漫画「蠱毒(こどく)の家」ネタバレ!カニバリズム要素を含む胸騒ぎ全開の漫画!

蠱毒の家

漫画『蠱毒の家』はiwo先生が描くサスペンス漫画になるのかな。ノーマークの漫画でしたが表紙に惹かれて購入して読んでみました。主人公である蝶野楯之はバイトから帰ってくると住まいであった賃貸アパートが全焼…。そんな彼に手を差し伸べてくるのが昆虫学者である出雲といった男。

この男と娘との出会いによって後戻り出来ない現実へと足を踏み入れていく事へ。

現在はマイクロ版となる1巻〜2巻が配信中。今後の期待を展開できる謎に包まれた作品で非常に面白いです。蝶野が一瞬にして心を奪われた出雲の娘にはある秘密が隠されていた部分まで1巻〜2巻では判明していきます!

この漫画の試し読み
蠱毒の家

漫画「蠱毒の家」は以下から無料試し読みが可能。カニバリズム要素を含む胸騒ぎ全開の漫画です!

今すぐ試し読みする

漫画「蠱毒の家」ネタバレ

主人公である蝶野は22歳。昆虫学を学ぼうとを大学に2年在籍していたが求めていた物と差異を感じて中退。現在はアルバイト生活をして生活を食いつないでいる。ちなみに蝶野は家族とも疎遠状態。さらに友人と呼べる存在は誰一人としていない陰キャ気質な青年。

そんな彼の唯一の趣味と言えば昆虫のコレクター。大学で昆虫学を学んでいる時に昆虫の事を『知る』ではなく『欲しい』といった欲望に気づいてコレクションを始めていく。蝶野のアパートの部屋はそんな昆虫の剥製が並べられており、落ち着ける空間であった。

しかし、バイトが終わってアパートに帰ると目を疑う光景を見ていく。

住まいであった木造アパートが全焼。一夜にして蝶野は宝物を失い、帰る場所も失ってしまい途方に暮れていく。

怪しさ満点のメガネ男…正体は尊敬に値する人物だった!?

帰る場所を失くした蝶野は最寄りの公園で途方に暮れていた。すると人懐っこいメガネ男が近づいて声をかけてくる。先に書いておくが彼が草薙出雲といった男である。

蝶野の不幸話を聞いた出雲。同時に蝶野が持っていた本を見て何を思ったのか不明だが、出雲は自身の自宅に蝶野を招く事へ。家族とも疎遠。泊めてくれる友人もいなかった蝶野。怪しみながらも出雲の言葉に甘えていく。

辿り着いた先は立派な洋館。
娘と二人暮らしなので部屋が空いていると語る出雲。そして家にあがらせてもらうと蝶野の鼓動が高なっていく。蝶野が大好きな昆虫標本があり、さらに出雲は蝶野が持っていた本の著者であり、昆虫学者である草薙出雲と自己紹介をしていく。

まさか読んでいる本の著者が目の前にいるとは…。驚きを隠せない蝶野。そして出雲の娘、當子(とうこ)を紹介してもらう。その美貌に一瞬で心を奪われていく蝶野。出雲と當子の意味深なやり取りを交えながら、かくして蝶野は一泊させてもらう事へ。

美少女は人を喰う!?

就寝しようとするも今後の展望が見えない蝶野は寝付けずにいた。そしてトイレに立つ。トイレを終えて部屋に戻る途中、當子の部屋の前を通るとグチャ…グチャ…といった聞き慣れない音を耳にする蝶野。

興味が先行して部屋の中を覗こうとすると『いーけないんだ』と背後から出雲がお出まし。彼は「まだ見せらんないなぁ〜」と意味深な言葉を告げる。

そして當子の部屋の中の様子が描かれていく。彼女は人間を喰っていたのだ…。

昆虫学者は警察に睨まれている…!?

翌日、目覚めてお礼として朝食を振る舞う蝶野。その後、物件探しの為、出雲の家を後にしていく。

出雲の家には蝶野と入れ替わりで小熊坂と日暮といった刑事が聴取に訪れていた。理由は蝶野の木造アパートの件についてであった。出雲のアリバイを聴取していく小熊坂。同時に今、最も木造アパートを燃やした犯人だと思われる男の写真を見せていく。

写真の男を火事当日に目撃していないかと…。

わからないと答える出雲。警察もそれ以上の話はなかったので引き下がる事へ。しかし、小熊坂だけはどこか出雲を怪しんでいる様子を見せていく。

住まう事になる昆虫学者の洋館

蝶野であるが新しい住まいの物件は見つからず、バイト終わりに再び公園で途方に暮れていた。すると茂みから物音。同時に當子が現れる。出雲の手伝いをしていると答える當子。

そして蝶野をまじまじと見つめて『キミでいいか、ついてきて』と彼の手を握りしめて出雲の家である洋館に連れてくる。

再び當子と出雲の意味深なやり取り。
今日の獲物を捕まえてきたから『いいんだよ、當子』と答える出雲。そして出雲は新居の見つからなかった蝶野に新居が見つかるまでの間、ウチに住んでいいよと提案。

お金はいらない…ご飯を作ってくれれば良いといった好条件。昆虫のコレクションも美少女である當子もいる…。蝶野は出雲の言葉に再び甘える事へ。

そして直ぐに夕飯の準備をして二人を呼びに行く。まずは當子から。

彼女の部屋のドアを開けると悲惨な光景を目にしていく蝶野。『見ちゃったんだ…こっちの食事係もキミがする?』背後から出雲がナイフを握りしめて現れる…。

ここまで1巻〜2巻の内容となっています。

漫画「蠱毒の家」感想

蠱毒の家

言い知れぬ不穏な空気を纏いながら、出雲の娘である當子は人間を喰っている事が判明していく。1巻〜2巻では全容が明かされないので當子の正体も不明であるが作中に漂う禍々しい空気感がそそる漫画。

昆虫大好きコレクターの陰キャが足を踏み入れてしまった非現実的な世界…。

彼が出雲や當子の正体を知ってどう立ち回っていくのか、今後に注目。絵も綺麗でテンポも良いので良き。ノーマークでしたが今後も読んでいきたい漫画に出会えました。

興味が出た人、気になった人は是非、チェックしてみて下さい☆彡


蠱毒の家

蠱毒の家

原作・著者iwo
価格100円(税別)

特に特色もなく、無気力な青年・蝶野。彼の宝物は…『昆虫標本』だった。しかし、ある日、バイト先から帰ると暮らしていたアパートが火事で燃え、標本をあっという間に失ってしまう。途方に暮れていた蝶野だったが、そこにズカズカとパーソナルスペースに入り込んでくる草薙出雲に話しかけられる。出雲は昆虫学者として活動しており、蝶野が参考にしている本の著者だった。そんな彼の自宅に宿泊することになった蝶野は、出雲の娘だという色白の美少女・當子と出会う。――美しくも狂わしい少女の正体は?

今すぐ試し読みする