漫画「僕の名前は少年A」4巻ネタバレ!好きな女子の為に罪を被った少年A…結末へ!

僕の名前

漫画「僕の名前は少年A」最新刊であり完結巻となる第4巻の配信がスタート!好きな女子を守る為に殺人といった罪を被る主人公の貴志。しかし、その決断は多くの人を不幸にするものでした。

少年犯罪をテーマに賛否両論もある問題作。
貴志は真実を公にするのか…それとも墓場まで持っていくのか…。遂に『少年A』と称される主人公が決断して答えを導き出していきます!

この漫画の試し読み
僕の名前は少年A(1)

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」で配信中・試し読み可能!

今すぐ試し読みする

漫画「僕の名前は少年A」4巻ネタバレ

4巻は第24話〜最終話となる32話までが収録。

委ねられる事件の真相…

淫行教師・山下の息子は父親を殺した敵である結衣を刃物で襲い、復讐を果たしていきます。山下の息子は復讐を終えると同時に父親が結衣にした行為が映像として記録されている証拠品にもなるUSBメモリを貴志に手渡す事に。

そして彼が結衣に復讐する動機を語り警察に逮捕される事へ。

証拠品を受け取った事で少年Aから抜け出せるチャンスを得た貴志。3年前の事件の真相を明かすのか…。罪を被ったまま残りの人生を過ごしていくのか…。

山下の息子から選択肢を委ねられる事になる貴志。

真実を自らの口で語る事を選ぶ主人公

山下の息子が逮捕後…。
結衣は腹部を数箇所刺されており、意識不明の重体。一方の貴志は参考人として警察で取り調べを受けるも何も語らず。母親が迎えに来て警察を後にするも母親から辛辣な言葉を投げかけられていく事に…。

その後、結衣が入院する病院へ顔を出そうとするもマスコミの数に圧倒されて断念。

そんな中、3年前の事件を取材しており違和感を感じていた記者の小林と対面する貴志。ここで小林はSNSに上がった画像が佐々木結衣だったと情報提供があった事を貴志に伝えていきます。

誰が小林にSNS画像の身元の情報提供をしたのか困惑しているとケンから連絡が…。情報提供者はケンではないかと脳裏にチラつく貴志。二人共に話したい事があった為、対面をする事へ。

やはり小林に情報提供したのはケンであった。
同時にケンは自分達が前に進むためには真実を話す必要があると提案。その言葉を聞いてまずはケンに事件の真相を明かしていく貴志。

淫行教師を殺したのは結衣であり、貴志は結衣の罪を被って生きていた事に驚愕するケン。

貴志の中で覚悟が決まったのか…「自分のすべき事をしてくる」と言い残してケンのもとを去っていきます。

そして貴志は記者・小林の協力のもと。動画配信にて自らの口で3年前の事件の真相を告白する事を決意。今まで誰も知り得なかった驚愕の真実に動画配信後、世間は騒ぎ立てていきます。

ただ、貴志は自らの口で真実を語るだけで事件の真相を記されているUSBメモリの提出はせず…。

前に進むため決別の道を選ぶ事に…

貴志の告白は世間を騒がせ、再びネットやニュースで取り上げられる事へ。同時に彼を取り囲む環境も僅かながらに変化が…。

そんな中、結衣の意識が回復。

さらに結衣に恋心を抱く百合少女である板倉が貴志に牙を剥き出していきます。貴志の告白が信じられない板倉。彼女は貴志を交通事故で死亡させようと交差点で貴志の背中を押していきます。

結果、貴志は間一髪の所で轢かれずに済む事へ。一方の板倉は結衣に自分の気持ちを伝えるも受け入れて貰えず…。板倉は貴志の優しさ、結衣に対する愛情の深さを思い知らされて完全敗北を悟っていきます。

そして意識の回復した結衣と対面を果たす貴志。

ここで貴志は自分達が前に進むためと称して今後一切お互いに連絡を取らない決別の道を提案。貴志の気持ちを汲み取った結衣も承諾。

5年後…

最後は本筋の物語から5年後が語られていく事に…。

貴志は寿司屋で修行中。そして彼を支えていた同級生・河合と交際、同棲をしていました。また親友であるケンとの関係も修復。

結衣は自分の経験や罪を語る講義を各地で開いており、彼女なりに前に進む形へ。

各人が過去を忘れずとも少しずつ前に進んでいる…そんな人間描写が描かれて漫画「僕の名前は少年A」は幕を閉じていきます。

漫画「僕の名前は少年A」4巻の感想

僕の名前

少年犯罪をテーマにハードな人間心理や人間描写が描かれていく作品。事件当時の主人公である貴志の判断はかなり賛否両論分かれており子供が故の未熟な判断であったと思いますが、最終的に各人が前向きに進んでいく決意をしてくれたので後味は悪くなかったです。

難しいテーマを扱った漫画なので読む人を選ぶかもしれませんが、興味が持った人は試し読みも可能なので是非、チェックしてみてください☆彡


僕の名前は少年A(1)

僕の名前は「少年A」

原作・著者君塚力 / 日丘円
価格571円(税別)

13歳で人を殺したその日、僕の人生は一変した…。全てを偽り、嘘で塗り固めた毎日を送る。これまで存在していた自分という存在は消え、「少年A」という名前だけが一人歩きする。でも僕は必ず君を守り抜くと決めたから―――…。

今すぐ試し読みする