カノジョの弱みを握ったら【5巻ネタバレ】ストッキングを履いたままのプレイに大興奮!?

カノジョの弱みを握ったら

漫画「カノジョの弱みを握ったら」第5巻の見所や感想をご紹介!

今回も目まぐるしい人間模様が描かれていきます。
過去の芹菜の影を追ってビーナスに足を運ぶ慎太郎。そこで芹菜似の美女に遭遇。会社では欲求不満の美葉からある特殊なプレイを持ちかけられることへ。

そして体調も回復した芹菜には事務所の代表から正義に反する仕事を任されてしまう事へ…。芹菜を巡る複雑な人間模様。そして男性には嬉しい密事が沢山描かれる注目の漫画です!

この漫画の試し読み
カノジョの弱みを握ったら

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で先行配信中の作品です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「カノジョの弱み」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

カノジョの弱みを握ったら

カノジョの弱みを握ったら【5巻】ネタバレ

カノジョの弱みを握ったら

ビーナスといった風俗店で嬢を待っていると現れたのは…芹菜にそっくりの人間であった。対面すると同時にすぐ洋服を脱ぐ女性。

『あの名前は…』

セイと聞こえたが慎太郎の聞き間違えで「レニ」といった女性であった。さらにはっきりと顔を見ると芹菜と少し似ているが雰囲気などは全然違っていた。さらに胸を凝視すると胸元の傷もなかった。

懐かさしから昔の事を考えてレニがセイに見えてしまっていた慎太郎。彼女からセイの情報を知らないか探りを入れていくが…5年前の情報をレニが知る由もなかった。

世間話も程々にしてレニは抜きにやってきた慎太郎をお相手。慎太郎が5年前にセイとキスした時の感触を思い出しているといつの間にか股間を咥えられていた。

『くぅううっ』

積極的なレニ。
本来ならこの店はキスまであったがレニは慎太郎の股間に跨って本番行為へ。ヤッている最中、彼女にどうしてこの店で働いているのか尋ねていく。

『私は試験を受けるためのお金が欲しいの…警察官になりたいから』

その話を聞いて驚く慎太郎。
警察を目指している風俗嬢がいるくらいなら弁護士になる風俗嬢がいてもおかしくないと。しかし、セイ=芹菜といった確証が持てずにいた慎太郎。

場面は芹菜へ。
慎太郎に応急手当をしてもらった時、人工呼吸された事をうっすらと覚えていた芹菜。

『まるで…あの時のお兄さんみたいな…まさかそんなはずが…東さんみたいな負け犬と…あの人は』

やはり過去に二人は接点を持っていた事が色濃く匂わされていく。

場面は樹里。
セキュリティチームの人間から事故当時のエレベーターの監視カメラ映像がない事を告げられていく。同時に芹菜を応急手当する中で慎太郎が芹菜の服を脱がした可能性ある事を知っていく樹里。

『もしそうなら…芹菜の胸にある…唯一隠せない過去の痕跡を…』

樹里は慎太郎と接触して見る事を決めていく。

場面は慎太郎。いつもの如く通信室で気楽に仕事時間を過ごしていると…美葉が部屋を尋ねてくる事へ。

『ねぇ東くん…私の命令は守ってる?』

凛々花の願い事には関わらない事を再び釘刺していく。しかし、見返りを貰ってしまった慎太郎。どうすれば良いのか葛藤が生まれていく。

しかし、急に意見を反転させる美葉。
自分も協力すれば望月のパソコンからデータを奪う事は可能であると。美葉は事務所の事務作業を全て管理している立場の人間。勝算があった。

『もちろんタダじゃないわよ』

美葉は協力する代わりに見返りを求めていく。当然…彼女の見返りは身体である。

スカートを脱いでストッキング姿になって慎太郎の前に座る美葉。すぐに彼女が何を求めているのか察する慎太郎。

『初めてヤッた時から思ってたけど…やっぱりこの人…エロ過ぎる』

美葉の股間へストッキング越しに顔を埋めて彼女の見返りに対応していく慎太郎。一方、フロントでは痴漢弁護士である吉村が凛々花を見て盗撮。一人で興奮していた。

吉村に近づく望月。
機会を作って凛々花を食べさせてあげますと約束。彼の悪意が再び凛々花に向かおうとしていく。

場面は慎太郎。
ストッキングプレイに大興奮していく美葉。身体の準備が整うとすぐに慎太郎の股間を欲していく事へ。

『待てよ…これって俺が優位に立てるチャンスじゃないか?』

美葉を焦らしてセ○クスの主導権を握っていく慎太郎。通信室には美葉の喘ぎ声が響き渡っていく。そんな時…通信室の扉前に樹里。中から聞こえてくる喘ぎ声に躊躇。

同時に慎太郎を仕事中にセ○クスしているイカれ野郎だと認定。二人の密事をスマホで録音していく。

『芹菜には言うべきかどうか…』

場面は芹菜へ。
お見舞いに事務所の代表が訪れていた。この日に退院予定であった芹菜。このタイミングで代表から仕事を任されていく。それは売春を斡旋している男の弁護であった。

悪人を弁護する事に葛藤が生まれる芹菜。ここで第5巻は終了。

カノジョの弱みを握ったら【5巻】感想

カノジョの弱みを握ったら

芹菜と慎太郎が風俗店「ビーナス」で過去に接点を持っていた事はほぼ間違いないでしょう。さらに芹菜は当時の慎太郎とのキスの感触まで覚えている事を匂わせていきます。

同時に芹菜の側近である樹里に会社で秘め事をしている事が知られてしまった状況。

また新たな誤解が生まれそうですね。芹菜を囲む人間模様はまだまだ激化していきそう。さらに彼女は悪人の弁護を代表から直々に頼まれてしまう事へ。どうなっていくんでしょうかね…日常パートの方も奥深くて面白いです。

そしてお馴染みの絡み合い。今回も美葉さんですがやっぱり彼女の淫れる姿はエロ過ぎる(笑)男性読者には嬉しいロマンス。特にストッキングプレイに興奮する人は歓喜の内容ですよ!


カノジョの弱みを握ったら

カノジョの弱みを握ったら

原作・著者Gyou / Teamハスキー
価格198円(税込)

大手法律事務所に勤め、順風満帆な日々を過ごす東慎太郎――だがその実態はコネ入社の底辺契約社員。ある日の出勤中、同じ事務所の弁護士が痴漢を行っている現場に出くわしても、保身に走って何もすることが出来ない始末。「その手をどけなさい!」そんな中、颯爽と現れ事態を解決したのは一人の若い女性。その正体は――所属事務所に新たにやってきた、司法試験最年少合格弁護士!?この日を境に一変していく慎太郎の日常。それには彼女のとある”弱点”が関係していて――!?

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「カノジョの弱み」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

↓↓以下でカノジョの弱みを握ったらのネタバレをまとめています↓↓
カノジョの弱みを握ったら【ネタバレまとめ】最新巻から結末や最終回まで公開中!