島さん【4話~5話ネタバレ】コンビニ強盗&どら息子を改心させる人情親父!

川野ようぶんどう先生が描くハートフル人情ヒューマンドラマ漫画「島さん」第4話~5話の内容をご紹介。

4話では店長の沢の店に強盗が入った出来事。5話ではヘルプに行った店の店主の息子にやる気を漲らせていくお話。どちらも島さんの人情が伝わる内容になっている。

島さんは本当に人間味があってカッコいい親父です!

この漫画の試し読み
島さん

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で配信中! 試し読みも可能となっています!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「島さん」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

島さん

島さん【ネタバレ】頼りないおじさんの背中には刺青…ハートフル人間ドラマ開幕!

島さん【4話】ネタバレ

島さん

冒頭、自宅にて金勘定の練習をする島さん。渋い顔をしている。場面転換。コンビニのレジに立つ島さん。新人バイトの子関から金勘定が早くて綺麗だと褒められていく。島さんが金勘定の練習をしていた理由が明かされる。

『この間、間違えて千円多く渡しちゃったから…』

店長である沢も訪れてレジ金の管理もしっかりするように忠告をしていく。島さんに確認を取る子関。レジ金の管理は大丈夫かと。

『昔、夜勤にいた人が教えてくれたんだ…ヤネさんって人が何度も何度もね』

ヤネさんと一緒に仕事していた時期を思い返していく島さん。

『島さん、またレジ金抜くの忘れてるよ』

そう伝えるヤネ。
彼はアイスの中身を割るいたずら犯の子供を二人捕まえてきていた。

ヤネは強く忠告だけして子供達を帰していく。あれでよかったのか尋ねる島さん。

『オレも昔は駄菓子屋でイタズラして怒られたもんさ』

子供達をお咎めなしで帰したのは、ヤネさんの人情であった。

そんな中、ヤネさんからコンビニ夜勤を辞めるとカミングアウトされていく島さん。彼は知り合いから飲食店を手伝って欲しいとお願いされていた。寂しくなるが応援すると伝える島さん。

場面は現在へ。
子関が店長の沢に尋ねていく。以前にヤネさんといった従業員がいたのかと。沢は伝えていく。辞めてから1回このコンビニに来たと。

『それも遊びに来たわけじゃなくて強盗しにね』

店長の冗談だと思って笑い飛ばす子関。

場面は過去の出来事へ。
店長の沢は休憩中でバックヤードにて寝ていた。そしてレジに立つ島さんの前にはフルフェイスのヘルメットを被った男が一人。

『あの~店内ではヘルメットを取っていただけますか』

ヘルメット男は金を要求していく。同時に島さんはヤネから教えてもらった強盗が来た時の対策を思い出していく。しかし、島さんはその教えとは違う行動を取っていく。

『お金ならありません』

島さんはヘルメット男が誰かわかっていた。ヤネだったのだ。身体を震わせて事情を語っていくヤネ。彼は友人に騙されていた。金と名義だけ利用されて借金を背負わされていたのだ。飲食店も頑張ったがダメだったと伝えるヤネ。

『僕も間違ってばっかで…いつもやり直してるよ…やり直そう』

涙を流して謝罪するヤネ。沢も出てきたの何も取らずに逃げるヤネ。島さんから事情を聞く沢。彼女はヤネの為に通報する決意を示していく。一方の島さん。万が一を考えて近くを探す事へ。

『ヤネさん…ほんとバカね』

身体を震わせる沢であった。島さんが帰ってくると沢は通報したと伝える。さらに自分達のコンビニへ来る前にヤネはもう一件強盗に入っていた事が判明。

『ヤネさん…自首してた…やり直したいって…遅かったね』

島さんは身体を震わせて伝える。やり直す事はいつからだって遅くはないと。場面転換で現在へ。島さんにヤネさんはどうしてるかなぁと尋ねる。島さんは来るのを待っていると伝えていく。

『人手が足りないって言っといてよね』

第4話は終了。

島さん【5話】ネタバレ

島さん

仏壇に手を合わせてコンビニ夜勤へ行ってくると伝えていく島さん。今回は沢の店舗ではなく別店舗への応援であった。

オーナーの中西と合流して宜しく伝えられる。

『島さん、せっかくの休みだってのに来てくれてありがとな』

この日、島さんが夜勤で一緒に働くのは中西の息子であるマサキであった。

態度の悪さが目立つマサキ。かと思えば可愛い女性客には勝手に試飲や試食を勧めていく。彼にとってコンビニバイトは可愛い女の子を見つける出会いの場所であった。さらに休憩に入ると言ってオンラインゲームをして休憩から戻ってこないマサキ。

翌朝。
オーナーの中西から息子のマサキについて尋ねられる島さん。

『マサキはどうだった?』

『将来この店を継ぐならもう少し本腰入れた方がいいかもね』

オブラートに包んで伝えていく島さん。同時に中西はこの店の事情を説明していく。実は本部の人間から店の場所を移転しろと伝えられていた。もっと立地の良いが場所があるとの事だった。

しかし、中西は父親から継いだコンビニ、場所を移転したくなかった。さらに中西の中でこの店はオレと一緒に終わる。息子のマサキにコンビニ経営は無理だと言葉にしていく。

『親父さんもお店譲る時、アイツにゃ無理だって言ってたよ』

先代とも親交のある島さん。
中西の父親が言っていた言葉を伝えていく。そして1週間後。再び中西のお店へヘルプに行く島さん。

中西は移転する事を決意していた。

『親父の店を受け継いで続けていく事が親孝行だと思ってやってきたけど新しい店で褒めてもらうさ』

その夜、再びマサキと一緒に夜勤。やはりやる気皆無のマサキ。島さんは移転について尋ねていく。マサキは移転について忙しくなるので賛成ではなかった。

『ちょうど良かった…移転の話…他の人に回しちゃおう思ってさ』

マサキに発破をかける島さん。
色んな店へヘルプに行くから好立地で店を出したいオーナーをたくさん知っていると伝える。

『こんなちっちゃなボロい店…あっという間になくなっちゃうよ』

後日…。
中西の店は新しい場所でニューオープンしていた。顔を出す島さん。そこには髪も切り、黒髪にしているマサキの姿。彼は一生懸命に働いていた。

『あいつになんか言ったか?島さんはヘルプに呼ぶなっつってたぜ!』

マサキを見て安心した表情をする島さんであった。ここで第5話は終了。

島さん【4話~5話】感想

島さん

本当に人情でハートフルなエピソードが毎回描かれていく。なんか島さんを読んだ後って心がほっこりしているし、元気が湧いてくるんだよなぁ~。マジで嘘だと思って読んでみて欲しい。素晴らしい漫画である。

そして第5話の冒頭に描かれる島さんが仏壇に手を合わせる場面。この仏壇の人物とのエピソードも後に描かれていきます。

これがまた良いエピソードなんですよね!是非、興味が出た人はチェックしてみて欲しい漫画です!


島さん

島さん

原作・著者川野ようぶんどう
価格132円(税込)

とある深夜のコンビニに、ちょっと頼りないけど、ちょっと頼りになる、ちょっとわけありのおじいさんがアルバイトしていました。Twitterで話題の第14回カミカゼ賞佳作受賞作が待望の連載化!

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「島さん」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

\\ NEXT //
島さん【6話~7話ネタバレ】競合店にカチコミ&闇落ちする夜勤仲間!?