠映像は確かに部室が盗撮されていました。

盗撮していた犯人は…!?

誰が盗撮していたのかサークル内では否定的な意見が出る中で1人身震いする男が…。阿知でした。最初は盗撮の否定をしていた阿知ですが青鹿の説得で盗撮に関する事実を語っていきます。

どうやら阿知は部室で姫を盗撮しようとカメラを設置したけど姫(しいな)に見つかって盗撮を断念していました。

しかし、盗撮映像は残されている為、青鹿やサークルの面々は盗撮した人物はしいな本人ではないかと推測。ちなみに阿知はカメラの回収はせず、しいなに盗撮の方法を簡単に教えていました。

そこからサークルの面々はしいな隠したと思われる盗撮映像の中身が入ったメモリーカードとしいなのスマホを探すことに。

語られる少女から姫へ転身した真相…

翌日、阿知からの電話で起きる青鹿。どうやら姫がアップロードした別の動画を発見した模様。サークルの面々やしいなの妹であるるいなも合流して新しい動画を見ていきます。

その動画に映る姫はまさにメンヘラ臭全開のヤヴァイ女…(笑)

そして動画の最後に自分の全てを携帯に隠したと言い残していきます。サークルの面々は姫が残したヒントを頼りに携帯やメモリーカードを発見する一同。メモリーカードの中には動画が一つ。遂に姫の全てが曝け出されていきます。

ここから姫の真実は長く明かされていく為、省略して簡単に説明していきます。

とにかく最初はキョーに振り向いて欲しかった姫。キョー好みの女になろうとビッチになっていたのです。さらにアニオタサークルに入った理由も明かされていきます。

実はアニオタサークルの面々はまだ姫(しいな)に出会う前、姫の神経を逆なでするような話をしており、それを姫が聞いていたのです。それで姫はアニオタサークルの面々に舐められていると思ってアニオタサークルに入部。

サークルの面々と肉体関係を持つ事を決意していたのです。

サークルで時を過ごす姫に変化の兆しが…

キョーの為、自分の魅力を上げようとアニオタサークルの入部して肉体関係を持っていく姫。しかし、徐々にアニオタサークルで時を過ごす毎に気持ちの変化が現れてきます。

もとがオタク気質の姫。
オタサーでの活動に居心地の良さを感じるようになっていました。さらにキョーに対する気持ちも冷めていき、本当の自分の気持ちに気づく姫。

しかし、サークル内を引っ掻き回した事、自分の気持ちの不安定さに居たたまれなくなった姫はオタサーを去る決意をしていきます。この時に事件が起きていたのです。

オタサー面々との思い出の品を持っていき去ろうとしていた姫。最後に宮島のフィギュアを持ち去ろうとした時に椅子が壊れる事故が発生して椅子から転落と同時に棚の下敷きになって死亡していたのです。

つまり姫の死は他殺でなく自殺だった…。

姫の残した動画から姫の背景や死の真相の事実を突き止めたオタサーの面々は自分達の行動や姫の気持ちに気づけなかった事を後悔…。同時に姫を手厚く弔っていきます。

漫画「オタサーの姫殺人事件」結末

オタサーの姫殺人事件(3)

姫の真実や死の真相が明かされていくと物語は結末へ向かっていきます。ここで一つ不穏な影が…。なんと姫の事を呪殺しようとしていた人物が登場してきます。

この人物の呪いが姫の死を呼んだのか定かではありませんが、キョーに対しても呪いをかけており、キョーは最後に転落事故にあい死亡するといった事態が起こります。

オタサーにはしいなの妹である、るいなが入部。同時に青鹿と恋の予感を示唆するような描写がされてオタサーの姫殺人事件は幕を閉じていきます。

漫画「オタサーの姫殺人事件」3巻の感想

オタサーの姫殺人事件(3)

3巻はかなり詰め込んだ内容となっており、漫画を読まないと姫の葛藤や苦悩の背景は掴みづらいと思います。なので興味がある人は是非、オタサーの姫を買って読んでみてください。

ラブコメかと思いきや一気に物語は本格ミステリーサスペンスへと変化していって非常に面白い漫画です!

事件の真相は1人の少女の歪んだ想いが発端となった事件でしたが誰が悪者でもない終わり方は中々に見ない結末だと思います。そしてヒロインとその妹が可愛くサービスシーンも少しあり!

興味が出た人は試し読みも可能なので是非、チェックしてみてください!


オタサーの姫殺人事件(1)

オタサーの姫殺人事件

原作・著者荒木宰
価格500円(税抜)

天使のように可憐な「姫」は、突然僕らのサークルに舞い降りた。姫の魅力と気遣いで、サークルの空気は一変する。僕と彼女の距離は縮まり、ついに信じられない夢のような時間を過ごす。永遠に恋人同士と思っていた……あの凄惨な光景を目にするまでは……! 恋と謎とスケベ心が交錯する、驚愕のサークルクラッシュ・ミステリー!!

今すぐ試し読みする