王様ランキング【174話~175話ネタバレ】盗賊を嘲笑うボッジのスーパーダッシュに笑う!

王様ランキング

漫画「王様ランキング」単話版の第174話~175話をご紹介!

174話では盗賊の野営地に突っ込んだボッジ。そして盗賊ボスの思惑などが明かされていく内容。ボッジに関しては永遠と走っているだけのエピソードになっていますよ(笑)

175話では遂にクヒャ王国へ盗賊が奇襲。
ゲスラン王国と手を組んでいる盗賊。さらに175話ではサディ、リンギ、杖男の3人が見るからに怪しい行動をしていく事へ。一体この王国で何が巻き起こるのか…。ちなみにボッジは走り回った疲労で平原で爆睡中(笑)

王国が乗っ取られるのか…守る事が出来るのか…緊迫の状況に差し迫っていきます!

この漫画の試し読み

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で先行配信・試し読みも可能です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「王様ランキング」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

王様ランキング

王様ランキング【174話】ネタバレ

王様ランキング

盗賊達の野営地に足を踏み入れてしまったボッジ。大勢が武器を片手に睨んでくる状況。

『このガキ…クヒャ王国からか…捕まえろ!』

周囲を囲まれて動揺するボッジ。
さらに盗賊のボスもテントから出てきて騒がしい外の様子を確認していく。

そこには異様な光景が映っていた。
ボッジを捕まえようと大勢の大人がボッジを追いかけるが…誰一人…彼のスピードについていけずに捕らえる事が出来なかった。

『息切れすらしてねぇ…ただのガキじゃねぇな』

盗賊ボスは側近の仮面を被った手練にボッジを攻撃するように指示。軽くジャンプをした後、仮面男は向かってくるボッジに対峙して剣を振っていく。

しかし、あっさりと躱される。
ボッジは盗賊ボスの目の前に着地。問答無用でボッジに手斧を振りかざす盗賊ボスであったがこれもあっさりと躱されてボッジを見失う事へ。

『ガキぃ!』

結局、ボッジは野営地を突っ切る形で通り過ぎていくだけであった。異常な身のこなしをするボッジに言葉もない盗賊ボス。

下っ端が明日の襲撃がバレてしまったのでは…そんな不安を言葉にしていく。

『オレらは合図を待つだけだ』

盗賊ボスはクヒャ王国を手中に収めようとしているゲスラン王国の兵士との話を思い出していく。

いくら盗賊でも町を襲う事は出来ても城を落とす事は出来ないと伝えていた。しかし、ゲスラン国の兵士には既に城攻めの手を打ってある事をボスの耳元で囁いていく。

『口外するなよ』

ゲスラン王国が魂胆は見抜いていた盗賊ボス。彼らは国の財宝を奪い…逃げ去る段取りもしていた。ゲスラン王国のいいようには使われまいと。

一方、野営地を通り過ぎたボッジ。
まだ、ひたすらに走っていた。草原を走り去り、崖を飛び越え、平野や川を渡って直進。止まる事を知らないボッジはクヒャ王国からかなりの距離に遠ざかっていた。

ここで第174話は終了。

王様ランキング【175話】ネタバレ

王様ランキング

平原を走り回るボッジ。
一度足を止めて空を見るとカゲの姿が思い浮かび上がっていく。

彼が心配していると思うボッジ。頭をボカスカ叩いて冷やしていく。そしてカゲの元へ戻ることを決意。しかし、夜通し走り回っていたボッジ。

足に限界が来ておりガクガク状態。
彼は目に止まった大きな木の下で休憩してからクヒャ王国へ戻る事へ。木にもたれかかると疲れからそのまま就寝しますボッジであった。

そして朝へ。
カゲはボッジを疑ってしまった事を後悔していた。

『あいつは改心してここにいるかも知れないじゃないか…』

城壁で外を見ながら心の中でボッジに謝っていくカゲ。

一方、この街に住む富豪から王を紹介される事になっていた杖男。場内へ入っていく。城の小さな入口から食材を持った女性が出てくる場面を見て何やら不敵な笑みを浮かべていく杖男であった。

その後、メッヒの父親であるクヒャの国王と対面。笑顔を浮かべながら二人は談笑していく。

『あの野郎…オレはよ…悪党の見分けがつくんだよ』

杖男を見るなりサディがボソッと呟く。
彼の目には杖男が悪党に見えていた。それを聞いて何だか焦ったような表情をする副隊長のリンギであった。

そんな中…街の方が騒がしい事に気づくサディ。城下町は盗賊の奇襲にあっていた。

女、子供も襲おうとする盗賊達。カゲは街を駆け回ってバレないように盗賊達と対抗していく。

『町に盗賊が…!』

サディ達の耳にも盗賊の奇襲情報が入っていく。サディとリンギはすぐに盗賊達と戦う準備へ。

『てめぇら!兵士が盗賊ごときに負けんじゃねぇぞ!』

部下に喝を入れていくサディ。一方、リンギはサディへ城に残って城を守ると伝えていく。

『おう…リンギ…わかってんな…』

何やら意味深なやり取りをする二人。そしてサディは部隊を率いて町へ繰り出していく。ここで第175話は終了。

王様ランキング【174話~175話】感想

王様ランキング

174話では盗賊、ゲスラン王国の思惑が交錯。盗賊ボスも馬鹿ではないようなので襲撃後の手も打っている様子。そしてボッジ…。只々、走り回っていく(笑)

恐らく明け方には襲撃が開始されるだろうが…ボッジはクヒャ王国に戻るのか…。そして襲撃のキーマンとなりそうなのが杖男である。

実は彼もゲスラン王国に雇われた盗賊の一人の可能性も浮上。平和なクヒャ王国で何が起こるのか…楽しみですね!

175話は意味深なやり取りが多くて誰もが怪しく見えていきます。サディ、リンギ、杖男。特に怪しいのがリンギですね。もしかしたら彼がゲスラン王国に寝返っているスパイの可能性…。

さらにサディは杖男からも悪党の匂いを嗅ぎ分けていきます。彼の予感は的中するのか…。そして疲れて寝てしまっているボッジ。彼がクヒャ王国の救世主となって現れるのか…。混沌を極めていくクヒャ王国。誰が悪で誰が正義なのか…。目が離せませんね!


王様ランキング(単話版)

王様ランキング【単話版】

原作・著者十日草輔
価格1冊:55円(税込)

王族の長男で、巨人の両親を持ちながらも、自身は体が小さく、短剣すらまともに振れないほど非力な王子ボッジ。しかも耳が聞こえず、言葉が話せないボッジは、周りからは次期王の器ではないと噂され、どこか空虚な毎日を過ごしていた。しかし、ひょんなことから心が通じる「カゲ」という友達を得て、人生が輝き始める。

今すぐ試し読みする


※移動先の電子書籍ストアの検索窓にて『王様ランキング』と入力して絞り込み検索をかけると素早く作品を表示してくれます。巻版と単話版があるので注意して下さい。

↓↓以下で王様ランキングのネタバレをまとめています↓↓
王様ランキング【ネタバレまとめ】最新話から結末まで公開中!