漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私」続編の5話ネタバレ!ヒロインはあばずれ女として利用されていただけだった…!?

ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー(5話)

ゴミ屋敷とトイプードルと私の続編である港区会デビュー編の最新話が「ワケあり女子白書 Vol.14」にて最新話となる第5話が掲載。早速購入して読んでみました。

5話では完全にキ◯ガイ女となるヒロインのサヤ。そして派遣社員でサヤが目の敵にしていた中山泉が復帰。

同時に承認欲求の高いサヤを上手に手の平で転がしていた腹黒い女も判明。まさにパパ活パーティーグループに利用されていただけの女、サヤ…。生贄として転がされていただけの彼女が今後どのように立ち回るのか、新たな展開を呼ぶシナリオとなっています。

この漫画の試し読み
ワケあり女子白書 Vol.14

このコミック雑誌は電子書籍ストア「eBookJapan」で試し読み可能!話題漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私」続編となる第5話が掲載されています!

今すぐ試し読みする

漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私」続編の4話ネタバレ!剥がれていく虚構の輝きとヒロインの不憫な過去…

2018.09.28

漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー」5話ネタバレ

ストーカー被害ネタのSNS投稿で嬉しみを感じる…!?

4話の最後でストーカー被害をネタにSNS投稿をし始まるサヤ。それが功を奏したのかサヤを心配するレスが多く寄せられるように。同時にフォロワーが急増したことで嬉しみを感じてうっとりと画面をニヤけて眺めるサヤ(笑)

フォロワーの数が一気に6500人まで増えたサヤは心の中にあるモノが芽生えます。

それは注目されている今…もっと刺激的で皆が目を離せなくなるようなSNS投稿をしようと俄然、やる気をアップさせていきます。

憎き相手が遂に復帰!

5話ではサヤが目の敵にしている派遣社員、中山泉が全治2週間の怪我から遂に復帰を果たします。

復帰してきた泉は同僚に階段から突き落とした犯人はサヤの可能性があると聞かされますが泉は軽く微笑みをそれを否定。何やら犯人を把握しているような怪しい雰囲気を醸し出します。

同時に社内ではサヤのフォトスタ(作中ではインスタのようなSNS)が嬉々とノリノリでストーカ被害ネタの投稿をしている事が話題となっており、完全に承認欲求を拗らせた痛い女として騒がれていました。

しかし、そんなサヤを嘲笑う社内で1人だけ擁護する人物が……それは営業課の先輩である詩織でした。詩織といえばサヤをパパ活パーティーに誘った張本人。

社内からサヤを擁護するならフォトスタを辞めさせて欲しいといった声が響き、詩織はフォトスタを辞めさせるため休養中であるサヤのもとを訪ねていきます。

自作自演のストーカー被害ネタ…!?

サヤの自宅を訪ねたのは詩織と派遣社員の泉。
当のサヤは玄関先にスプレーで書かれた『SAYAあいしている』といった落書きを嬉々と写真に撮ってSNS投稿していました。そんな姿を見ていた泉がボソリと呟きます。

「自作自演」

それが聞こえたサヤは自作自演によるネタ作りを否定しますが片手にはスプレー缶を持っていたり…(笑)

詩織に関してはストーカー被害ネタの投稿を辞めさせるばかりか、逆に他に類を見ないSNS投稿だとサヤを擁護。今後も続けていくべきだとサヤを持ち上げる始末へ…。

詩織からの応援で再びやる気をアップさせるサヤ。そんな詩織をどこか冷めた表情で見守る泉…。

詩織と泉が去った後、サヤは自宅で鬱憤を晴らしていきます。どうやら久しぶりに泉の顔を見て苛ついてしまった模様。その怒りの矛先はサヤが憧れているカリスマフォトスタグラマーmisakiへと向けられていきます。

悩み相談をすべくmisakiにコメントを送信するサヤ。しかし、無反応かつ無視。怒り狂ったサヤは憧れのmisakiにキ◯ガイ投稿をしていきます。そしてブロックされる始末へ(笑)

ヒロインは営業課の生贄ちゃんだった…!?

misakiからブロックされた直後、ストーカーからメッセージが受信。

「これから行ってなでなでしてあげるよ」

この気持ち悪いメッセージに恐怖を感じたサヤは速攻で家を飛び出していきます。そして向かった先はmisakiがお気に入りとして出入りしている高級バー。

しかし、そこは営業課の先輩達がパパ活パーティーを開催していました。

聞いても誘われてもいないサヤは困惑。すると奥から詩織が登場。現実を突きつけていきます。

「あなたは飽きられて期間終了…」

「あなたのあばずれっぷりで私達は無傷よ…お疲れサマ、生贄ちゃん…」

怖くて悪〜〜い表情でサヤを突き放す営業課の先輩達…ここで第5話は幕引きとなります。

漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー」5話の感想

ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー(5話)

ド痛い女になり、唯一の味方であった詩織も鼻から裏切られていたサヤ…。もう完全に居場所がない状態となってしまいました。これから先どうなるんでしょうかね…(笑)

同時に5話ではサヤのストーカーをする人物が女性ではないかと匂わせる部分がありました。それはストーカーからメッセージを受信した時「ワタシ」といった一人称を使っていました。

個人的な推測ですがサヤのストーカーは派遣社員の中山泉。そして泉を突き落とした人物は詩織ではないかと…。まだわかりませんが(笑)

となると正編ヒロインであった明日香はどこで登場してくるんでしょうかね…もしかして登場なし!?

テンポ良く衝撃展開をかましてくれる漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー」非常に面白く話題性の高い漫画なので是非、チェックしてみてください☆彡

最新話である第5話は「ワケあり女子白書 vol.14」に掲載されています。


ワケあり女子白書 Vol.14

ワケあり女子白書 Vol.14

原作・著者ワケあり女子白書編集部
価格400円(税別)

営業部に異動し、港区会デビューしたサヤ。キラキラした日々は偽造裏アカにより崩壊し、ストーカーに襲われても止められないSNS…。“映え女子”の闇を描いた話題作「ゴミ屋敷とトイプードルと私」(池田ユキオ)、新章第5話!

今すぐ試し読みする