漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私」続編の4話ネタバレ!剥がれていく虚構の輝きとヒロインの不憫な過去…

ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー(第4話)

池田ユキオ先生の人気漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私」続編となる「港区会デビュー」の最新話となる第4話が「ワケあり女子白書 Vol.13」に掲載。早速読んでみたので内容をご紹介していきます。

第3話で派遣社員である中山泉を階段から突き落としたヒロインのサヤ…。

泉が会社にいない中、さらに不運な出来事に見舞われていく状況へ陥っていきます。同時にサヤがどうして承認欲求が高いのか…キラキラ女子でいたいのか…などサヤの生い立ちも明かされていきます。

この漫画の試し読み
ワケあり女子白書 Vol.13

このコミック雑誌は電子書籍ストア「eBookJapan」で試し読み可能!話題漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私」続編となる第4話が掲載されています!

今すぐ試し読みする

漫画「ゴミ屋敷とトピプードルと私」続編の3話ネタバレ!崩れ行く牙城…崖っぷち女が傷害事件…!?

2018.08.31

漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私」続編(港区会デビュー)4話ネタバレ

派遣社員の中山泉を階段から突き落とした翌日…何気ない顔で出社するサヤ。泉が大怪我して全治2週間だと聞かされて怒りがこみ上げてきます。

(これ、もしかしたら泉を階段から突き落としたのは別の人物の可能性が微レ存)

しかし、昨日会社で残業していたのはサヤ一人だけ…社内から泉を突き落としたのはサヤではないかと疑われていきます。本当に何の事か知らなそうな雰囲気で否定していきます。

そんな中、社員の一人がサヤの残業を裏付ける決定的な写真を上司に見せていきます。それはサヤがSNSにあげた一枚の写真。

これを見た上司はある事に気が付きます。

写真に写り込んでいた資料…それは極秘扱いでクライアントの情報が載っている大切な資料でした。

急いで削除するも時すでに遅し…。

サヤの勤める会社にはクライアントからクレームの嵐…。さらに枕営業OLを出せといった嫌がらせの電話もかかってくる状況へ。

明かされるヒロインの不憫な過去…

収拾がつかない状況に追い込まれていく会社。原因となるサヤは邪魔者扱いとなり、そのまま停職処分へ…。

ネット上に住所も本名も晒されていくサヤでしたが絶対に実家には帰りたくない様子。そこからサヤの過去の回想へ突入していきます。

実はサヤの父親はサヤが小学校6年の時に痴漢で逮捕。それ以降、家庭環境は様変わりして世間体や周りの目を気にする環境へなっていました。

母親から目立つことを抑制されていたサヤの学生時代。

その反動が大人となった今、サヤの認められたい…キラキラしたいといった衝動を作り上げていました。

ストーカーを逆手に取る強靭メンタルを持つヒロイン(笑)

サヤの過去が明かされた次はストーカー問題が勃発。

自宅には「さしいれ」と称してサヤが好きなカップラーメンが大量に送られてきます。その中にはナプキンも1セット…。サヤのストーカーはどうやら生理日も覗き見しているらしく恐怖を感じるサヤ…。

だったんですが、何故かサヤはこの状況…美味しい!と思ったんでしょうね…(笑)

ストーカーから送られてきたカップラーメンの写真をSNSに投稿。屈強なメンタルを見せつけていきます。

そんなサヤのSNSを見た会社の同僚…

「そうまでして見られたいワケ?」

ごもっともな意見を述べて第4話は幕を閉じていきます(笑)

漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私」続編(港区会デビュー)4話の感想

ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー(第4話)

中山泉の階段突き落として事件に対して本気で否定するサヤが描写される第4話。これはサヤを陥れようとする人物が泉ではない事を示唆しているように感じました。

となると誰なんでしょね…会社に潜り込めてサヤを恨む人物…。

もしかしたら正編ヒロインであった明日香が変装して潜り込んでいるのかも…。サヤを狙う人物はまだ特定されていませんが謎が深まり面白さが増してきましたね☆彡

同時に承認欲求とメンタルが強すぎるサヤに最後はクスッと笑ってしまいました。クズ女だけど憎めない女であるサヤ。どういった結末を向かえていくのか本当に楽しみです!

漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私」続編となる「港区会デビュー」は電子コミック雑誌「ワケあり女子白書」で連載中。最新話となる第4話は「ワケあり女子白書 Vol.13」で掲載されています。池田ユキオ先生の新作漫画を誰よりも早く読みたい人は是非、チェックしてみてください☆彡


ワケあり女子白書 Vol.13

ワケあり女子白書 Vol.13

原作・著者ワケあり女子白書編集部
価格350円

枕営業が暴露され、仕事も恋人もハケンに奪われる!? 営業部に異動し、港区会デビューしたサヤ。充実した日々はある日崩壊し、契約破棄、SNS炎上、そして転落事故の犯人と疑われ…? SNS中毒女子を描いた話題作「ゴミ屋敷とトイプードルと私」(池田ユキオ)、新章第4話!

今すぐ試し読みする